クスノキが教えてくれたこと

原家の歴史とともにこの地を見守り続けてきた樹齢250年のクスノキを、

敷地工事に伴い、昨年の秋に敷地内の安全な場所へ移植いたしました。

春になり、移植した他の木々が芽吹きを見せるなか、まるで枯木のように

芽が出ないままです。

栄養剤を注入してくださった樹木医の先生は「水は吸っていて枯れてはいない」

とおっしゃいますが、6月になっても一向に冬眠から覚めないクスノキに

周囲はハラハラ、、頑張れ、頑張れ、、クスノキ頑張れ!

 

それから半月して6月の下旬、ついに芽吹きました!!

クスノキ色鮮やか

 

 

 

 

 

 

 

クスノキ芽吹き

 

 

 

 

 

 

 

やさしい黄緑色の新芽があちこちに顔を出し始めたのです。

待ちに待ったこのビッグニュースに、関係者は大いに沸きました。

聞いたところによると、工事の統括所長をはじめ大勢の作業員の方々まで

「芽が出るように気持ちをこめて念を送ろう」との合言葉で

毎日クスノキに祈りをこめて下さっていたそうです。

 

周囲みんなの愛情を受け、クスノキの芽は大空に向け順調に葉を広げています。

クスノキと青空

 

 

 

 

 

 

新たな環境に負けず、初夏の太陽に輝いた感動の瞬間に、

私たちも大きな勇気をもらいました。

気が付けば、一つの想いを共有しながら工事にかかわる一人ひとりが

太い絆で結ばれていたのです。

クスノキ深緑