Happy Halloween !!

10月に入り、今年も残すところ約3か月。
朝夕は肌寒い日も増えてきましたがいかがお過ごしでしょうか。

街中ではハロウィンの飾りや商品を見かける季節になりましたが、
原マネージメントの管理物件でも
毎年この時季にハロウィンの雰囲気を楽しめる飾りつけをしています。

THE KAHALA 小杉陣屋町のラウンジ(暖炉前)では
ジャック・オ・ランタンやゴーストをあしらったオブジェと
「HALLOWEEN」のガーランドがハロウィンらしさを感じさせてくれます。

ギャラリーには季節のお花と一緒に大きなかぼちゃを、
ふろん太くんの傍にはジャック・オ・ランタンを添えてみました。
オレンジ色が加わると季節らしさと華やかさが増しますね。

KAHALA2はエントランス受付ではかわいらしいジャック・オ・ランタンが、
掲示板ではリースが、行き返りの皆様をお迎えしてくれます。

WEST1のエントランスの掲示板には
双子のかぼちゃがかわいいリースを飾りました。

ハロウィン飾りは10月限定です。
是非秋の装いをお楽しみください♪

コスギカレーフェス2021が開催されます 10月11日(月)~31日(日)

画像1

「子どもたちの笑顔と思い出のために武蔵小杉を彼らのふるさとにする」
という熱い思いからスタートしたコスギフェスタは
地元武蔵小杉を盛り上げる大切な恒例行事として親しまれています。

今年はハロウィンなどのメインイベントは残念ながら中止となりましたが、
感染対策を徹底した上で「カレーフェスタ」のスタンプラリーが開催されることになりました。

スタンプラリー台紙/商品

スタンプラリー台紙/賞品

スタンプラリーに参加しているのは武蔵小杉、新丸子周辺の飲食店20店舗。
賞品はスタンプ1個でもらえるものから20個コンプリートまで用意されています。

本イベントの発起人である「KOSUGI CURRY」を始め
先日のニュースリリースでもレポートした「Kerala Kitchen/ケララキッチン」(詳細はコチラ
Kosugi 3rd Avenueの「Cobara-Hetta/コバラヘッタ」などなど…

カレー屋さんだけでなく、パン屋さん、洋食店等
様々な店舗がカレーを使ったオリジナルのメニューを用意しています。

店舗によってはハーフ、ミニメニューを用意しており、
テイクアウトやデリバリーでスタンプがもらえる店舗もあるそうです。

参加店舗(抜粋)

参加店舗(抜粋)

アフターコロナを見据えて地域を再び活性化させたいという願いの下、
イベント期間を3週間と長めに設け、各店舗でも感染対策を徹底、
テイクアウトやデリバリーメニューを増やすなど、様々な努力と工夫が凝らされています。

新しいお店を開拓したり、お馴染みのメニューを味わいながら
地元を応援できる楽しいイベントとなっておりますので
皆様もぜひご参加ください!

コスギカレーフェス2021
*詳細はHP、公式ガイドブックでもご確認ください。
日程:10月11日(月)~31(日)
主催:コスギフェスタ実行委員会

参加店舗マップ

参加店舗マップ

Kosugi 3rd Avenueに新しいランタン、マンホールがお目見え

弊社代表 原が事業推進担当理事として陣頭指揮を執り
昨年グランドオープンを迎えた武蔵小杉駅前の再開発事業
”Kosugi 3rd Avenue”(以下“K3A”)

秋が深まりつつある10月を迎え
楽しいスポットがお目見えしました♪

スライド1

パラソルに掛けられたランタン

今年6月にパラソルとベンチセットが設置されたサウスパーク

この度、パラソル1本1本に可愛らしいランタンが掛けられ
日没後のサウスパークに優しい灯りが加わりました。

昼間の開放的な雰囲気も素敵なサウスパークですが
落ち着いた夜の雰囲気にピッタリなアイテムで更に魅力が高まりそうですね。

こちらは新しくデザインされたマンホール。
サウスパーク前は常緑樹の緑、センタースクエア前はモミジのイラストがあしらわれています。

K3Aのロゴマークの3色を模した横ラインの上段には小さくワンちゃんが添えられており
ペットフレンドリーの精神が垣間見えます。

お越し際は是非足元のアートにもご注目ください!

日没後、ライトアップされたK3A

日没後、ライトアップされたK3A

これからもK3Aの様々な情報を発信してまいりますので
どうぞお楽しみに!

古民家カフェ秋シーズンが営業中です(日本民家園)

日本民家園では原家旧母屋の座敷を活かした古民家カフェが
秋シーズンの営業を迎えています。

古民家カフェ チラシ

古民家カフェ チラシ

原家旧母屋(2020年11月撮影)

原家旧母屋(2020年11月撮影)

原家旧母屋は原家8代目当主 文次郎の時に建設が始まり、
22年の歳月をかけて完成した総ケヤキ造り2階建ての木造民家です。

平成3年に川崎市立日本民家園(川崎市多摩区)に移築・復原され、
高度な建築技術を身近に学べるだけでなく
園内の様々なイベント、ワークショップの場としても幅広く活用されています。

座敷の様子(民家園HPより)

座敷の様子(民家園HPより)

この旧母屋の座敷を使った古民家カフェは例年春と秋の2シーズン営業され、
こだわりのコーヒーや手作りのお菓子を頂けるとあって人気があります。

はらっぱスペシャル(¥1,680)

はらっぱスペシャル(¥1,680)

今シーズンはアフタヌーンティーを思わせる
素敵なセットメニューも!

今回出店されている「多摩区ソーシャルデザインセンター」さん(以下”多摩区SDC”)は
多摩区における中間支援事業の推進などを目的に2020年9月に創設された新しい組織です。

今年の出店についてお話を伺ったところ、
民家園から多摩区役所へ新たな出店者について相談が入り、
多摩区SDCさんへ声がかかったのが出店のきっかけだったそうです。

またメニューの多くを地元のお店から仕入れ地産地消をしたり
地元の大学生や飲食店経験者がスタッフとして活躍する等、
地域の活性化に繋がる活動として取り組んでいらっしゃるそうです。

憩い、集いの場として活用されている母屋が
このように熱心な活動に支えられているというは大変嬉しいことです。

伝統ある家屋の中で周りの自然を眺めながら
ゆったりとした時間をお楽しみいただけると思いますので、ぜひ足をお運びください♪

古民家カフェ「はらっぱ」
*詳細はHP等でもご確認ください。
・期間:9月18日(土)~11月28日(日) 期間中の土日祝日に営業
・時間:11:00~16:00(ラストオーダー15:30)
・出店:多摩区ソーシャルデザインセンター

日本民家園
(神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-1)
日本民家園地図
<アクセス>
鉄道
・小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口から徒歩13分
・JR南武線「登戸駅」生田緑地口から徒歩25分
バス
・小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口バスターミナルより
 川崎市バス【溝19】おし沼経由「溝口駅南口」行き乗車
 ⇒「生田緑地入口」下車、徒歩3分
・南武線「武蔵溝ノ口駅」、東急田園都市線「溝ノ口駅」南口バスロータリーより
 川崎市バス【溝19】「生田緑地入口」経由「向丘遊園駅南口」行き乗車
 ⇒「生田緑地入口」下車、徒歩3分

THE KAHALA 小杉陣屋町で照明調整、植栽整備を行いました

先日、THE KAHALA 小杉陣屋町において
館内の照明調整を実施いたしました。

日没後、照明の確認をする社長原と協力会社の方々

日没後、照明の確認をする社長原と協力会社の方々

今回、竣工時に設定していたエントランスとラウンジの照明の明るさを
特に日没後の時間帯で適切なものとなるよう、社長原が自ら立会い、
協力会社様のお立会いとアドバイスの下、微調整を行いました。

時間帯と場所にこだわった明るさにアップデートいたしましたので
皆さまにとってより心地よい空間となれば幸いです。

中庭のライトアップ

中庭のライトアップ

この日は中庭(KAHALAガーデン)の照明各所も調整を施しました。

中庭の照明は日々の清掃や植栽整備作業等によって照明の向きが変わったり
屋外にあるため天候によって汚れが付着すること、
また、植栽の生長によって光が遮られやすい場所もあります。

こちらも協力会社様のアドバイスの下、
それぞれの照明の位置と当たり方、ラウンジ側からの見え方を考慮し、
照明の角度を調整、また照明を遮っていた植栽の剪定も併せて行いました。

水景の上には際に沿って散りばめられたイルミネーションが鮮やかに輝きます。
昼間の太陽に照らされた水景も大変美しいですが、
夜のイルミネーションもまた幻想的ですので是非お楽しみください♪

また、中庭では別日に植栽の整備作業を実施いたしました。

シラカシの植替え作業

シラカシの植替え作業

中庭の東側奥で連なるシラカシの1本に、生育不良による枯れが見られていたため、
定期的なメンテナンスとは別途、植替えを行いました。

植栽業者様と密に連携し、樹木の1本1本にも目を配ることで
豊かで美しい中庭の景観を創り出すよう努めております。

1F廊下の竹

1F廊下の竹

中庭に面する1階廊下の竹についても、改善事項の1つとして対応を進めております。

竣工時に植えた竹の一部が残念ながら生育不良で枯れてしまったことから、
日差しの入り方をはじめ生育環境の見直しを実施。
竹中工務店のご担当者と議論を重ねながら
竹に替わる植栽やオブジェを幅広く検討しておりました。

現在、アートを感じられる新しい設えへの準備を進めておりますので、
是非お楽しみにお待ちくださいませ!

 

 

今回は「照明」と「植栽」についてお伝えさせていただきましたが、
原マネージメントではこの他にも、専門家や協力会社の方々とも連携しながら
管理の様々な面で日々試行錯誤を繰り返し、改善を重ねています。

今後も建物や暮らしの価値が時と共に増していく「経年優化」の理念を大切に、
より良い住環境の創出に励んでまいります。

第3回新丸子路地裏のお店つまみぐいまつりmini 9月18日(土)~26日(日)

「第3回新丸子路地裏のお店つまみぐいまつりmini」が
9月18日(土)から26日(日)まで開催されます。

つまみぐいポスター

新丸子駅周辺には長く愛され、個性あふれるお店が数多く並んでいます。

それらのお店が、地域に昔から住んでいる方だけでなく、
新しい住民の皆さんにもお店の存在や商品を知ってもらいたい!という思いから始まり、
川崎市協力の下、2020年3月にスタートして大変好評を博しました。

第3回となる今回は、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から
前回より一部規模を縮小した部分もあるものの、
恒例のスタンプラリーやオリジナルグッズのプレゼント、
このイベント限定の各店舗スぺシャルメニュー等、
イベントならではの様々な楽しさが詰まっています。

スタンプラリー景品

スタンプラリー景品

スタンプラリーはバラエティ豊かな17店舗で実施され、台紙は各店舗でもらえます。

(スタンプラリー景品)
・スタンプ5個:つまみさんA4クリアファイル
・スタンプ10個:つまみさんステンレスボトル
・スタンプ15個:中原区地図パズル(20個限定)

今回は時節柄、各店舗で対策を講じるとともに
来店者への感染対策への啓発・案内もされていますので
ご参加前に是非ご確認ください。

スタンプラリー参加者向けのチェックリストを記入してお店の方に渡すと
イベントキャラクター「つまみさん」がプリントされた
オリジナルのハンドジェルが1つもらえますよ。
(最初のスタンプラリー店舗にて配布)

また、今回は目玉の1つとして
「新丸子路地裏のお店深掘りガイドブック」が配布されます。

新丸子路地裏のお店深掘りガイドブック

新丸子路地裏のお店深掘りガイドブック

新丸子の33店舗紹介だけでなく、街の歴史なども取り上げており、
当社のギャラリー展示も掲載されています!

ギャラリー展示掲載ページ

ギャラリー展示掲載ページ

各店舗等で限定3,000部無料配布とのことですので、
ご興味のある方はお早めに!

様々な工夫を凝らして地域を活性化するこのイベントは
馴染みのお店の良い部分を再発見したり
新しいお店の開拓もでき、地元を応援することにも繋がります。

武蔵小杉や新丸子エリアの色々なお店を巡って
是非新しい出会いと楽しい時間をお過ごしください!

第3回新丸子路地裏のお店つまみぐいまつり
日程:2021年9月18日(土)~26日(日)
主催:新丸子路地裏連合
後援:神奈川県・川崎市
*イベント詳細、各店舗の営業時間・商品等は公式HP等でもご確認ください。
MAP

かわさきSDGsパートナーズに登録されました

最近「SDGs」という言葉をよく目にしますね。

ご存知とは思いますが、「SDGs」(Sustainable Development Goals/持続可能な開発目標)は
2015 年に国連で採択された国際社会全体で取り組むべき世界共通の目標のことを指し、
17 のゴールと 169 のターゲットの達成を掲げています。

SDGsが掲げる17のゴール

SDGsが掲げる17のゴール

川崎市では2019年2月に「川崎市持続可能な開発目標(SDGs)推進方針」を策定、
また、2021年より独自の登録・認証制度「かわさき SDGs パートナー」を開始しました。

かわさきSDGsパートナー
弊社は6月に実施された第2回目募集に申請をさせていただき、
この度「かわさき SDGs パートナー」として登録されました!

