お月見デー「民家園と科学館で十五夜を楽しもう!」(日本民家園) 9 月 13 日(金)

猛暑も落ち着き、時折涼しい風も感じられる季節となりました。
今回は日本民家園で開催される「お月見デー」をご紹介します。

お月見

2019年の十五夜は9月13日(金)です。
日本民家園では開園時間を延長して
夜の民家園と中秋の名月を満喫できるイベントを開催します。

また、かわさき宙と緑の科学館とのコラボ企画として
十五夜飾りの解説や月の観察会等を開催予定です。
科学館内でも「十五夜特別プラネタリム(夜間投影)」が行われ、
お月見の歴史や伝統を学び、秋の夜空を存分に楽しめそうですね

十五夜の展示
◇十五夜トーク
民家園と科学館の職員がそれぞれの観点から、
十五夜にまつわるお話をします。
時間:17:00~(約20分)
場所:旧佐々木家
協力:かわさき宙(そら)と緑の科学館

月の観察
◇民家園で月観察
クレーターの凹凸が見えるほど高性能な望遠鏡で
中秋の名月を観察することができます。
時間:18:00~19:30
場所:旧江向家、旧山田家前
*雨天・曇天中止

◇昔の灯り体験
囲炉裏の火を頼りに生活していた、昔の夜の明るさを体験いただけます。
時間:17:30~19:15
場所:未定

◇年中行事展示「十五夜」
中秋の名月を祝い、お団子、里芋、柿などを、
各家で飾られていた方法で再現します。
時間:開園中見学自由
場所:旧原家、旧井岡家、旧三澤家、旧佐々木家

◇伊那のほおずき提灯展示
三澤家のふるさと伊那市の鉾持神社の例祭の宵祭りを再現し、
初めて赤い提灯が展示されます。
祭り囃子を聴きながら、宵祭りの雰囲気を楽しめます。
時間:開園中見学自由
場所:旧三澤家

プリント
ちなみに国立天文台によると、
十五夜当日は南東の方角に月が見える予想となっています。
良いお天気になるといいですね。

是非当日は風情ある秋の夜空を楽しみください。

お月見デー「民家園と科学館で十五夜を楽しもう!」
日時:2019年9月13日(金) 17:00~20:00
   (最終入園19:45まで)
*雨天時縮小

日本民家園
(神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-1)
日本民家園地図
<アクセス>
鉄道
・小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口から徒歩13分
・JR南武線「登戸駅」生田緑地口から徒歩25分
バス
・小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口バスターミナルより
 川崎市バス【溝19】おし沼経由「溝口駅南口」行き乗車
 ⇒「生田緑地入口」下車、徒歩3分
・南武線「武蔵溝ノ口駅」、東急田園都市線「溝ノ口駅」南口バスロータリーより
 川崎市バス【溝19】「生田緑地入口」経由「向丘遊園駅南口」行き乗車
 ⇒「生田緑地入口」下車、徒歩3分