七夕の飾りつけをしています

七夕は古くから行われている日本のお祭りで
端午の節句と同じく五節句の一つです。

THE KAHALA小杉陣屋町ではご入居の皆さまに
敷地内の竹笹に短冊の飾りつけを楽しんでいただいています。

飾りにはいろいろな意味があり
短冊には願いがかなうという意味があります。
江戸時代頃に手習いごとや寺子屋で学ぶ子が増え
短冊に書いて上達を星に願うようになったようです。

IMG_5054

IMG_5067

 

おりひめの琴座のベガと
ひこぼしのわし座のアルタイルは
旧暦の7月7日に、
天の川を挟んで最も輝く星であることから
1年に1度めぐりあう日として
七夕のお話しが生まれました。

たまにはゆっくり星空を眺めて
七夕を過ごしてみませんか。