20210816091702_00001
今回は弊社が力を入れている様々な取組みの中から
「地域や入居者間のコミュニティ形成」と「環境にも配慮した住空間創り」について
ご紹介させていただきます。

 

<地域や入居者間のコミュニティ形成>

 

弊社事務所が入る原家の旧母屋跡地に建てられた賃貸・分譲融合型のマンションは
敷地内に「陣屋門プラザ」が設けられています。

ここは私有地でありながらご入居者様は勿論、地域の方々にも開放されており、
陣屋門や原家と地域を見守ってきた稲荷社など
街の歴史と精神を身近に感じられる多くの歴史的遺産が残されています。

また、毎年秋に開催される小杉神社例大祭では神酒所として参加者をもてなしたり、
ギャラリースペースでは地域に向けて街の歴史やイベント情報を発信する等、
私有地を活用することで地域に集いや憩いの場を創出しています。

現在は新型コロナウイルス感染拡大防止のため各種イベントは一時休止しておりますが、
ご入居者様どうしのクリスマス交流会や、地域の皆さまも参加できる文化講演会等
多くの方と交流を深められるイベントの企画・開催を通して
街の良質なコミュニティ形成に努めています。

 

<環境にも配慮した住空間創り>

所有・管理物件の一部には屋上に太陽光パネルを導入し
共用電力の一部として活用、省エネ・省資源へ貢献しています。

また、電気自動車需要の高まりを予測し、竣工当時より
入居者用駐車場へEV車用充電設備も設置しています。

加えて、物件内の照明の多くにLEDを取り入れるとともに、
専有部・共用部を含めた禁煙化も進めており
環境にも配慮した快適な住空間創りに励んでいます。

 

この他にも「働き方・制度の整備」や「地域社会との連携・共生」等
SDGsに関連した多くの課題に取り組んでいます。

「かわさき SDGs パートナー」に登録されたことを1つの契機に
街の魅力・価値を高め、地域社会の発展に寄与する街づくりに今後も一層励んでまいります。

GATE SQUARE 小杉陣屋町で中庭開放を実施しました

GATE SQUARE 小杉陣屋町(以下「GS」)は
弊社が管理する賃貸棟(THE KAHALA 小杉陣屋町)と
分譲棟(THE RESIDENCE 小杉陣屋町)が一体となった集合住宅です。

2015年の竣工当初より、GS全体の良質なコミュニティの形成を目的に
両棟の管理会社や住人同士が交流、意見交換できる機会を細やかに設けており
クリスマス交流会や合同消防訓練等、これまで数多くのイベントも開催してきました。

そんな中、昨今は外出が難しい時節柄ということもあり、
皆様に少しでも憩いと癒しを感じていただきたいとのオーナーの意向から
昨年より中庭の開放イベントを隔季で開催しております。

GATE SQUARE 小杉陣屋町 敷地配置図

GATE SQUARE 小杉陣屋町 敷地配置図

中庭(KAHALAガーデン)は賃貸棟と分譲棟の間に設けられた約900㎡のエリアで
「水」と「緑」をテーマに四季折々の植栽や、潤いを与えてくれる水景とガラスアート
原家の旧母屋があった時代の景石等が並び、溢れる自然や歴史を感じられるスポットになっています。

クリスマス交流会での中庭開放(2019年)

クリスマス交流会での中庭開放(2019年)

これまではGS全体のイベントに合わせて開放をすることがほとんどでしたが、
昨夏に初めて試験的な開放イベントを実施、今回まで計4回の実施をしてきました。

中庭開放イベントでは賃貸棟と分譲棟の境界扉を開放し
開催日・時間の中で自由に行き来ができるようにしております。

実施後はアンケートや分譲棟の理事会で挙がったご意見も参考に
お子様が参加しやすいよう時間帯を拡大、親子で参加しやすいよう週末も開催、
そして今年からは飲食可(アルコールは不可)としピクニックができるようにする等、
楽しく参加できる取組みを常に考え、実施を続けております。

他にも、中庭の景色が楽しめるように水景デッキにチェアを新設したり
今夏開催した7/30(金)~8/1(日)は猛暑が予想されていたため
両棟の管理会社にて冷たいジュースもご準備させていただきました♪

このような工夫と改善もあり、回を重ねるごとにご参加者は増え、
今回は計57名の方にご参加いただきました。

中には複数回、日をまたいでリピート訪問してくださる方もいらっしゃり、
中庭開放に対するニーズや人気が依然として高いことを感じ、大変嬉しく思います。

コロナ禍にあって先の見通しがつき辛い状況が続いていますが
少しでも皆様にとってご家族同士の交流や、癒し、憩いの時間となり
日々の潤い、楽しみとなっていただければ幸いです。

次回は秋頃、紅葉が美しく映える季節の開催を予定しております。
今後もより一層皆様にお楽しみいただける工夫を考えてまいりますので
是非お楽しみに!

夏期休業のお知らせ

弊社の夏期休業につきましてご案内いたします。

2021年8月7日(土)より8月15日(日)まで
休業とさせていただきます。

休業中はご迷惑をお掛けすることもあるかと存じますが
何卒ご理解の程、お願い申し上げます。

企画展:ことわざになった道具考(日本民家園) 2021年7月1日~11月30日

原家の旧母屋が移築・復原展示されている川崎市立日本民家園では
企画展「二足のわらじはなぜわらじ?-ことわざになった道具考-」が
開催されています。

ことわざ道具展ポスターA3

数多くのことわざの中には、様々な道具や建築に関係する言葉が使われています。
今回の企画展では、ことわざを通して昔の道具や暮らしをわかりやすく紹介しています。

例えば今回の企画展の名前にもある「二足のわらじ」
これは「二足の草鞋(わらじ)を履く」ということわざを省略したもので、
一人の人間が二足の草鞋を同時に履くことはできないことから、
同じ人が普通は両立しないような仕事を一人ですることを言います。

このことわざは、賭博禁止令が出ていた江戸時代に
取り締まりの対象であるはずの博徒(ばくと:賭博で生計を立てる人)が
取り締まる側の捕吏(ほり:罪人を取り締まる役人)の十手を預かり
別の博徒を取り締まる役割を兼ねていたことから生まれました。

「二つの仕事を両立させて活躍している」という
プラスのイメージで使われることも多い一方で
「両立が難しいことに手を出して結局どっちつかずになる」という
マイナスのイメージを持つこともある、大変面白いことわざの1つです。

今回の企画展に合わせて発刊された「日本民家園だよりVol.94」では
「建築とことわざ」と題し、建築関係の言葉が用いられたことわざを
その由来と共に数多く紹介しています。

その中いくつかをご紹介します!

「家」は狭かれ心は広かれ
  ・・・質素を良しとする暮らし向きのこと。
「敷居」が高い
  ・・・不義理や面目のないなどの理由で相手の家へ行きにくい、という心理状態。
「風呂」の容赦は水になる
  ・・・薪で焚く風呂は入浴を遠慮し合って時間が経つと湯が冷めてしまうことから、
     遠慮も時には度を越してはならないという教訓。
「鑿(のみ)」と言わば「鎚(つち)」
  ・・・鑿を渡すよう指示した親方に弟子が鎚も併せて用意することから、
     万事にすべて気が利くこと。
     ※木材の接合部を加工する際、鑿と鎚はセットで使われます。

このように見てみると、昔の生活の知恵や風俗、習慣等
様々な要素がことわざとなって現代の私たちにも受け継がれているのが分かりますね。

ちなみに、GATE SQUARE 小杉陣屋町(以下”GS”)には
明治期の建築技法と職人の技を今に伝える原家旧母屋時代の史産で
これらことわざにも出てくる数多くの建材が随所に継承されています。

IMG_2285
こちらは原家で実際に使われていた蔵の扉です。
蔵そのものは母屋が民家園に移築された際に取り壊されましたが
扉の1つはTHE KAHALA 小杉陣屋町の一部として生まれ変わり
当時の面影を今に伝えています。

蔵の基礎石には江戸城、小田原城等の建築物にも用いられた
「小松石」という石材が使われていましたが、
この小松石もGSの各所に継承されています。

GSの顔とも言うべき陣屋門の前の館銘板を始めギャラリーコーナーの下部、
分譲棟(THE RESIDENCE 小杉陣屋町)共用廊下の景石にも蔵の基礎石を活用しており、
ノミで彫った跡などから当時の職人たちの加工技術の高さが伺えます。

IMG_2289
分譲棟(THE RESIDENCE 小杉陣屋町)側の北側角地には
2020年の植栽整備の際に原家より寄贈した旧母屋の瓦や
街道沿いに立てていた石碑をシラカシの木の周辺に配しています。
(*当日の植栽整備工事の詳細はコチラ

今回紹介されていることわざと関連付けながら
GSの随所に継承、活用されている旧母屋時代の史産を
より身近に感じていただければ幸いです。

IMG_2224

民家園だよりは弊社事務所エントランスのチラシスタンドにも設置しておりますので
ご興味のある方は是非お手に取ってご覧になってみてください♪

企画展示「二足のわらじはなぜわらじ?-ことわざになった道具考-」
期 間:2021年7月1日(木)~11月30日(火)
時 間:9:30~17:00 ※11月は9:30~16:30
解 説:民家園職員による企画展示解説
    <一般向け>7/17(土)、8/28(土)、9/11(土)、10/9(土)、11/14(日)
          各日14:00~(約20分)
    <子供向け>7/31(土)、8/14(土)、8/21(土)、9/25(土)
          10/11(月)、10/23(土)、11/28(日)
          各日14:00~(約20分)
場 所:本館企画展示室

日本民家園
(神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-1)
日本民家園地図
<アクセス>
鉄道
・小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口から徒歩13分
・JR南武線「登戸駅」生田緑地口から徒歩25分
バス
・小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口バスターミナルより
 川崎市バス【溝19】おし沼経由「溝口駅南口」行き乗車
 ⇒「生田緑地入口」下車、徒歩3分
・南武線「武蔵溝ノ口駅」、東急田園都市線「溝ノ口駅」南口バスロータリーより
 川崎市バス【溝19】「生田緑地入口」経由「向丘遊園駅南口」行き乗車
 ⇒「生田緑地入口」下車、徒歩3分

Kosugi 3rd Avenueにやなか珈琲がオープンしました

弊社代表 原が事業推進担当理事として携わり
昨年グランドオープンを迎えた武蔵小杉駅前の再開発事業
”Kosugi 3rd Avenue”(以下“K3A”)

新たな街のランドマークとして賑わいを見せていますが
この度1Fにこだわりのコーヒー豆を扱う専門店
「やなか珈琲」が新しくオープンしましたのでご紹介します!

IMG_2396
「やなか珈琲」はその名の通り、東京の谷中からスタートしたコーヒー豆の専門店で
1999年に1号店を開店、現在は都内を中心に30店舗以上を展開しています。

IMG_2410
店内には常時約20~30種類のコーヒー豆が並びます。

いずれも鮮度を大切にした焙煎したてのコーヒー豆で
原産地や品種にもこだわった選りすぐりの豆を買い付けているとのこと。

味の好みや用途に合わせてお店の方が相談にものってくれ
オーダーを受けてからの焙煎も行っているそうです。

IMG_2411
コーヒー豆以外にも、ドリップタイプのバラエティパックや
やなか珈琲オリジナルのボトル等のグッズも販売されています。

(店内撮影にあたりお店の方には許可を頂いています)

武蔵小杉店ではカフェメニューも扱われており、
定員さんが丁寧に淹れてくれたコーヒーを頂けます。

店内に飲食スペースはありませんが、
店舗入り口前にやなか珈琲のお客様専用のベンチが設置されているので
その場で楽しめますよ。

IMG_2414
お店に訪れた時はちょうど日差しが強くなってきた頃だったので
ブレンドアイスコーヒーを注文しました。
暑さに当たっていた身体に冷たく爽やかなコーヒーが身に沁みます。

やなか珈琲は店頭販売だけでなく通販もしています。
新たな街の憩い、癒しの場として長く皆様に愛されるといいですね。

IMG_2407
少し歩いてオブジェが設置されているサウスパーク側へやってきました。
午後から顔を覗かせた晴天が映えます。

地元の集い・賑わいの場として定着したサウスパークには
6月にパラソルとベンチセットが新たに設置され
食事や休憩、歓談で利用する方々が更に楽しめる快適な空間となっています。

K3Aのロゴに用いられているエバーグリーンを彷彿とさせるカラーは
2Fテラスから見るとまるで樹木が連なっているようにも見えます。

昨今のコロナ禍にあってはこのようなオープンスペースが1つの潮流となっていますが
開放的な面だけでなく、景観への配慮やデザイン性の高さにも
是非ご注目いただければと思います。

ますます魅力が増していくK3Aについて
今後も様々な情報を発信してまいりますので
どうぞお楽しみに!

Kerala Kitchen(ケララキッチン)で頂く本格南インドカレー

梅雨明けの待たれる今日この頃。
爽やかな青空が恋しい季節ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回は弊社の管理物件KAHALA2から歩いて1分程
中原街道沿いに2020年11月にオープンしたばかりの
南インド料理店「Kerala Kitchen(ケララキッチン)」をご紹介します。

IMG_2238
Kerala(ケララ)とは、インドの最南端にあるケララ州のこと。
目の前にはアラビア海、背後には西ガーツ山脈が南北に続く、自然豊かな州です。
ヨーロッパでは「一度は訪れたい世界の名所50選」にも選ばれるなど、
多くのツーリストが訪れる“インドの楽園”と称される地域です。

ケララ地方には多種多様なベジタリアン料理と非ベジタリアン料理があるとのこと。
主食は日本と同じくお米ですが、主に食べられているのは
「バスマティライス」という細長くさらさらした香り米です。

こちらのお店ではそのような本格的なケララ料理を数多く提供しており
今回ランチにお邪魔させていただきました♪

「ポロッタ」はアタというインドの全粒粉を使ったパンの1種。
薄く伸ばした生地に油を塗り、その生地を重ね合わせ、丸めて再び平たく伸ばして焼きます。

こちらはポロッタでドライカレーを挟み、バナナの葉で蒸したスペシャルメニュー。
カレースープはチキンかビーフを選べ、正に本格的なケララ料理という感じです。

よく蒸されたポロッタはもちもち食感でココナツの甘味も感じられ、
ドライカレーのお肉から溢れた肉汁と合わさることでよりおいしさが際立ちました。

タラシェリ ダム ビリヤニ

タラシェリ ダム ビリヤニ

「ビリヤニ」はインド風炊き込みご飯のこと。
こちらのメニューはスパイシーなチキンがご飯の下に入っており
ライタというヨーグルトサラダを添えていただきます。

ご飯自体は辛さ控えめですが、ガーリックピクルスで辛さ調節ができ、
こちらもご飯がどんどん進みました。

平日ランチカレーセット

平日ランチカレーセット

平日限定のランチセットはカレー2種類とお米(バスマティライス)とチャパティのセット。
野菜カレーがデフォルトで、チキン又はフィッシュからもう1種選べます。

今回はチキンと野菜の組み合わせにしました。
野菜カレーはやさしい味わいでキマメ(豆の1種)がたっぷり入っており、
チキンカレーはほんのりスパイシーでこちらもあっという間に完食してしまいました。

どのメニューもボリューム満点で大満足♪
基本的には日本人向けに辛さが抑えられていますが、
より辛さが欲しい方は個別にオーダーできるそうなので
注文の時に聞いてみてくださいね。


テイクアウトメニューも充実しています♪

IMG_2241
各種デリバリーサービスも利用できるので
お家で楽しみたい方にもピッタリです。

IMG_2239
勿論感染対策もバッチリです☆

IMG_2263
最後は笑顔が素敵な店員さん♪
(撮影時のみマスクを外しています)

お二方とも来日3-4年とのことですが日本語はペラペラ!
東京の日本語学校に通われていた時期があったそうなのですが
それでも数年でここまで流暢で敬語も完璧に話せるなんて…
その努力に頭が下がる思いです。

本格的なケララ料理を楽しみたい方、
ボリューミーで活力溢れるカレーを食べたい方、
是非中原街道沿いの素敵なお店に足をお運びください♪

今後も新丸子・武蔵小杉の素敵な名店を
色々ご紹介できれば思っておりますので
どうぞお楽しみに!

Kerala Kitchen(ケララキッチン)
住  所:川崎市中原区丸子通 2-682 石森ビル
営業時間:(ランチ)11:00~15:00
     (ディナー)17:00~20:00
電  話:044-387-1801
席  数:12席

ボッチャ大会が開催されます(国際交流センター) 8月21日(土)

皆さんは「ボッチャ」というスポーツをご存知ですか?

