多摩川カヌー教室 8月4日(日)

神奈川県と東京都の県境を流れる多摩川
川崎市民にとっては河川敷でのスポーツ活動や花火大会鑑賞など
老若男女問わず親しまれているレジャースポットです。

そんな多摩川でカヌー体験ができることをご存知でしょうか。
今回はとどろき水辺の楽校が8月に開催予定の
多摩川カヌー教室についてご紹介します。

「とどろき水辺の楽校」は
水辺における子どもの遊び、学び、体験活動を企画運営するNPO法人で、
地域学校や行政、民間企業とも連携しながら毎年多様な活動を展開しています。

10月恒例の丸子の渡し体験やお正月を盛り上げる凧揚げ、
野鳥や昆虫の観察、清掃活動など、
多摩川により知り親しむイベントが数多く行われています。

中でも夏休み時期に開催されるカヌー教室はいつも大人気。
カヌーの技術習得はもちろん、
水上事故に備えた救急法に関する知識の習得を目的とした安全講習もあり、
多摩川の自然を身近に感じ、親しく関わっていくことを目的に開催されています。

(過去の様子)

ここでカヌーに関する豆知識・・・

「カヌー」に似た語で「カヤック」という語もあり区別がつきにくいかと思いますが、
そもそも「カヌー」は「カナディアンカヌー」と「カヤック」に大別されます。

これらは水をかくブレードがついたパドルによって種類分けされますが、
「カヌー」はパドルが片方に付く「シングルブレードパドル」のため、
パドルを左右に持ち替えて進行方向を調整することになります。
対して「カヤック」は両端に付く「ダブルブレードパドル」なので、
持ち替えをすることなく漕ぐことが可能です。

水上でバランスをとりながら漕ぐのは一見難しそうですが、
慣れてくれば方向転換や後進もできるようになるそうですよ。

近年日本人選手の活躍も目覚ましく注目のスポーツとなったカヌーですが、
地元の自然に触れながら珍しいスポーツも体験できる良い機会ですので、
夏休みの楽しい思い出作りに是非参加してみてください。

多摩川カヌー教室
*詳細は市政だより、HP等でもご確認ください。
主催:川崎市、特定非営利活動法人とどろき水辺
日時:2019年8月4日(日)
   午前の部 08:50~11:50
   午後の部 12:30~15:30
   *各部定員50名、申込多数の場合は抽選
   *荒天または増水の場合は中止。代替日はありません。
対象:市内在住・在勤・在学の小学5年生以上の方で水に顔をつけても平気な人
費用:1,000円/人(当日徴収)
申込:①往復ハガキ
    川崎市市民文化局市民スポーツ教室宛に郵送
   ②インターネット申込
    川崎市ホームページから応募フォームに必要事項を入力
   *応募締切 7月8日(月)
場所:多摩川丸子橋付近
   <アクセス>東急各線「新丸子駅」から徒歩15分