川崎市景観形成協力者の表彰式に出席いたしました

このたび平成28年度(第23回)川崎市景観形成協力者表彰に
弊社原社長が選ばれ、「GATE SQUARE小杉陣屋町」の
“中原街道沿いの歴史的な街なみに配慮した共同住宅の新築工事”に対して
3月17日(金)14:30より
川崎市役所市長応接室にて
福田市長より表彰状と記念品を拝受いたしました。

「川崎市景観形成協力者表彰」とは
都市景観の施策に積極的に協力し、
その功績が顕著であり他の模範となる事業者や団体等を
川崎市が表彰するものです。

★一同

 

 

 

 

★表彰

 

 

 

 

 

 

★IMG_6009 - コピー

 

 

 

 

 

 

★IMG_6018 - コピー

 

 

 

 

 

 

★IMG_5977 - コピー

 

 

 

 

 

 

通りが通学路になっていることもあり
陣屋門はもちろんの事
樹齢300年の保存樹、お社、お蔵の扉や基礎石など
地域の子供達にも歴史に触れてもらいたい。
再び例大祭の神酒所になる等
近隣に賑いが戻ったことが何より嬉しい。
<弊社代表 原 正人談>

 

★IMG_5983 - コピー

 

 

 

 

 

 

原社長の街づくりに対する熱意に打たれ、
チーム一丸となってこの大作に挑んだ。
<三井不動産株式会社 横浜支店 支店長
三井不動産レジデンシャル株式会社 執行役員 横浜支店長
徳川 浩一氏談>

 

★IMG_5999 - コピー

 

 

 

 

 

 

建物の外壁を陣屋門の瓦の質感に近づける様、
タイルには特殊な釉薬を塗り
瓦特有の照りと風格を表現した。
<株式会社竹中工務店 東京本店 設計部 篠崎 淳氏談>

 

表彰の後は、市長を囲んで歓談の時間が用意されました。

今回の様な個人での受賞は大変珍しいことで
福田市長は興味をお持ちになり、一度視察されたいと
おっしゃっていただきました。

【表彰理由】
本物件は、中原区小杉陣屋町1丁目に立地し、
川崎市重要歴史記念物に指定された旧原家住宅
(現在は川崎市立日本民家園に移築)の跡地に建築された物件です。
中原街道沿いには、屋敷門と川崎市保存樹木であるクスノキが残されており、
その後背地にある本物件は、旧宅の瓦、蔵の土壁、
黒い金物及び木材の素材感や色彩を継承した外装材が用いられており、
屋敷門等と一体感のある建築物となっており、
歴史的な街なみを継承している点が評価されました。
また、道路沿いの敷地では、
既存樹を含む並木を設けた「小路」状の歩行者空間を整備しており、
「丸子の渡」の絵柄が描かれた意匠性に富んだ足元照明を設置するなどして、
通行者に対しても歴史の面影が享受できるように配慮されている点も評価されました。
本物件は、中原街道都市景観形成地区には含まれないものの、
当該地区の街なみづくりの方針である
「歴史・文化を伝える『風情』がある街なみづくり」の
模範となる物件と言えます。

the_kahala_001

 

 

 

 

 

◇川崎市:景観協力者表彰

◇川崎市:平成28年度(第23回)川崎市都市景観形成協力者表彰を行いました(報道提供資料2017.3.17)

追って表彰状や記念品は
ギャラリーに展示予定です。
その際は改めてご案内させていただきますので
どうぞお楽しみにお待ちください。