「ボッチャ(Boccia)」は重度脳性麻痺者や四肢重度機能障害者のために考案されたスポーツで
その発祥はヨーロッパ、パラリンピックの正式種目にもなっています。

この度、川崎市の国際交流センターで
ボッチャを通した多文化交流の促進を目的に
ボッチャ大会が開催されることとなりました。

psm_boccia_03

「ボッチャ(Boccia)」はイタリア語で「木のボール」「ボウリングのボール」という意味です。
その名の通りボールを使った競技で、使う球は白・赤・青の3種。

6m×12.5mのコートに白の「ジャックボール」を置き、
このボールに向けていかに自分たちのチームボール(赤か青、各6球)を
近づけることができるかというターゲットゲームの一種です。

至ってシンプルに見えますが、ボールを狙った位置に飛ばすための技術的な面は勿論
先に投げた相手チームのボールを弾いて遠くへ飛ばす等、戦術面でも大変奥深く
スポーツでありながら激しい頭脳戦が繰り広げられる競技でもあります。

2016年のリオパラリンピックでは日本代表が初めて銀メダルを獲得し
徐々に競技人口も増えています。

初心者でも気軽に参加でき、ルールや投げ方も丁寧に教えてもらえます。
なかなか触れることのできないパラスポーツを体験できる機会ですので
ご興味のある方はぜひ参加してみてください。

ボッチャの東京2020ピクトグラム

ボッチャの東京2020ピクトグラム

みんなで創る多文化の集い ボッチャ大会
・日 程:2021年8月21日(土)10:00~12:30
・参加費:無料
・対象者:小学生以上(一人、ペア、3人チームでの参加可)
・定 員:先着20名
・申 込:電話、ファックス、Eメール、来館にて受付け
TEL:044-435-7000
FAX:044-435-7010
E-mail:soudan39@kian.or.jp
・場 所:川崎市国際交流センターホール
     (川崎市中原区木月祗園町2番2号)
      <アクセス>
     ・東急東横線・東急目黒線「元住吉駅」下車徒歩 10 分〜12 分
     ・東急東横線・東急目黒線・JR南武線「武蔵小杉駅」下車徒歩 25分〜30分
川崎市国際交流センター地図

中庭のアガパンサス、ハツユキカズラが見頃を迎えています

今月上旬には関東甲信越も梅雨入りし
雨の日も多くなってきましたね。

GATE SQUARE 小杉陣屋町のKAHALAガーデンでは
梅雨時を彩るお花が見頃を迎えています。

IMG_2110
KAHALAガーデンは「水」と「緑」をテーマに
四季折々の植栽や潤い溢れるガラスアートが楽しめる
GATE SQUARE 小杉陣屋町の中でも随一の癒しスポットです。

IMG_2044
ガラスの水景の上側に沿うように植えられているのは
「アガパンサス」という蘭の一種で、
別名「紫君子蘭(ムラサキクンシラン)」とも言います。

大型のものでは1m以上の高さまで伸び、
立ち姿の優雅さや厚みのある葉の力強さが特徴です。

公園や花壇の植え込みだけでなく、
フラワーアレンジメントとしても広く活用されているんですよ。

主に紫、また白といった涼やかな色合いの花を多数咲かせ、
開花と見頃は6~7月と、正にシーズンを迎えています。

中心から華やかに咲き誇る花弁は、
まるで夏の夜空を彩る花火を彷彿とさせますね。

アガパンサスのすぐ近く、ストーンヘンジ周辺には
「ハツユキカズラ」が色をつけていました。

これは「テイカカズラ(定家葛)」というつる性の植物を園芸品種化したもので
寄せ植えやグランドカバーなどにも多用されます。

新葉にピンクと白の斑が入るのが特徴で、
新芽の時にピンク色が最も濃く、次第に薄くなり、更に進むと緑一色へと
生育段階によって様々な色の移り変わりを見ることができます。

今はちょうど新芽の成長が勢いづく6月なので濃いピンク色が楽しめますよ。

今後も夏、そして秋に向けても、様々な植栽が楽しめますので
美しい草木や四季の移ろいを目で見、肌で感じていただければと思います。

多摩川カヌー教室 8月1日(日)

多摩川カヌー教室が2年ぶりに開催されます!

皆さまもご存知の通り、神奈川県と東京都の県境を流れる多摩川は
老若男女問わず親しまれているレジャー、憩いのスポットです。

「夏」と言えばバーベキューや花火大会等が思い浮かびますが、
NPO法人「とどろき水辺」が開催するカヌー教室も毎回大人気!

カヌーの技術習得はもちろん、
水上事故に備えた救急法に関する知識の習得を目的とした安全講習もあり、
多摩川の自然を身近に感じ、親しく関わっていくことを目的に開催されています。


乗船前は乗り方、漕ぎ方の基礎テクニックをじっくり教わり、
水上に移ってからは講師のサポートを受けながら水辺を行き来します。

昨夏は新型コロナウイルスの影響で中止となってしまいましたが、
今年は人数を絞り、感染対策を徹底した上での実施が決定しました。

用具やライフジャケット等は全て用意されていますので
誰でも気軽に参加することができますし、
夏休みの思い出作りにもピッタリだと思います。

地元の自然に触れながら楽しいスポーツ体験もできる良い機会ですので、
是非参加してみてください。

多摩川カヌー教室
*詳細は市政だより、HP等でもご確認ください。
主催:川崎市、特定非営利活動法人とどろき水辺
日時:2021年8月1日(日)
   午前の部 10:00~12:00
   午後の部 13:00~15:00
   *各部定員25名、申込多数の場合は抽選
   *荒天または増水の場合は中止。代替日はありません。
対象:市内在住・在勤・在学の小学5年生以上の方で水に顔をつけても平気な人
費用:1,000円/人(当日徴収)
申込:①往復ハガキ
    川崎市市民文化局市民スポーツ教室宛に郵送
   ②インターネット申込
    川崎市ホームページから応募フォームに必要事項を入力
   *応募締切 7月2日(金)
場所:多摩川丸子橋付近
<アクセス>東急各線「新丸子駅」から徒歩15分
地図

古民家カフェが営業中です♪(日本民家園)

初夏に入り、汗ばむような陽気の日も増えてきました。

川崎市立日本民家園では
移築・復原されている原家の旧母屋の座敷を使った古民家カフェが
期間限定で営業中です。

原家旧母屋(2020年11月撮影)

原家旧母屋(2020年11月撮影)

原家の旧母屋は、原家8代目当主 文次郎の時に建設が開始され、
明治24年の着工から22年もの歳月をかけて完成した
総ケヤキ造り2階建ての木造民家です。

平成3年に川崎市立日本民家園(川崎市多摩区)に移築・復原され、
その高度な木造建築技術が評価されて平成13年には川崎市重要歴史記念物に指定されました。

この旧母屋の座敷を使ったカフェ「陣屋荘」が
現在期間限定で営業をしております。

座敷の様子(民家園HPより)

座敷の様子(民家園HPより)

お座敷ではコーヒー、甘酒、各種ケーキ、和菓子、焼き菓子など
種類豊富なこだわりのメニューを楽しめます。

園内をじっくり観て回った後に
ゆったりと過ごすコーヒータイムは格別です。

夏座敷(2019年5月撮影)

夏座敷(2019年5月撮影)

また、6月4日(金)~9/14(火)は
障子を簾戸に替えた「夏座敷」の仕様になる予定です。

風通しが良さや涼しい雰囲気を感じることができ
合間から見える緑豊かな景色を楽しむのも一興です。

コロナ禍ゆえ閉塞感のある日々が続いていますが
自然や歴史を感じる家屋の温もりに包まれながら
心が癒される素敵な一時をお過ごしください。

◇古民家カフェ陣屋荘
*詳細はHP等でもご確認ください。
・期間:4月24日(土)~6月27日(日)
    *期間中の土日祝日に営業。
・時間:11:00~16:00
    *ラストオーダー15:30

日本民家園
(神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-1)
日本民家園アクセス地図
<アクセス>
鉄道
・小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口から徒歩13分
・JR南武線「登戸駅」生田緑地口から徒歩25分
バス
・小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口バスターミナルより
 川崎市バス【溝19】おし沼経由「溝口駅南口」行き乗車
 ⇒「生田緑地入口」下車、徒歩3分
・南武線「武蔵溝ノ口駅」、東急田園都市線「溝ノ口駅」南口バスロータリーより
 川崎市バス【溝19】「生田緑地入口」経由「向丘遊園駅南口」行き乗車
 ⇒「生田緑地入口」下車、徒歩3分

ゴールデンウィーク休業のお知らせ

弊社のゴールデンウィーク休業につきましてご案内いたします。

2021年4月29日(木・祝)より5月9日(日)まで
休業とさせていただきます。

休業中はご迷惑をお掛けすることもあるかと存じますが
何卒ご理解の程、お願い申し上げます。

武蔵小杉の昔写真展(ららテラス武蔵小杉) 4月19日(月)~5月23日(日)

ららテラス武蔵小杉で
武蔵小杉の歴史を数多くの写真で振り返る写真展が開催中です。

ららテラスチラシ

今回は2014年に開業したららテラス武蔵小杉が7周年を迎えるということで
記念イベントの1つとして、歴史研究家・羽田猛先生の書籍の写真や内容をベースに
武蔵小杉の歴史・変遷を写真パネルで楽しめる写真展が開催されます。

弊社社員も早速展示を拝見させていただきました。
昔から今に至る写真の数々を通して、街の姿や変遷を楽しめる内容となっています。

ご興味のある方は是非お気軽に足をお運びください。

~もっと知りたい私たちの町~武蔵小杉の昔写真展
期間:2021年4月19日(月)~5月23日(日)
場所:ららテラス武蔵小杉 4階「H.I.S.」前
   (川崎市中原区新丸子東3-1302)
*観覧無料

羽田先生書籍
今回の写真展に用いられた羽田猛先生の書籍
『中原街道と武蔵小杉~写真で綴る周辺の今昔~』(2015年)は
その名の通り、中原街道と武蔵小杉の今昔について
膨大な写真と史料を基に綴られた郷土本・歴史的資料です。

弊社では過去に2度、地域の方々に再開発の進む武蔵小杉について
楽しく知り、学べる機会を作りたいとの想いから
羽田先生をお招きし、先生自ら講師となって中原街道や武蔵小杉の歴史を
教えてくださる文化講演会を開催いたしました。

(2018年7月開催 文化講演会の様子)

THE KAHALA 小杉陣屋町のラウンジの特設会場で開催された講演会には
ご入居者様やご近所の方々等、数多くの皆さまがご参加いただき
「郷土の歴史や魅力を改めて知ることができ興味深かった」
「先生から直接お話を聞くことができる貴重な機会で楽しかった」
といったお声を頂き、大変ご好評をいただきました。

(2018年7月文化講演会の様子はコチラ
(2016年9月文化講演会の様子はコチラ

ギャラリー羽田先生書籍

羽田先生の書籍は弊社でも販売しております。
ご興味のある方は事務所までお声がけください。
(事務所営業時間 平日9:00~17:30)

中庭の水景にデッキチェアを設置しました

GATE SQUARE 小杉陣屋町(以下「GS」)は
弊社が管理する賃貸棟(THE KAHALA 小杉陣屋町)と
分譲棟(THE RESIDENCE 小杉陣屋町)が一体となった集合住宅です。

その目玉の1つである「KAHALAガーデン」は
賃貸棟と分譲棟の間に設けられた中庭です。

GATE SQUARE 小杉陣屋町 敷地配置図

GATE SQUARE 小杉陣屋町 敷地配置図

水と緑をテーマにした約900㎡のエリアには
四季折々の移ろいを楽しめる植栽や潤い溢れるガラスアートが並び
住まう方、訪れる方に癒しと安らぎを与えてくれます。

昨今は新型コロナウイルスの影響により
外出が難しく、在宅時間が増えている方も多いのではないかと思います。

そこで、春を迎え心地よい陽気も増えてきた4月初旬、
中庭の景色や空間をよりお楽しみいただきたいというオーナーの意向により
水景のデッキに新しくチェアを設置いたしました!

IMG_1375

今回設置したデッキチェアは1人掛け用、2人掛け用の2台。
背面・座面には「デドンファイバー」という素材が使われています。

デドンファイバーはドイツのアウトドア家具ブランド
「DEDON/デドン」が開発した高密度のポリエチレン素材です。
風雨や日光、温度変化にも強い一方、柔軟性としなやかといった特性も兼ね備え、
その耐久性やデザイン性の高さから世界各国のリゾート地でも高い評価を得ています。

自然の風合いを備えたチェアは中庭や水景アートの雰囲気ともマッチし
新たな寛ぎの空間が生まれました。

ラウンジ側から撮影

ラウンジ側から撮影

今後は気温も上がり、心地よい陽気の下
爽やかな水辺の空間を楽しめる機会が増えそうです。

静かに読書をしたり…ご家族ご友人で歓談をしたり…
中庭の景色を楽しみながら素敵な一時をお過ごしいただければと思います。

THE KAHALA 小杉陣屋町の駐車場シャッターに防錆塗装をしました

近年多くのマンションで見られる機械式駐車場。
通常、網目のフェンスのみが設置されているところが大多数であり
フェンス自体が設置されていないところも多いのではないでしょうか。

一般的な機械式駐車場

一般的な機械式駐車場

THE KAHALA 小杉陣屋町の機械式駐車場

THE KAHALA 小杉陣屋町の機械式駐車場

当社の管理物件THE KAHALA 小杉陣屋町は
街の雰囲気を大切にしたいという景観・美観的な面
また駐車場利用者のプライバシー保護の観点から
上部には自然の風合いを漂わせるルーバーで壁を設け
下部には目隠し用のシャッターを備え付けています。

この度、竣工から約6年が経過し、風雨等の影響により
シャッターの下部の一部に錆が見られるようになったため
防錆塗装をほどこしました。

雨水が溜まりやすいこともあり一部が錆びていたシャッターですが
防錆性の高い塗料を塗ったことで綺麗になり、見栄えも良くなりました。

シャッター横の壁

シャッター横の壁

今回はシャッター横の壁の窪みにも一部錆付きが見られたため
こちらも同じ防錆材で塗装をしました。

今後もご入居者の皆さまに快適にお住まいいただけるよう
定期的な点検・メンテナンスは勿論ですが
美観の面からもきめ細やかな改善・対応を日々心がけてまいります。

日本民家園5月のイベント(わら細工、親子向けワークショプ) 2021年5月9日、15日

例年より早めの満開を迎えていた桜も葉桜に変わり
心地よい陽気の日が増えてきましたね。

原家の旧母屋が移築・復原展示されている川崎市立日本民家園では
わらを使ったぞうり作り体験と
企画展「暑さ寒さも彼岸まで-民家と四季-」に関連したワークショップが
5月に企画されています。
(企画展の詳細はコチラ

◆体験講座 わら細工「ぞうり」
zouri

材料となるわらを叩き、柔らかくしてから編みます。
わら細工の基本が学べる講座です。

日 程:2021年5月9日(日)
時 間:10:00~15:00
料 金:1,000円
対 象:中学生以上
定 員:9名
協 力:民具製作技術保存会
申 込:川崎市の申込みフォームより申込み
    締切4月25日(日)
*好天時は古民家の庭にて、雨天時は土間で作業予定。
*詳細はホームページでもご確認ください。

◆親子向けワークショップ 「古民家探検!暑さ寒さの工夫をさぐる」
ポスターA3 テスト

エアコンやヒーター等の冷暖房機器が無い時代、
昔の人が暑さや寒さに対しどのような工夫と知恵で乗り切っていたのか
実際に古民家を探検しながら学べる親子向けのワークショップです。

日 程:2021年5月15日(土)
時 間:10:00~12:00
料 金:児童は無料、保護者は要入園料
対 象:小学4年生~6年生とその保護者 ※保護者は1組1名
定 員:5組10名
持ち物:鉛筆、消しゴム、マスク、帽子、飲み物、時計
申 込:川崎市の申込みフォームより申込み
    締切5月1日(土)

新緑の映える季節でもありますので
感染対策にも留意しつつ、学びの多い体験をお楽しみください。

日本民家園
(神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-1)
日本民家園地図
<アクセス>
鉄道
・小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口から徒歩13分
・JR南武線「登戸駅」生田緑地口から徒歩25分
バス
・小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口バスターミナルより
 川崎市バス【溝19】おし沼経由「溝口駅南口」行き乗車
 ⇒「生田緑地入口」下車、徒歩3分
・南武線「武蔵溝ノ口駅」、東急田園都市線「溝ノ口駅」南口バスロータリーより
 川崎市バス【溝19】「生田緑地入口」経由「向丘遊園駅南口」行き乗車
 ⇒「生田緑地入口」下車、徒歩3分

GSの植栽に春到来!

春分の日も過ぎ、暖かく春らしい陽気を感じる日も増えてきました。

植栽豊かなGATE SQUARE 小杉陣屋町でも
春の訪れを告げる美しい花々が見頃を迎えています。

KAHALA小路

IMG_1262
THE KAHALA 小杉陣屋町のエントラス前には
白く鮮やかな花を咲かせるコブシの木が立っています。

IMG_1271
コブシはモクレン科の落葉広葉樹の一種で、
サクラとともに春の訪れを告げる花木として知られており、
開花の際、花の下に小さな葉がつくのが特徴です。

農業では、コブシの花が咲く時期に田植えを始めたことから
「田打桜」「種蒔桜」「田植桜」とも呼ばれています。

KAHALAガーデン(中庭)

水景前の「アセビ」は、淡いピンク色かわいらしい小花をつけていました。
漢名では「馬酔木」とも書きますが、これは馬が食べると毒にあたって
酔ったようにふらふらとした足取りになることからつけられたのだそうです。

1~3月に開花期を迎えるクリスマスローズも中庭を彩るお花の1つです。
今シーズンは暖かい日が多かったためか
3月の下旬を迎えた今でも可愛らしいピンク色の花が顔を覗かせていました。

中央のストーンヘンジ周辺も色鮮やかなお花が見られます。

淡いブルーのお花が咲いていたのはローズマリー
暑さや寒さ、乾燥に強く、ガーデニングでも人気の種類です。
立ち性の種類であれば長さが2m近くになることもあるそうです!

ピンク色の小さな花をびっしり咲かせているのは、ツツジ科のエリカ
中央(雄しべの葯)が黒く目立っているのが特徴で
1つ1つの花も可憐で可愛らしい印象を受けます。

陣屋門プラザ

シンボルツリーとして陣屋門プラザに鎮座するイロハモミジも
新芽が出て葉をつけ始めています。
新緑の季節が近づくとより青々とした葉が見られるようになりますので、
こちらも待ち遠しいですね。

IMG_1279
陣屋門の傍に佇む御神木のクスノキにも
新しい芽と葉が次々とつき始めていました。

爽やかな朝の陽ざしを受け、青空に映える景色を見ると
自然と心が癒されます。

GATE SQUARE 小杉陣屋町にはこの他にも
季節毎に楽しめる多くの木々、花々が植えられています。
美しい植栽からも春の訪れを感じていただければと思います。

Kosugi 3rd Avenueが川崎市都市景観形成協力者の対象事業として表彰されました

弊社の代表 原が事業推進担当理事を務めた
武蔵小杉駅前の再開発事業「Kosugi 3rd Avenue」(以下”K3A”)

昨年グランドオープンを迎え、武蔵小杉の新しい賑わいの場となっているK3Aが
この度、「令和2年度(第27回)川崎市都市景観形成協力者表彰」を受賞しました!
(詳細は コチラ

川崎市報道発表資料

川崎市報道発表資料

「川崎市都市景観協力者」は、
良好な都市景観形成に積極的に協力した人物や団体に対し
川崎市がその功績を称え、表彰を行っているものです。

過去にはGATE SQUARE 小杉陣屋町が
中原街道沿いの歴史的な街並みに配慮した建築物として評価され、
施主である弊社代表 原が平成29(2017)年に受賞しています。
(詳細は コチラ

K3A

K3A

今回K3Aは下記のような点が評価され、受賞に至りました。(報道発表資料より抜粋)

・周囲の高層建築と調和し、新たな都市景観の創出に寄与している
・商業施設等は緑やガラス素材等を効果的に多用し、賑わいや明るさを感じられる空間になっている。
・共同住宅は落ち着いた暖色系の色彩を採用し、周辺に配慮している。
・広告物は建築意匠と調和がとれた落ち着きあるデザインが採用されており、
 当該地区の基準に加えて自主的な基準を作成して広告物設置前にテナントと協議する等、
 良好な景観形成に向けた取組みが行われている。

「道」から生まれた「街」の「賑わい」を継承し
様々な文化や交流、出会いの場を創出するK3A

多くの関係者が心を砕き、アイディアと工夫を積み重ねて実現した「景観」としての価値が
このように評価され、街に貢献しているということは大変喜ばしいですね。

東海道川崎宿2023まつり(川崎区・稲毛公園) 4月4日(日)

五街道のうち、江戸徳川家が最も重視した東海道。
将軍のお膝元である江戸と天皇の御所がある京都を結び、
様々な人や物が行き交う重要な街道として
江戸時代目前の1601(慶長6)年に誕生しました。

その街道の宿場の一つ「川崎宿」は来る2023年に設立400年を迎え、
これを記念した「東海道川崎宿2023まつり」が4月4日に開催されます。

歌川広重『東海道五十三次』より「川崎宿」

歌川広重『東海道五十三次』より「川崎宿」

東海道は日本橋を起点とし、宿場の1番目が品川宿(東京都品川区)、
2番目に川崎宿(川崎市川崎区)、3番目に神奈川宿(横浜市神奈川区)
と続きます。

時代の移り変わり、また鉄道や地区の整理により宿場町としての姿は無くなりましたが、
現在も交通の要所「川崎駅」として存在感を放っています。

本イベントを主催する「東海道川崎宿2023まつり実行員会」は
東海道川崎宿の歴史や文化を活かしたまちづくりを進める市民団体で、
行政と協働で様々なイベント、プロジェクトを進めています。

「東海道川崎宿2023まつり」はその一環として、宿場町の歴史や文化、
江戸時代の暮らしに触れられる様々な催しが企画されています。

出店やフリーマーケット、ステージ企画、体験コーナー等、盛り沢山!
ご興味のある方は是非足をお運びください!

 

三角おむすびレシピコンテスト
◇三角おむすびコンテスト
三角おむすび発祥の地と言われる川崎宿にあやかり、
事前審査で選ばれた2作品を1パックで販売します。
・投票券付200パック限定
・当日プレゼントが当たる抽選券付
*おむすびレシピコンテストの詳細はコチラ

◇ミニ歴史ガイドツアー(事前申込制)
東海道川崎宿の歴史を辿るミニガイドツアーです。
・時間 10:30~
・定員 20名
・申込 3/16(火)~3/31(水)の間に川崎区役所まちづくり推進係へ申込み
*詳細はHP、チラシ等でご確認ください。
*定員に空きがある場合のみ当日受付有
◇体験
・麦わら細工絵はがき作成
・三角おむすびぬり絵
・ミニ版画  ・工作
ほか

◇ステージパフォーマンス
・太鼓(オープニング) ・南京玉すだれ  ・三角おむすび寸劇
・マジックショー    ・ガマの油売り  ・外郎売りの口上
・お江戸日本橋体操   ・おむすび音頭
ほか

◇出店
・甘酒  ・地酒  ・豚汁  ・和菓子 ・駄菓子
・フランクフルト ・手作り小物品
・市内産野菜   ・竹小僧の配布(数に限りあり)
ほか

東海道川崎宿2023まつり
日時:2021年4月4日(日)10:00~15:00
場所:稲毛公園(川崎市川崎区宮本町7-8)
<アクセス> JR川崎駅徒歩10分/京急川崎駅徒歩8分
稲毛公園地図
*雨天決行(昔遊びなど一部を除く)
*詳細はHP等でもご確認ください。
*新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、
来場の際はマスクの着用義務、検温・手指消毒の実施等があります。

2月3日(水)は初午です

2021年2月3日(水)は「初午(はつうま)」の日です。

「初午」とは2月に入って初めて迎える午(うま)の日のことを言います。

これは奈良時代に京都の伏見稲荷神社のご祭神が伊奈利山に降臨したのが
2月の初午の日であることに由来します。

このご祭神が五穀をつかさどる農業神であったため、
この日を記念して全国の稲荷神社で五穀豊穣や商売繁盛を祝うお祭りが
行われるようになったと言われています。

ちなみに「2月3日は節分では?」と思われた方も多いかと思いますが…。
「節分」は2月3日に固定されているわけではなく、正確には「立春」の前日を指します。

地球が太陽の周りを1周する時間は厳密には365日と約6時間かかるため、
このズレを調節するために閏年が設けられているのですが、
それによって早まったズレの再調整のため立春も早まり、
連動して節分も大抵2月3日であるところが2月2日に移る現象が起きるのです。
(1897年以来、124年振りのことなのだそうです!)

GATE SQUARE 小杉陣屋町の陣屋門プラザには
先祖代々約400年に渡り守られてきた原家の稲荷社があります。

供物としては、稲荷神のお使いといわれるキツネの好物の油揚げや
それを使ったいなり寿司が一般的です。
原家でも、毎年初午の日には油揚げの他、米、塩、酒などをお供えしており、
伝統行事として大切に受け継がれています。

地域、神社によっても様々な特色がありますので
お住まいの地域の行事やお供えを調べてみるのも面白いと思います!

THE KAHALA 小杉陣屋町、KAHALA2の電気自動車充電設備について

近年、資源制約や環境問題への関心の高まりを背景に、
電気自動車(EV車)やハイブリット車(HV車)に注目が集まっています。

特に環境問題に関しては、ガソリン車、ディーゼル車の排出ガスが
地球温暖化や大気汚染の大きな原因の一つとして問題視され、
2016年頃から北欧を中心に規制の動きが活発化してきました。

昨年11月にはイギリスのジョンソン首相がガソリン車、ディーゼル車の
新車販売の全面禁止を2035年から2030年までに前倒しすると発表。
12月には小池百合子東京都知事が2030年までに都内で販売される新車の全てを
電気自動車やハイブリッド車などの電動車とする新たな目標を表明する等、
車社会・業界を取り巻く状況は急速に大きな変化を迎えています。

原マネージメントでは早くよりこのような環境問題への取り組みに着目し、
環境に配慮した様々な設備の1つとして、入居者用駐車場を備える
THE KAHALA 小杉陣屋町(以下”THE KAHALA”)、KAHALA2それぞれに
電気自動車用の充電設備を設置しています。
(THE KAHALAについてはコチラ
(KAHALA2についてはコチラ

◆THE KAHALA(左)とKAHALA2(右)の充電設備場所

◆充電イメージ(KAHALA2にて)

THE KAHALA、KAHALA2いずれも
電気自動車(EV車)とプラグインハイブリッド車(PHEV)に対応しています。

電気自動車をお持ちの方はこの備付け充電設備をご利用いただくことが可能です。
*ご使用には所定の手続き、別途使用料が必要です。
 詳細は原マネージメントまでお問い合わせください。

THE KAHALA の竣工は2015年。KAHALA2の竣工は2011年。
当時はまだそれほど電気自動車への関心や取り組みは注目されておらず、
街中の充電設備も多くはありませんでしたが、電気自動車需要が高まることを予測し、
竣工当時から電気自動車用充電設備が設置されることにいたしました。

電気自動車はエネルギー効率の良さや振動・騒音の少なさといった
実用面でもメリットが多く、今後ますます需要は高まると予測されます。

今後も原マネージメントでは環境に配慮した取り組みを様々な形で取り入れ、
快適で心地よい住まいづくりに一層励んでまいります。

年末年始休業のお知らせ

弊社の年末年始休業につきましてご案内いたします。

2020年12月26日(土)より2021年1月11日(月・祝)まで
休業とさせていただきます。

休業中はご迷惑をお掛けすることもあるかと存じますが
何卒ご理解の程、お願い申し上げます。

タウンニュースにKosugi 3rd Avenue グランドオープンDayが取り上げられました! (2020年12月18日号)

先日ニュースリリースにてレポートさせていただいた
Kosugi 3rd AvenueのグランドオープンDayについて、
タウンニュース中原区版12月18日号に取り上げられました。

■タウンニュース中原区版12月18日号(Web版はコチラ
タウンニュース2020.12.18抜粋

記事中では施設名の一部である「3rd」をかたどったオブジェや
福田市長の挨拶等について触れられています。

是非ご覧になってみください!

Kosugi 3rd Avenue グランドオープンDay(スペシャルライブ&トークセッション編)

(第1弾「完成式典編」はコチラ
(第2弾「シンボルオブジェ除幕式編」はコチラ

完成式典とシンボルオブジェが日中に執り行われた後、
夕方からはスペシャルライブ&トークセッションが開催されました。

本来はシンボルオブジェの除幕式が行われたサウスパークを会場に
多くの観客を招いての開催を予定していましたが、コロナ対策のため
YouTubeによるストリーミング配信を行うこととなりました。

000_スペシャルライブ&トークセッション(LIVE STREAMING)チラシ
スペシャルライブのゲストは
日本を代表するサックス奏者 本多俊之氏と、妻でピアニストの尚美氏(HPはコチラ
シンガーソングライターの Minako “mooki” Obata氏(HPはコチラ

トークセッションはK3Aの各種広告・ポスターに登場し
雑誌『Pen』で社長原との対談が掲載された
ラジオDJピーター・バラカン氏が登場です。(HPはコチラ

001_イルミネーション
夜になったK3Aでは樹木にあしらわれたイルミネーションが
美しく輝いていました。


サウスパークにはライブストリーミングを視聴できる大型ビジョンが設置され
パーク内のベンチや各店舗のテラス席等からも観られるようになっていました。


ライブとトークセッションは
2F店舗「KOSUGI CAFE nappa69」を貸し切って行われました。

本多ご夫妻の素晴らしい演奏とMinako氏の魅力的な歌声が
幻想的なライティングと相まってK3Aの夜を美しく彩ります。


バラカン氏と本多俊之氏のトークセッションでは
コロナ禍でもオンライン合奏をする等新しい挑戦をしたこと等
音楽の新しい可能性や力について熱いトークが交わされました。

007_見上げてごらん夜空の星を
イベントの最後は坂本九さんの名曲
『見上げてごらん夜空の星を』で締め括られました。

12月10日が坂本九さんの誕生日であること
またコロナ禍において前向きな気持ちで頑張ろうと話題になった曲であることから
この曲が選ばれ、観客も合唱で参加しながら最後のステージを盛り上げました。

本イベントはYouTubeによるストリーミング配信もされましたので、
オンラインでお楽しみいただけた方も多かったのではないかと思います。

ちなみに、ライブ中はストリーミングの音響が
「ジジジ…」とノイズが入ることが何度かあり、機材の故障かと思われましたが、
実はすぐ横を走る電車の影響だったことが後ほど判明!

「それだけ駅に近い場所に位置しているのだ」と
立地の素晴らしさを思いがけず再認識できた出来事でした。

グランドオープンを迎え、今後の賑わいがますます楽しみなK3A。

新型コロナウイルスの影響で一部イベントの中止・縮小もある中
様々な対策を講じながらこの記念すべき日を迎えることができました。

今後も様々な世代の交流や文化、賑わいが生まれ
武蔵小杉が魅力的な街として発展し続けて欲しいと思います。

以上、K3A グランドオープンDay のレポートでした!

Kosugi 3rd Avenue グランドオープンDay(シンボルオブジェ除幕式編)

(第1弾「完成式典編」はコチラ

完成式典に引き続き、サウスパークに設置される
シンボルオブジェの除幕式が執り行われました。

001_プレス
会場のサウスパークには序幕の瞬間を捉えようと
多くの報道陣が集まりました。


社長の原も地権者の一人として参加します。
いよいよ除幕のカウントダウンが始まります。

3、2、1・・・オープン!

004_除幕後
施設名の一部「3rd」の文字をあしらった
シンボルオブジェがお披露目されました!
こちらのオブジェは、日本有数のデザイン会社である
乃村工藝社によってデザイン・製作されたものです。

「3」という数字は、所在地である小杉「3」丁目の他、
商業・業務、公共公益、住宅という「3」機能を備えた複合施設であること
子どもからお年寄りまで「3」世代が集う場所であること
自宅でも職場でもない居心地の良い第「3」の場所(サードプレイス)であること
を表しています。

005_福田市長挨拶
除幕式に参加された川崎市長福田様のご挨拶

「誰が見ても素晴らしいものができた」
「これから新しい賑わい、文化がたくさん生まれる場所になると思う」
と述べていました。

006_フォトセッション
フォトセッション中の1枚
皆さまの感慨深げな表情が印象的です。

この除幕式を以て正面広場であるサウスパークが全面開放となり
グランドオープンを飾る素晴らしいイベントとなりました。

007_オブジェ夜
夜間はライトアップされ、昼とはまた違った雰囲気を醸し出しています。

次回、第3弾はスペシャルライブ&トークセッションの様子を
ご紹介します♪

Kosugi 3rd Avenue グランドオープンDay(完成式典編)

弊社社長の原が事業推進理事として携わってきた
武蔵小杉駅前の再開発事業“Kosugi 3rd Avenue”(以下“K3A”)

12月10日(木)に遂にグランドオープンを迎え、各種イベントが執り行われました。
今回は当日実施された3つのイベント
「完成式典」「シンボルオブジェ除幕式」「スペシャルライブ&トークセッション」
をそれぞれレポートさせていただきます。

第1回目の本記事では「完成式典」の様子をご紹介します。

001_総合自治会館
会場はK3Aの4階にある川崎市総合自治会館です。


今回は新型コロナウイルス対策の一環として
会場は2か所に分散、座席間隔を充分にとった形で設営されていました。
サブ会場である第2会場では、メインである第1会場の様子をスクリーンで見ながらの参加です。

まず、再開発組合理事長 角川榮喜様よりご挨拶がございました。
003_再開発組合理事長挨拶

続いて、来賓の皆さまを代表し
川崎市副市長 藤倉茂起様よりご挨拶です。
004_来賓挨拶

また、下記関係者の皆さまよりご挨拶を頂きました。

・参加組合員挨拶
三井不動産レジデンシャル 執行役員・横浜支店長 小西英輔 様
東急不動産株式会社 取締役常務執行役員 古沢繁之 様

・事業コンサルタント挨拶
株式会社都市設計連合 代表取締役社長 波多野聡 様

・特定業務代行者挨拶
大成建設株式会社 副社長執行役員 金井克行 様

その他、建築、意匠、デザイン等様々な分野で携わっていただいた
関係者の皆さまのご紹介・ご挨拶もありました。

続いて、「Kosugi 3rd Avenue -20年の軌跡-」と題し
本再開発事業の始まりから今年の竣工に至るまでの約20年の歩みを振り返るVTRが流されました。

このプロジェクトには、武蔵小杉を愛し大切に思う地域の人を始め
幅広い分野で様々な人・組織が長きに亘り携わってきたこと。

先人たちの願い、街の賑わいを継承し
「アヴェニューが創る街と暮らし」というコンセプトの下
地権者が主体となり新しい街づくりに励んできたこと。

約20年に亘る本プロジェクトの歴史や施設の特徴がよく分かるだけでなく
関わってきた多くの人々の「想い」と「願い」を改めて実感することができました。

結びに、事業推進担当理事として再開発の陣頭指揮を執ってきた
社長の原よりご挨拶をさせていただきました。
010_再開発組合事業推進担当理事挨拶-2

K3Aはグランドオープンを迎えましたが
これが完成ではなく、新しい街づくりのスタートです。

この街に住まう人、集う人どうしが交流を深めながら
どのような賑わいが生まれ、どのような街になっていくか。

今後も是非ご注目ください!

次回、第2弾はシンボルオブジェ除幕式の様子をレポートいたします!

日本経済新聞、朝日新聞にKosugi 3rd Avenueの記事・広告が掲載されました 12月10日(木)

弊社社長の原が事業推進理事として携わってきた
武蔵小杉駅前の再開発事業“Kosugi 3rd Avenue”(以下“K3A”)

「アヴェニューが創る街と暮らし」をコンセプトに
様々な世代の交流・文化や笑顔、賑わいが生まれる場所になって欲しいという想いの下
商業業務・公共公益・住宅の3機能一体型の複合施設の建設が進められ
2020年6月に建物が完成、7月に竣工いたしました。

そして、遂にグランドオープンを迎えた12月10日(木)
日本経済新聞と朝日新聞にK3Aに関する記事・広告が掲載されました。

日本経済新聞では、地権者の一人として再開発の陣頭指揮を執ってきた社長の原と
外観・ランドスケープのデザインに関わった光井氏との対談形式で
再開発の経緯や、新しい街づくりに込めた想いについて掲載されています。

日本経済新聞2020年12月10日朝刊

日本経済新聞2020年12月10日朝刊

社長 原の対談が掲載されています

社長 原の対談が掲載されています

また、同日の朝日新聞でもK3Aの広告が掲載されました。

朝日新聞2020年12月10日朝刊

朝日新聞2020年12月10日朝刊

K3Aの広告

K3Aの広告

12月10日(木)は式典、オブジェ除幕式も催されましたので、
当日の様子は改めてニュースリリースに公開させていただきます。
お楽しみに♪

苔テラリウムワークショップに参加しました(日本民家園) 2020年11月29日(日)

先日ニュースリリースでご紹介させていただいた
日本民家園で開催の「苔テラリウム作り」

紅葉と冬の寒さが深まる中、
弊社社員の一人がこのワークショップに参加してきましたので
今回はその様子をレポートさせていただきます♪

*「テラリウム(terrarium)」とは…?
 水槽やボトル容器の中にコケ、シダ、水草などの植物を植え、
 自然をそのまま切り取ってきたかのような風景を観賞する園芸の一種です。

会場は山梨県甲州市の農家の住宅であった「広瀬家住宅」の前です。
テーブルと座席は背中合わせで配置されており、
受付時に検温と消毒を徹底する等、感染症対策に配慮していました。

素材となる苔とハイドロカルチャー(人口土)、
それらを入れる瓶がセットになっています。

苔は、この秋に葺き替え工事を行う旧清宮家の屋根に生えたものを使います。

瓶の中にハイドロカルチャーを入れ、苔を敷き詰めます。
苔の茶色部分はピンセットで下、もしくはハイドロカルチャーに埋まるように押し込み、
綺麗な緑の部分が見えるよう調整します。

会場では貝殻やビー玉等の飾りも販売されていました。
お好みの飾りでアレンジすると一層愛着が湧きますね。

古民家を隣に、これまた古民家ゆかりのものを使って
歴史と自然を感じるものづくりができ、
青空教室のようなワークショップは大変楽しかったです。

この日は原家旧母屋の1階座敷を利用した古民家カフェが
偶然にも年内最後の営業をしていました。

例年春と秋の2シーズン営業される古民家カフェは
歴史ある建築物の中でこだわりのコーヒーや手作りのお菓子を頂けるとあって
毎年多くのお客さんで賑わっています。

今年はコロナの影響で春シーズンの営業が叶いませんでしたが、
秋シーズンは席の間引きやこまめに消毒をする等感染対策を徹底し
9~11月の期間限定で営業していたとのこと。

この日頂いた温かいコーヒーとお菓子は
ワークショップを終え、園内をぐるりと散策した後の体に深く染み入りました…。

ワークショップの会場にもなった旧広瀬家のふるさと
山梨県甲州市の秋の名物「ころ柿(枯露柿)」の展示も見られました。

これは「甲州百目」という種類の渋柿の皮を剥いて消毒をしてから紐でつなぎ、
25日ほど干した後、柿を棚に移して更に棚干しを行って作る干し柿です。

柿全体に日光が満遍なく当たるよう、適当な間隔を置いて
コロコロと位置を変えることから「ころ柿」という名前がついたのだとか。

古民家の歴史と自然に触れられるワークショップに参加でき、
とても楽しい想い出と作品を作ることができました♪

今後も面白いイベント、企画があれば積極的に参加したいと思います。

クリスマスツリー&飾りを設置しました

11 月も下旬となり、街中では紅葉に代わり
イルミネーションやクリスマス飾りを目にする機会が増えてきました。

原マネージメントでも、華やかな雰囲気と季節の訪れを感じさせる
クリスマスツリーや飾りを各物件に設置しました♪

THE KAHALA 小杉陣屋町

IMG_0448
ご入居者やご来訪の皆さまを迎えるエントランスでは
色とりどりのモールをあしらったツリーがお出迎えです。

IMG_0447
ラウンジの暖炉前はクリスマスらしい赤を基調としたモールを飾り
華やかさと温かさを感じます。

IMG_0443
先日テーマを更新した事務所横のギャラリースペースは
オーナメントをつけた緑のモールを巡らしています。

IMG_0446
コーナーにはミニツリーも飾っています。
ギャラリー展示と併せて、クリスマス飾りにもご注目ください!

KAHALA2

IMG_0438
KAHALA2も皆さまをお迎えするエントランスにツリーを設置しました。
こちらは頂点のリボン飾りが特徴です。

IMG_0439
カウンターにはオーナメントをあしらったリースを飾りました。

IMG_0440
プライベートラウンジ前の棚上には
KAHALA2の雰囲気とマッチするゴールドのモールです。

IMG_0441
掲示板にもゴールド調の小型リースを飾りました。
KAHALA2を更に華やかな雰囲気にしてくれますね。

KAHALA WEST1, EAST1, EAST2

新丸子駅近辺の3物件には
掲示板にミニリースを飾りました。
お出かけ、お帰りの際に是非ご覧になってみてください。

日に日に寒さが増し、師走も間近ですが、
季節の装飾で少しでも心が温まっていただければと思います。

第64回川崎市観光写真コンクールが開催中です(2020年11月2日~2021年1月29日)

川崎市の魅力を表現した写真を募集する
「川崎市観光写真コンクール」が開催中です。

file111_page-0001

昭和32(1957)年に市政写真コンクールとしてスタートした本コンクール。
昭和55年(1980)年に川崎市観光写真コンクールとして実施されるようになり、
今回で64回目を迎えます。
(昨年の第63回には222人から計523点もの応募があったとのこと!)

四季折々の自然風景は勿論、神社仏閣や伝統ある建築物、地域を盛り上げるイベント等、
川崎の魅力を捉えた素晴らしい作品の数々が集結します。

カメラ好きの方、地域の魅力たっぷりの写真をお持ちの方は、
是非応募してみてください♪

第64回川崎市観光写真コンクール
*詳細はHP等でもご確認ください。

<主催>
一般社団法人川崎市観光協会、川崎市

<期間>
2020年11月2日(月)~2021年1月29日(金)

<募集作品>
川崎の自然風景、都市景観、伝統行事、イベントなど
川崎の魅力を広く市民や他都市の方々に伝える作品
*2020年1月以降、川崎市内を撮影した未発表の自作品に限る
*他のコンクール等との重複応募不可

<応募方法>
郵送受付(川崎市観光協会宛)
*応募作品の裏に応募票(チラシ、又はHPよりダウンロード)を貼付

<募集部門・表彰>
①一般の部
 ◇ 最優秀賞 1点 賞状・ギフトカード10万円分/副賞
 ◇ 優秀賞  4点 賞状・ギフトカード1万円分/副賞
 ◇ 入賞   20点 賞状・記念品
②児童・生徒の部(小・中・高校等の正規の課程在学中で応募時19歳以下)
 ◇奨励賞   1点 賞状・記念品/副賞
 ◇入賞    3点 賞状・記念品

<問合せ・応募先>
一般社団法人川崎市観光協会「川崎市観光写真コンクール」係
〒212-0013 川崎市幸区堀川町66-20 川崎市産業振興会館8F
TEL:044-544-8229/FAX:044-5443-5769
メールアドレス:kankou@k-kankou.jp

***第63回受賞作品(抜粋)***

一般の部最優秀賞「自然のいたずら」

一般の部最優秀賞「自然のいたずら」

一般の部優秀賞「仲秋、桃色に染まる」

一般の部優秀賞「仲秋、桃色に染まる」

児童・生徒の部奨励賞「色並み」

児童・生徒の部奨励賞「色並み」

※過去受賞作品は コチラ からもご覧いただけます。

苔テラリウムワークショップ(日本民家園) 2020年11月29日(日)

皆さまは「テラリウム(terrarium)」をご存知ですか?

水槽やボトル容器の中にコケ、シダ、水草などの植物を植え、
自然をそのまま切り取ってきたかのような風景を観賞する園芸の一種です。

初心者でも手軽に始めやすく、小ぶりで家の中にも置きやすいことから
インテリアの1つとしても人気だそうです。

旧清宮家

旧清宮家

日本民家園では、この秋に葺き替え工事を行う旧清宮家の屋根に生えた苔を使い
「苔テラリウム」を作るワークショップが開催されます。

直径9cm×高さ12cmで竹製の蓋をつけたガラスの容器の中に、
ハイドロカルチャー(人口土)と苔を配置します。

会場で販売されるビー玉や貝殻、恐竜の飾り等も入れられるとのこと。
お好みの飾りを組み合わせるのも面白そうですね。

※写真はそれぞれ、隣接する「かわさき宙(そら)と緑の科学館」にちなんだ星型と
 「岡本太郎美術館」にちなんだ太陽の塔の飾りです。

もうすぐ紅葉の見頃を迎える季節でもありますので、
自然と季節の移ろいを感じながら
古民家に所縁ある苔テラリウム作りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

苔テラリウムワークショップ
*詳細はホームページでもご確認ください。
日程:2020年11月29日(日)
時間:10時~計7回実施(所要約30分)
料金:800円(入園料別)
定員:各回12名
会場:旧広瀬家
申込:先着順/HPの専用フォームから申込み

日本民家園
(神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-1)
日本民家園地図
<アクセス>
鉄道
・小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口から徒歩13分
・JR南武線「登戸駅」生田緑地口から徒歩25分
バス
・小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口バスターミナルより
 川崎市バス【溝19】おし沼経由「溝口駅南口」行き乗車
 ⇒「生田緑地入口」下車、徒歩3分
・南武線「武蔵溝ノ口駅」、東急田園都市線「溝ノ口駅」南口バスロータリーより
 川崎市バス【溝19】「生田緑地入口」経由「向丘遊園駅南口」行き乗車
 ⇒「生田緑地入口」下車、徒歩3分

ギャラリーの展示替えをしました(中原街道と小杉の街)

弊社の事務所エントランス横に設置しているギャラリーでは、
ご入居者様や地域の皆さまへの情報発信を目的に、
地域の歴史や地元イベントのご紹介、季節の飾りなど、
様々な内容の展示を随時展開しております。

★文化財

*今年は2月より、国登録有形文化財に登録された
 原家の陣屋門・稲荷を写真と共に紹介しておりました。
 (詳細はコチラ

この度、代表の原が事業推進理事を務めてきた武蔵小杉駅前の再開発事業
Kosugi 3rd Avenue(以下“K3A”)が間もなくグランドオープンを迎えることに伴い、
「道から賑わいが生まれ、賑わいが街を創った」というK3Aのコンセプトを基に
全国有数の街道である「中原街道」をテーマとした内容に更新しました。

(設置の様子)

これまで原家の陣屋門・稲荷社の写真解説を展示していたエリアは
原家で所有していた昭和6年の小杉地区の古地図を活用したボードを再登場させました。
こちらに中原街道に関するいくつかの解説パネルを貼り付けていきます。

(展示替え後)

メインの古地図ボードには、中原街道の歴史や
「道」を中心に小杉の街がどのように発展してきたのか
写真資料と併せて解説するパネルを掲示しています。

右側のコーナーにはK3Aのイベント
“Smiling 7 Weeks”の看板が展示中です。

12月のグランドオープンに向けて様々なイベントが企画されていますので
是非皆さまも足をお運びください♪

昨年より展示を開始した古地図のボードですが
新しいテーマに更新したことでより地域の理解が深まったと思います。

早速解説や写真をじっくりご覧になる方もいらっしゃり、
ご入居者様からも「新しい展示も楽しいですね」とお声がけ頂きました。

クリスマスの時期に向けた季節装飾も近日中に設置予定ですので
周辺を彩る紅葉と併せて季節の移ろいを感じていただければと思います。

お近くにお立ち寄りの際は是非ご覧になってみてください!

Kosugi 3rd Avenueでオープニングセレモニーが開催されました

当社代表の原が事業推進理事として携わってきた
武蔵小杉駅前の再開発事業 “Kosugi 3rd Avenue”

本日より、グランドオープンを迎える年末に向けて
街びらきイベント「Smiling 7 Weeks」が始まります!
(イベント詳細はコチラ

初日の今日は、新たに開通した道路(地区幹線道路1号)にて
オープニングセレモニーが開催されました。

パフォーマンスを披露してくれたのは
横浜を拠点に活動しているマーチングバンド「横浜ロビンズ」の皆さま。

道路でのパフォーマンスの後はKosugi 3rd Avenueを1周し、
オープニングセレモニーを盛り上げてくれていました。

今後もSmiling 7 Weeksでは
期間中、また週毎に様々なイベントが催されますので
新しく生まれ変わった武蔵小杉を是非お楽しみください!

Smiling 7 Weeks

Smiling 7 Weeks
*詳細はHP等でご確認ください。
期間:2020年11月6日(金)~12月25日(金)
場所:Kosugi 3rd Avenue(川崎市中原区小杉町3-600)
・JR線「武蔵小杉」駅徒歩1分
・東急東横線・目黒線「武蔵小杉」駅徒歩2分
K3A地図

Kosugi 3rd AvenueでSmiling 7 Weeksが開催されます!

当社代表の原が事業推進理事として携わってきた
武蔵小杉駅前の再開発事業 “Kosugi 3rd Avenue”

7月に一部店舗が先行オープンを迎え、
今後も新しい店舗の開業や各種イベントが続々と控えています。

そして、この度「Smiling 7 Weeks」と称し、
グランドオープンを迎える年末に向けて
より多くの笑顔と出会いが溢れる企画が目白押しの
街びらきイベントが開催されます!

Smiling 7 Weeks

「アヴェニューが創る街と暮らし」を開発コンセプトに
2000年頃からスタートした本プロジェクト。

「道」から生まれた小杉町3丁目の街の「にぎわい」を生まれ変わらせ
様々な世代の交流や新しい文化が生まれる場所になって欲しいという願いの下、
街の地権者達が中心となり約20年をかけて進められてきました。

再開発組合では先行オープン以前より
各種ワークショップの開催やカフェの運営、地元店舗を集めた地域活性化イベント等、
「にぎわい」を創出する様々な催しを企画・開催してきました。

今回はグランドオープンに向けて
商業業務・公共公益・住宅の3機能一体型の複合施設、
整備された周辺道路や新しく設置された広場等、
「新しい街づくり」の全貌がお披露目される街びらきイベントとして
期間中、また週毎に様々なイベントが開催されます。

11/7(土)・8(日)には川崎市による社会実験として
隣接する市道小杉町21号線が歩行者天国として開放されるとのこと。
生まれ変わった武蔵小杉駅前の街並み、雰囲気を存分に楽しめそうですね。

イベント情報(※11月4日現在)

Smiling Mask

Smiling Mask

商業施設には一部先行オープンに続き、
新しいレストランやショップも続々とオープン予定!
日本初出店や地域初出店も多く、この期間限定の特別メニューも各店舗で展開されるそうです。

そしてグランドオープン・デーとなる12月10日(木)には
新設された3つの広場の内、メインとなるサウス・パークがオープンし、
プロジェクトのコンセプトを体現する「3rd」のアートサインがお披露目される予定です♪
どのようなサインが現れるのか…注目必至です!

Smiling 7 Weeks
*詳細はHP等でご確認ください。
期間:2020年11月6日(金)~12月25日(金)
場所:Kosugi 3rd Avenue(川崎市中原区小杉町3-600)
・JR線「武蔵小杉」駅徒歩1分
・東急東横線・目黒線「武蔵小杉」駅徒歩2分
K3A地図

*赤で囲んだ部分は11/7(土)・8(日)に歩行者天国になる市道小杉町21号線です。

この他、イルミネーションの点灯、地域サークルや団体との交流イベント等、
今後も様々なイベントの開催が予定されているそうです。

笑顔と出会い、そして新しい小杉の街を是非お楽しみください!

第2回新丸子路地裏のお店つまみぐいまつり 10月26日(月)~11月1日(日)

新丸子駅周辺の様々なお店を楽しめるイベント、
その名も「新丸子路地裏のお店つまみぐいまつり」は

大好評につき、2回目の開催が決定しました!

第2回新丸子路地裏のお店つまみぐいまつりチラシ

今年の3月に初めて開催された
「新丸子路地裏のお店つまみぐいまつり」

新丸子路地裏を始め地元の様々な店舗を周りながら楽しんでもらいたいと、
テイクアウトを中心に様々なお店が期間限定の特別メニューを用意しました。

第1回目は地元の方だけでなく、新規のお客さんも多く訪れるなど大成功に終わり、
参加した店舗や住民からの反響も大きかったため、第2回の開催に至ったということです。

今回もテイクアウトは勿論、ランチやディナー、オリジナルグッツ、サービス等
イベントのために作られた様々な特別メニューが揃い、
お得で楽しいラインナップとなっています!

景品
前回同様、スタンプラリーも実施されます。
来店数に応じて、オリジナルデザインのTシャツやマスク等のプレゼントもありますよ♪
(ちなみにプリントされているイベントキャラクターは「つまみさん」といいます。)

また、今回は疫病を鎮めるとされる妖怪「アマビエ」をあしらったカードも
それぞれの店舗で配布されるそうです。
全6種、日枝神社と京浜稲荷神社でお清めされたものなので、ご利益もありそうですね!

今回の参加店舗は、前回の30店舗から更に増えて約40店舗とパワーアップ!
期間も3日間から1週間に拡大し、飲食店を始めとした
様々なジャンルのお店を楽しむことができます。

武蔵小杉や新丸子エリアの色々なお店を巡って
是非新しい出会いと楽しい時間をお過ごしください!

第2回新丸子路地裏のお店つまみぐいまつり
日程:2020年10月26日(月)~11月1日(日)
主催:新丸子路地裏連合
後援:神奈川県
*イベント詳細、各店舗の営業時間・商品等は公式HP等でもご確認ください。
第2回新丸子路地裏のお店つまみぐいまつりマップ

イルミネーションの移設を行いました

GATE SQUARE 小杉陣屋町(以下「GS」)では
竣工した2015年より植栽各所にイルミネーションを施しております。

grand_body01

GS敷地配置図(GSホームページ参照)

陣屋門やお社を擁した陣屋門プラザから
賃貸棟(THE KAHALA)西側のKAHALA小路、
分譲棟(THE RESIDENCE)北側のJINYA小路へと
GSに面する通り道に沿うように設置しています。

以前のイルミネーション/陣屋門プラザ(中原街道側から)

以前のイルミネーション/陣屋門プラザ(中原街道側から)

これまでイルミネーションは高木を中心に設置していましたが、
木の生長への影響等も考慮し、低木への移設作業を実施しました。

高木に巻き付けるスタイルは光の鮮やかさ、美しさが目立っていましたが、
低木に配したことでより柔らかく優しい光が散りばめられ、
足元をより温かく照らし出してくれています。

早速ご入居者様から「足元が明るくなりましたね」とお声がけいただいたり
お子様が「きれい~!」と目を釘付けにしている姿を拝見しました。

冷える日も増えてまいりましたが、
夜に輝くイルミネーションを見ると心が温まりますね。

冬季(10月~3月予定)は夕方17時より点灯しております。
お近くをお通りの際は是非ご覧になってみてください。

企画展「暑さ寒さも彼岸まで-民家と四季-」(日本民家園) 2020年10月1日~2021年5月30日

原家の旧母屋が移築・復原展示されている川崎市立日本民家園では
企画展「暑さ寒さも彼岸まで-民家と四季-」を開催中です。

四季のある日本は一年の間の気温、寒暖の差が大きく、
盆地、豪雪地等、地域によってもその特徴は様々です。

エアコンやヒーター等の冷暖房機器が無い時代、
夏の暑さや冬の寒さをどのように乗り切っていたのか?

本企画展では、季節に合わせた道具、衣服、そして民家の造りを通して、
先人たちが暑さ寒さに対応するための工夫の数々を知ることができます。

20201009113407_00001
今回の企画展は「日本民家園だより vol.93」にて特集されています。

20201009113426_00001
寒い地域は寒さや風が入ってこないよう、
また雪に耐えられる建築的構造が特徴のようです。

一方、湿度が高く蒸し暑い夏の対策として、
簾(すだれ)や葦簀障子(よしずしょうじ)等、
室内の風通しを良くするための建具が用いられることが多かったようです。

原家の旧母屋も例年6~9月に夏仕様の座敷となり、
涼やかな風と周辺の緑が心地よい空間を生み出してくれます。

この座敷で毎年期間限定で営業する古民家カフェ「陣屋荘」は
こだわりのコーヒーやお菓子を歴史ある建築物の中で楽しめるとあり、
多くの方から人気を集めているそうです。
(2019年古民家カフェのレポートは コチラ

★IMG_0158

原家旧母屋の夏座敷(2019年5月)

20201009113446_00001

その他、衣服や道具についても紹介されています。
先人たちの知恵と工夫に触れられる楽しい展示になっていますので、
是非ご覧になってみてください。

暑さ寒さも彼岸まで-民家と四季-
期間:2020年10月1日(木)~2021年5月31日(日)
*詳細はホームページでもご確認ください。

日本民家園
(神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-1)
日本民家園地図
<アクセス>
鉄道
・小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口から徒歩13分
・JR南武線「登戸駅」生田緑地口から徒歩25分
バス
・小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口バスターミナルより
 川崎市バス【溝19】おし沼経由「溝口駅南口」行き乗車
 ⇒「生田緑地入口」下車、徒歩3分
・南武線「武蔵溝ノ口駅」、東急田園都市線「溝ノ口駅」南口バスロータリーより
 川崎市バス【溝19】「生田緑地入口」経由「向丘遊園駅南口」行き乗車
 ⇒「生田緑地入口」下車、徒歩3分

ハロウィンの飾りつけをしました

朝夕は肌寒い日も増えてきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

10月はハロウィンの季節ですね。
原マネージメントの管理物件では
毎年この時季にハロウィンの雰囲気を楽しめる飾りつけをしています。

THE KAHALA 小杉陣屋町のラウンジ(暖炉前)には
「HALLOWEEN」のガーランドと
ジャック・オ・ランタンやゴーストをあしらったオブジェを飾りました。

KAHALA2では
エントランス受付でかわいらしいジャック・オ・ランタンがお出迎え。
掲示板にもジャック・オ・ランタンのリースを飾っています。

IMG_1941
WEST1には双子のかぼちゃがかわいいリースを
エントランスの掲示板に飾りました。

ちなみに、ハロウィンの起源は、秋の収穫をお祝いし、
先祖の霊をお迎えするとともに悪霊を追い払うケルト人のお祭りです。
ケルト人の暦では10月31日を一年最後の日(大晦日)としており、
翌日の11月1日に新年を迎えます。

この時、死後の世界からは先祖の霊だけでなく、
悪魔や魔女、さまよえる魂などもやってくるため、
人々がそれらと同じ格好に仮装して仲間だと思わせ
身を守ろうとしていたことが現代の仮装文化に繋がっているのだそうです。

ハロウィン飾りは10月限定ですので、
是非行き帰り等の際に楽しんでいただければと思います♪

コスギフェスタ2020がオンラインで開催されます 10月17日(土)

武蔵小杉の秋の一大イベント「コスギフェスタ」
10回目を迎える今年はオンラインでの開催が決定しました。

コスギフェスタ2020

「子どもたちの笑顔と思い出のために武蔵小杉を彼らのふるさとにする」
という熱い思いからスタートしたコスギフェスタ。

年々その規模や参加団体も拡大し、地元を盛り上げる恒例行事となっていますが、
昨年は台風19号被害の影響を受け規模を縮小して開催。
また今年は新型コロナウイルス感染拡大防止の面から、
これまで通りの開催が難しい状況となっています。

しかし、コロナ禍で気持ちが落ち込んでいる今の環境に光を差し込みたい、
地域住民のストレスを解消し、子供たちの笑顔を取り戻したいとの思いから、
3密を避けてお家でも楽しめるイベントが企画され、
開始以来初となる「オンライン」で開催されることとなりました!

今回は子育て応援イベント「まんなかフェス」との共催により、
子育て世代やお子様も楽しめるコンテンツも豊富とのこと。

ハロウィン仮装コンテストONLINE

コスギフェスタには欠かせないハロウィンイベントも
今回はオンラインでの仮装コンテストが開催される形となりました。

事前に送られた仮装の写真データを基に、当日の放送内で発表、審査が行われます。
川崎フロンターレ・川崎ブレイブサンダース・NECレッドロケッツのサイン入りユニフォームや、
人気ゲーム機などが賞品として用意されているほか、先着50名には参加賞もあります。
(*応募期間は既に終了しています)

例年のようなパレードへの参加や沿道での鑑賞はできませんが、
参加者こだわりの仮装をゆっくり見られそうですね。

コロナ禍で多くのイベントが延期・中止を余儀なくされる中、
少しでも楽しい催しを企画・開催しようと
様々な人・団体が工夫と知恵をこらしてくれています。

オンラインという新しい試みを楽しみながら
ご家族やご友人どうしで是非ご視聴・ご参加してみてください!

コスギフェスタ2020 ONLINE
*詳細はHP等でもご確認ください。
日程:10月17日(土)10:00~16:00
主催:コスギフェスタ実行委員会
   まんなかフェス実行委員会
放送予定

Kosugi 3rd Avenueで”Come on. Smile!”が開催中です

住宅・商業業務・公共公益施設が一体となり
世代を超えたつながりと賑わいが生まれる街を目指した
武蔵小杉駅前の再開発事業 ”Kosugi 3rd Avenue”(以下”K3A”)

2020年7月遂に先行オープンを迎え、
年末のグランドオープンに向けて様々な店舗、施設が順次オープン予定です。

イベントページトップ

現在K3Aでは、小杉の街で生まれたたくさんの”笑顔”を集めるプロジェクト
その名も”Come on. Smile!”が開催中です。

見た人が元気になれる写真とメッセージを募集しており、
K3Aサウスパーク内に設置されたスマイルギャラリーに掲出されます。

*応募者の中から抽選(先着180名)でK3Aで利用可能なクーポン券が当たります。

公式ウェブサイトのほか、FacebookとInstagramでも募集しています。
とびきりの笑顔で街を元気にするプロジェクト、
皆さまも是非参加してみてはいかがでしょうか。

Come on. Smile!
・応募方法 K3A公式ウェブサイト内のエントリーフォームに必要事項を入力
・応募期間 2020年10月31日(土)まで
・応募資格 どなたでも(18歳未満の方は保護者の同意が必要)
・応募規定 地域の方々が笑顔になれるような写真
*詳細は公式HPでご確認ください。
K3A Come on. Smile! 看板

2020川崎国際多摩川オンラインマラソンが開催されます(11月2~15日)

スポーツの秋を彩るにふさわしい川崎のイベントの1つで
毎年11月に開催される「川崎国際多摩川マラソン」

しかし、昨年2019年は台風により多摩川河川敷やマラソンコースが被害を受けたため、
また今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、2年連続の中止となっています。

そこで、代替イベントとして感染防止に配慮した
オンラインによるランニングイベントが開催されることとなりました。

online_marathon2020_guidance_information_page-0003

通常のマラソン、ランニングイベントはコースが決まっていますが、
今回はスマートフォン用GPSランニングアプリ(TATTA)を起動させながら
好きな場所で自由に走るという形式をとっています。

指定期間中に種目であるハーフマラソンの距離(21.0975km)以上を走れば「完走」
1度に走り切る必要はなく、複数回に分けた累積の距離でもカウントされます。

ランナーズマスク
また完走者の中から抽選で市内名産品等の賞品があたる抽選会も開催されます。

*2020川崎国際多摩川オンラインマラソン 一般募集エントリー*
 エントリー期間:2020年9月1日(火)00:00 ~ 9月30日(水)23:59
 エントリー方法:インターネットエントリー
 ★エントリーは コチラ から

コロナ禍では感染防止に配慮した新しい取り組みが次々と生み出され、
スポーツ、芸能等、様々な場面で活かされています。

例年のように多くのランナーが一堂に会することはできませんが、
感染対策は万全にしながら、自然豊かな多摩川や地元の馴染みのコースを楽しむのも
良いのではないでしょうか

「2020川崎国際多摩川オンラインマラソン」
*詳細はホームページでもご確認ください。

開催期間:2020年11月2日(月)~11月15日(日)
会  場:任意のコース
種  目:ハーフマラソン(21.0975km)
定  員:3,000名
参 加 料:2,500円 + エントリー手数料250円(税込)
*定員に達し次第申込締切り
*エントリー時にRUNNETへの会員登録が必要(無料)

sozai_image_59279

「中原の絵はがき」を無料ダウンロードできます

中原区が中原区まちづくり推進委員会と協働で実施している「なかはらフォトコンテスト」

その入賞作品から「中原の絵はがき」を作成され
中原区のホームページより無料でダウンロードできるようになっています。

絵はがき例

お気に入りの画像をダウンロードし、はがきサイズで印刷することで
中原区の様々な風景の絵はがきを作ることができます。

フォトコンテストに出展されるだけに、アングルや光の加減等、
フォトグラファーのセンスや技術を感じられる素晴らしい写真が揃っており
きっとお気に入りの1枚が見つかると思います。

遠出や帰省が難しいご時世柄、中原区のメッセージにもあるように
故郷や大切な人へ中原の風景を届けてみてはいかがでしょうか。

★ダウンロードはコチラから

【問合せ先】
中原区役所まちづくり推進部地域振興課
〒211-8570 川崎市中原区小杉町3-245
電話:044-744-3324/ファクス:044-744-3346
メールアドレス:65tisin@city.kawasaki.jp

夏期休業のお知らせ

弊社の夏期休業につきまして
ご案内いたします。

8月8日(土)より8月16日(日)まで
休業とさせていただきます。

休業中はご迷惑をお掛けすることもあるかと存じますが
何卒ご理解の程、お願い申し上げます。

タウンニュースの「ぶらり新丸子さんぽ」に原家の陣屋門と石碑が掲載されました

「タウンニュース中原区版(2020年7月24日号)」
「ぶらり新丸子さんぽ」に原家の陣屋門と石碑が掲載されました。

タウンニュース中原区版2020.07.24号(ぶらり新丸子さんぽ)(枠付)

ぶらり新丸子さんぽ

タウンニュースは週1回発行の無料地域情報紙で、
地域に密着した街のニュースや生活情報を発信しています。

今年に入り、中原区版では「ぶらり〇〇さんぽ」と銘打ち
中原区内のある地域のスポットを紹介するコーナーが度々設けられています。

今回「新丸子」の回にて、国登録有形文化財に登録された陣屋門(表門)と
門の左手側植込みに建てた石碑が掲載されました。

「中原街道」の石碑 

「中原街道」の石碑

陣屋門(表門)

陣屋門(表門)

なかなか遠出が難しいご時勢ではありますが
ご近所でも楽しめる情報が満載ですので、
是非今後も注目してみてください。

読売新聞に Kosugi 3rd Avenue が取り上げられました

読売新聞(2020 年 7 月 21 日朝刊/川崎版)に
“Kosugi 3rd Avenue”に関する記事が掲載されました。

読売新聞2020.07.21朝刊(抜粋)

読売新聞 2020 年 7 月 21 日朝刊

社長原が事業推進理事として携わってきた
武蔵小杉駅前の再開発事業 “Kosugi 3rd Avenue”

住む人や訪れた人の笑顔に溢れ、様々な世代の交流・文化が生まれる場所になって欲しい
という想いの下、“Smile”をテーマに新しい街づくりが進められ、
商業・公共公益・住宅の 3 機能一体型の複合施設として誕生しました。

記事では、約 20 年に渡り地元の地権者たちが中心となって進めてきた
プロジェクトの特徴にも触れています。

これまで弊社ニュースリリースでも
その経過や再開発組合のイベント情報等を発信してまいりましたが、
6 月に建物が完成、7 月 9 日(木)の竣工式を以て一部店舗もオープンしました。

今後公共施設や一部店舗、3 つの広場が順次先行オープンし、
グランドオープンは年末を予定しております。

広場側から見た K3A

広場側から見た K3A

今後も弊社では K3A 関連の情報を積極的に発信してまいりますので
どうぞお楽しみに!

Kosugi 3rd Avenue オフィシャルサイト
Kosugi 3rd Avenue The Residence(住宅)オフィシャルサイト

文化財の解説看板、文化財プレートを設置しました

原家の陣屋門・稲荷社に文化財登録に伴い
解説の看板とプレートを設置しました!

陣屋門と稲荷社は明治後期に建てられた建築物で、
旧母屋が川崎市立日本民家園に移築・復原された以降も当時の面影を今に伝える史産として
GATE SQUARE 小杉陣屋町(以下「GS」)に残されています。

建造物の歴史的価値だけでなく風致や景観の面でも活用されていることが評価され
令和元(2019)年12月に国登録有形文化財に登録
翌2(2020)年3月には登録プレートを受領しました。
(登録に関する記事は コチラ
(プレートに関する記事は コチラ

今回、文化財に登録された2つの建築物をより多くの方に知って頂きたいとの思いから
中原街道沿いから一般の方々にも見える形で解説の看板と文化財プレートを設置しました。

解説看板

解説看板は、元々陣屋門近くに石碑を立てていた場所に新設しました。
石碑そのものは4月上旬に撤去された後、GS分譲棟側の植栽工事にて
景石の一つとして活用いただきました。
(詳細は コチラ

解説看板(アップ)
陣屋門、稲荷社の建築的な概要や
かつてこの地にあった旧母屋についても触れています。

なお、文案作成にあたっては川崎市教育委員会文化財課様、
旧母屋移築先の民家園様、GS施工の竹中工務店担当者様等、
様々な専門家の皆さまにご助言を頂き、推敲を重ねさせていただきました。

ご入居者や地域の方は勿論、中原街道の散策、歴史散歩を楽しむ方等にも
是非この地の歴史と建築物について知っていただければと思います。

文化財プレート

文化財のプレートは陣屋門左手側の基礎石部分に掲示しました。
プレートが加わったことで、より一層重みが増したような気がします。

ちなみに、門の左右に連なる塀のことを「袖塀(そでへい)」と呼ぶそうですよ。

外観全体
お近くにお越しの際は是非
新しく設置された解説看板と文化財プレートをご覧になってみください!

THE RESIDENCE 小杉陣屋町の植栽改善工事が行われました

GATE SQUARE 小杉陣屋町(以下「GS」)は
「この地の精神を継承する」というフィロソフィーの下、
賃貸・分譲が融合する一体型のレジデンスとして2015年に誕生しました。

竣工以来、建物は異なるもののGS全体でのコミュニティー作りや
両棟で統一性を持った物件管理に努めています。

先日は弊社が管理する賃貸棟(THE KAHALA 小杉陣屋町)の植栽整備について
紹介させていただきましたが、
今回、分譲棟(THE RESIDENCE 小杉陣屋町)においても
外周の植栽や景観を改善するための工事が行われましたので、
工事風景と完成後の記録と共にご紹介いたします。

 

工事風景

竣工から約5年を経過し、分譲棟側では昨年夏頃より植栽の一部に生育不良が見られる等、
ランドスケープ(景観)の点から新しい課題が生まれていました。

そこで、ランドスケープの在り方、また今後の管理面からも再検討した結果、
フィロソフィーである「この地の精神を継承」という原点に立ち返り、
物件として、街としての価値を高めるための改善工事が行われることになりました。

工事は4月中旬、約10日間をかけて実施されました。
エントランス周りを中心に植栽の植替えと整備、新しい景石の設置等、
様々な職人さんの手により丁寧に進められました。

 

工事後の植栽・景観

それでは、改善工事を終えた分譲棟をご覧ください!

まずは分譲棟の顔であるエントランス前です。
原家旧母屋があった頃から大切に受け継いできたシラカシやウメ、サルスベリ等を活かしながら
外周を囲むようにタマリュウ(常緑の多年草)を巡らし、
その他数種の植栽を高さと色彩を調整しながら配置しました。

館内のアートラウンジからはより外の景色が、
また外側からもガラスのアートが綺麗に見えるようになりました。
行き交う人々の目を和ませ、より一層寛ぎと癒しを感じられる空間となりました。

交差点にかかる角部分は既存樹のシラカシ等を活かしながら新しい植栽も取り入れ、
緑の濃淡が美しく映える景観となりました。

また、前方に新しく設置された瓦敷きと景石は
原家旧母屋で実際に使われていた屋根瓦と陣屋門前に設置していた石碑を
今回の工事にあたり原家より寄贈させていただいたもので、
この地の歴史を感じさせるデザインとして生まれ変わりました。

*石碑跡地には国登録有形文化財に登録された
陣屋門と稲荷社に関する解説看板が設置される予定です。

北側道路側の外周も、既存樹を活用しながら整備を進めました。

より生育環境に適し日々の剪定・管理がしやすいということで、
グランドカバーとして重宝されるタマリュウやフッキソウ、
初夏の過ぎると綺麗なピンク色の花を咲かせるサツキを中心に植えられています。

同じく北側道路の駐車場入口付近はこれまでの植栽の生育状況等を考慮した結果、
白色の砂利敷きに変更され、他の植栽部分とのメリハリもつきすっきりした装いになりました。

外観
植栽も含めたランドスケープが美しく生まれ変わり、
お陰様で住民の皆さまにも大変好評いただいています。

今回の工事を通して改めてGSの精神を振り返り、
単なる美観維持だけでなく、この地の精神や歴史を大切に継承するという姿勢を
日々の管理運営で実践してくことの重要性を再認識しました。

今後もGSでは賃貸・分譲の両レジデンスで
物件と街の価値を高める様々な取り組みを行っていければと思います。

植栽の整備をしました(THE KAHALA 小杉陣屋町、KAHALA2)

原マネージメントが管理する物件、
特にTHE KAHALA 小杉陣屋町、KAHALA2では
物件を彩る植栽の管理にも日々力を入れています。

心地よい陽気の日も増え、植物たちが色づきだした4月中旬、
それぞれの物件で植栽の整備を行いました。

<THE KAHALA 小杉陣屋町>

陣屋門プラザのクスノキ

陣屋門プラザの西側に位置する大きなクスノキは
近くに電線が通っていたり、反対側にはバルコニーもあるため、
枝葉が伸びすぎて当たらないよう剪定をお願いしています。
*前回の剪定(2018年4月カラスの巣の撤去)に関する記事は コチラ

主に剪定する枝葉の位置は3~4階の高さに相当します。
木登りにも慣れた熟練の職人さんがするすると登っていきます。

高所作業は回数をこなして慣れるらしく、
個人差はありますが早い人では1年程でスムーズに作業ができるようになるそうです。

クスノキ作業003
作業で心得ていることは
人が登れるところまでに留めること
安全装備の確認・装着を徹底すること
とのこと。

また、写真のようにコーンを立てたり、
地上で確認する人員を置く等、周囲への注意も忘れません。

伸びていた枝葉は短くなりすっきりしました。

KAHALAガーデン(中庭)のヒマラヤ杉

豊かな植栽に囲まれたKAHALAガーデンでも
一際存在感を放っているヒマラヤ杉。

GATE SQUARE 小杉陣屋町のプロジェクトにより
原家旧屋敷から移植した植栽の内のひとつです。

こちらも枝葉が生長していたため、
風雨による散乱を防ぐための剪定を行いました。

枝葉の量はおよそ5-6割減ったとのこと。

剪定量が多く作業に約5時間を要しましたが、
非常にすっきりした装いとなり、
廊下にもより多くの陽が入るようになりました。

<KAHALA2>

エントランス前の植栽

エントランスから駐車場へと続く通路の脇には
フェンスをグリーンで飾ったスペースがあります。
竣工から約9年が経ち、生長した植物に合わせて支柱を新調しました。

IMG_9282
これまでは全て竹製の支柱を立てていましたが、
より耐久性の高い丸太(杉)を採用しました。
園芸用の丸太は防腐剤が入っていることもあり、
屋外でも8~9年はもつとのことです。

自転車通路

日光が入りづらく度々枯れに苦戦していた自転車通路脇の植込み部分。
植木屋さんのアドバイスも取り入れながら、
暗所でも管理しやすい「マホニアコンフューサ」という低木を植えました。

このマホニアコンフューサは、
GATE SQUARE 小杉陣屋町の分譲棟側のエントランス前に植えられていたものを、
植栽改善工事に伴い移植活用させました。
(植栽改善工事については別の記事でご紹介しますので、お楽しみに!)

冬場には小ぶりな黄色い花を咲かせるそうなので、
その時季が楽しみですね。

GW休業のお知らせ

弊社のゴールデンウィーク休業につきまして
ご案内いたします。

4月29日(水)より5月10日(日)まで
休業とさせていただきます。

休業中はご迷惑をお掛けすることもあるかと存じますが
何卒ご理解の程、お願い申し上げます。

川崎市教育委員会の文化財ページに陣屋門・稲荷社の紹介がアップされました

この度、原家の陣屋門・稲荷社の文化財登録について
川崎市教育委員会の文化財ページに
それぞれの紹介ページがアップされましたのでお知らせします。

原家の陣屋門と稲荷社は明治後期に建築されました。

旧母屋は平成3(1992)年に川崎市立日本民家園に移築・復原されましたが、
陣屋門と稲荷社は街の、そしてGATE SQUARE 小杉陣屋町の史産として
変わらずこの地に残されています。

建築物の歴史的な価値だけでなく、
地域の風致、景観の面でも活用されている点が評価され、
令和元(2019)年12月に国登録有形文化財に登録されました。
(登録に関するニュースは コチラ

既に官報や各種報道発表資料でも詳細は発表されていますが、
今回は川崎市教育委員会(文化財課)にて、
一般向けにより分かりやすく読みやすい文章にしてアップいただいたということです。

下記のリンクからご覧いただけますので、ぜひご一読ください!

・陣屋門については コチラ
・稲荷社については コチラ

また、「文化財さんぽ」のページでは、
今回追加された原家の陣屋門・稲荷社をはじめ、
川崎市内の様々な文化財が紹介されています。

ご近所、地元にはどのような文化財があるのか、
ぜひ探してみてください♪

・陣屋門・稲荷社のページは コチラ
・文化財さんぽ全体のページは コチラ

タウンニュースに原のインタビュー、文化財登録に関する記事が掲載されました(2020年4月3日号)

この度、社長の原がタウンニュース社のインタビュー取材を受け、
中原区版(2020年4月3日号)に掲載されました。

タウンニュース2020.04.03

今回は地元で活動・活躍する人物にスポットを当てた
『人物風土記』というコーナーで原のインタビューが掲載されています。

国登録有形文化財に登録された陣屋門(表門)と稲荷社については勿論、
幼少・学生時代のエピソード、これまでの歩みや趣味等、
様々なお話をさせていただきました。

また、文化財登録については届いたばかりのプレートと共に
別の記事で詳細が紹介されています。

中原区内の様々な施設にも配架されています。
是非ご覧になってみてください。
*『人物風土記』の記事はWEB版でもご覧いただけます。(コチラ

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う営業時間変更のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

この度、政府要請による新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組みの一環として、
下記の通り事務所営業時間を変更させていただきます。

・営業時間 平日 8:30 ~ 16:00

皆さまにはご不便ご迷惑をおかけいたしますが、
何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

文化財のプレートが届きました!

先日のニュースリリースでもお伝えの通り、
原家の陣屋門と稲荷社は令和元年12月に
国登録有形文化財に正式登録されました。
(詳細はコチラ

そしてこの度、登録有形文化財であることを示す登録プレートが
文化庁から文化財登録の窓口である川崎市教育委員会に届き、
3月19日(木)に当主の原へ渡されました。

★プレート

登録プレート

プレートの大きさはA4サイズ程。

見た目には分かり辛いかもしれませんが
砲金鋳物(銅と錫の合金)でできているためずっしりと重量があり、
文化財に登録されたことの重みも感じさせます。

今回は陣屋門と稲荷社、2つの建造物が登録されたため、
中央の登録番号が連番で記されています。

陣屋門の前でプレートを持つ当主原

陣屋門の前でプレートを持つ当主原

社員揃って記念撮影☆

社員揃って記念撮影☆

★ギャラリーアップ
プレートは早速ギャラリーに飾らせていただきました。
今後は陣屋門横への設置を計画しておりますのでそちらも是非お楽しみに♪
お近くにお越しの際は是非ギャラリーもご覧になってみてください。

この日は偶然にも某ツアー会社さんによる
歴史散歩ガイドの参加者の方々が江戸城があった虎ノ門から中原街道巡りをされており、
文化財に登録された陣屋門と稲荷社について当主から説明を受け、
登録プレートを手に取ったりと大変喜ばれていました。
また、先日リニューアルしたギャラリーを興味深そうに見学されていました。

また、原家旧母屋が移築・復原展示されている川崎市立日本民家園では
今回の文化財登録に関するパネルを先週より展示しているとのこと。

5月末頃までは展示予定とのことです。
こちらも是非観覧に訪れてみてはいかがでしょうか?
(民家園のアクセスについては コチラ

国登録有形文化財の登録は
川崎市においては4件目、中原区では初となるそうです。

今後も文化財に関するニュースやメディア情報を随時発信してまいりますので、
どうぞお楽しみに!

ギャラリーの展示替えをしました(文化財登録)

弊社の事務所エントランス横に設置しているギャラリーでは、
ご入居者様や地域の皆さまへの情報発信を目的に、
地域の歴史や地元イベントのご紹介、季節の飾りなど、
様々な内容の展示を随時展開しております。

(展示替え前)
リニューアル前

この度、原家の陣屋門と稲荷社が国登録有形文化財に登録されたことに伴い、
一部内容をリニューアルいたしました!
(文化財の登録答申については コチラ
(文化財の登録告示については コチラ

(設置の様子)

これまで小杉地区の古地図ボードを展示していたエリアは
GATE SQUARE 小杉陣屋町を象徴するえんじ色をベースに幕とパネルで装飾。
ギャラリースペースの色合いと調和させ、写真のパネルを新たに追加しました。
鬼瓦の展示スペースにもパネルを追加しております。

全体の水平具合やバランスを何度も確認、微調整を繰り返し、
設置を進めさせていただきました。

(展示替え後)
文化財登録
こちらがリニューアルした展示です!
原家の陣屋門と稲荷社の今昔を写真で振り返る内容となっています。
(古地図の展示は一旦お休み中ですが、来年復活予定ですのでお楽しみに!)

アレンジメント
季節毎に替えているアレンジメント
現在は春らしい桜を飾っています。
今後もシーズンに合わせて彩り豊かに更新してまいります♪

鬼瓦
陣屋門側に向いたスペースには、
かつて原家の旧屋敷で実際に使われていた鬼瓦を
GATE SQUARE 小杉陣屋町の竣工時より展示しています。

こちらには下部に黒地のシックな解説パネルを新しく設置しました。
家印の「イ」が刻印された鬼瓦は重厚感と歴史を感じさせます。

全景
「文化財登録」のテーマは今年いっぱい展示予定です。
お近くにお立ち寄りの際は是非ご覧になってみてください!

春の植栽が見頃を迎えています

暖かい春が待ち遠しい日が続いていますが、
皆さまいかがお過ごしでしょうか。

GATE SQUARE 小杉陣屋町では、
豊かな植栽の中で一足早く春の訪れを告げてくれる花が咲いていました。

陣屋門プラザ

陣屋門プラザの稲荷社近くには気品漂う白梅が花を咲かせていました。
ジンチョウゲも可愛らしいピンクの蕾と花弁を覗かせています。

KAHALAガーデン(中庭)

KAHALAガーデン東側には白梅とカンザン(バラ科サクラ目)のピンクが
優しい色合いで咲いていました。

早春に黄色い花を咲かせる「ヒイラギナンテン」も
綺麗に色づいていました。

水景周りにも多くの花々が咲いています。

ツツジ科の「エリカ」は鮮やかなピンクの色の小花を咲かせています。
賑やかさと華やかさを感じさせますが、お花一つ一つも可憐で個性があるのが特徴です。

「フキ」も白く小さな花を咲かせていました。
若い花茎が食材としても使われる「フキノトウ」と呼ばれます。

淡いピンク色が美しい「アセビ」もかわいらしい壺型の小花をつけており、
常緑のため1年中きれいな葉を楽しめるもポイントです。
ちなみに、漢字では「馬酔木」と表記しますが、
葉を食べた馬が酔っ払ったようにふらふらしてしまったことが由来だそうです。

KAHALAガーデンにはこの他にも季節毎に楽しめる多くの植栽、花々を植えています。
暖かく心地よい陽気の日も増えてきましたので、
是非美しい植栽からも春の訪れを感じていただければと思います。

新丸子路地裏のお店つまみぐいまつり 3月6日(金)~8日(日)

新丸子駅周辺の様々なお店を楽しめるイベント、
その名も「新丸子路地裏のお店つまみぐいまつり」
3/6(金)~8(日)に開催予定です。

パンフ

新丸子駅周辺の商店と住民の皆さんとの新しい出会いの促進を目的に、
飲食を始め様々なジャンルの30ものお店が、
3日間だけのスペシャルメニューを用意しています。

ワンコインを中心とした特別メニューが多いので、
気になっていたあの店やこの店を
正に「つまみぐい」感覚ではしごしながら楽しめます。

グッズ
対象のメニューやサービスを利用することで、
スタンプラリーのスタンプがもらえます。
(QRコードを専用アプリで読み取る方式です。詳しくはコチラ

スタンプ数によってイベントキャラクター「つまみさん」のオリジナルグッズが貰えます。
(5個で缶バッジ、10個でエコバッグ、15個でTシャツ)

弊社社長の原もよく訪れる「HanaCAFE nappa69」さん、
親子三代で地元に愛される和菓子屋「菓心 桔梗屋」さん、
川崎フロンターレファンが集う「SHIBA COFFEE」さん、
等々、魅力的なお店が目白押しです!

お近くにお住まいの方は勿論、
武蔵小杉や新丸子エリアが気になる方にもオススメですので、
是非色々なお店を巡って楽しい週末をお過ごしください♪

新丸子路地裏のお店つまみぐいまつり
日程:2020年3月6日(金)~8(日)
主催:新丸子路地裏連合
後援:川崎市
公式SNS:FacebookInstagram
*詳細は公式SNS等でもご確認ください。
*営業時間は店舗ごとに異なります。

マップ

マップ

川崎歴史ガイドパネルが新しくなりました

弊社原家の陣屋門と稲荷社が国登録有形文化財に登録されたことに伴い、
「川崎歴史ガイドパネル」の一部が新しくなりました。

「歴史ガイドパネル」とは・・・?

川崎市文化財団では歴史文化事業の一つとして、
川崎市内の史跡や遺産の数々を調査、記録、紹介する
「川崎歴史ガイド」という事業を展開しています。

その事業の一環として各名所・旧跡について概要や経緯等を記した
「歴史ガイドパネル」を現地に設置しており、
ルート案内のパンフレットも発行・頒布しています。
(川崎歴史ガイドについては コチラ
(中原街道パンフレットについては コチラ

歴史ガイドパネル
弊社原家の陣屋門前にもパネル(ルート案内図)の1つが設置されており、
中原街道沿いの各スポットや概要が分かるようになっています。

パネルの設置とパンフレットの初版は昭和59年(1984年)のこと。
現在までに施設の移転や長年の風雨により傷みが出ている部分等もあったため、
情報を最新化も含めて新しいものに交換することとなりました。

交換工事の様子

(2/14 取り外し工事)

固定ボルトを緩め、接着部分(糊)を落としてから板をずらします。
残りの糊も綺麗に削ぎ落して取り外しは完了です。

(2/18 取り付け工事)

新しい板面が完成し、元の支柱に取り付けます。
左右の長さが同じになるよう計測、位置を決めたら接着剤をつけます。
四つ角のカバーも新調され、とても綺麗になりました!

ちなみに、エポックなかはら前(武蔵中原駅前)のパネルも
陣屋門前のパネル同様交換工事を実施しました。
こちらも情報が更新され、板面も綺麗に生まれ変わっています。

中原街道沿いを散策する方も多いかと思いますが、
お近くをお通りの際は是非新しくなったパネルにもご注目ください!

古民家と日本酒の夕べ Vol.2(日本民家園) 3月21日(土)

日本民家園で日本酒を楽しめるイベントが
約3年振りに開催されます!

当日は信越の村エリアが参加者のために特別公開され、
民家園にある古民家の旧所在地ゆかりの地の蔵元から厳選された
日本酒(数種)とおつまみ等を楽しむことができます。

2017年11月に開催したVol.1はちょうど紅葉が色付き始めた時期と重なり、
幻想的な夜の景色の中で美味しいお酒やおつまみを楽しめたと大好評だったそう。

今回も桜の見頃が間近の3月下旬の開催ということで、
タイミングによっては夜桜を鑑賞しながらの花見酒を楽しめるかもしれませんね。

(前回の様子)
2017年Vol.1の様子

日本酒講座やお土産用品の販売なども予定されています。
歴史ある古民家に囲まれながら美味しいお酒を楽しめる貴重なイベントですので、
日本酒好きの方、美味しいお酒を開拓したい方、
是非ご参加されてみてはいかがでしょうか。

古民家と日本酒の夕べ Vol.2
日付:2020年3月21日(土)
時間:17:30~19:30(受付17:00~17:30)
会場:信越の村エリア
料金:3,000円
   (入園料、講座、日本酒の試飲とおつまみの試食を含む)
対象:20歳以上の方
   (未成年、妊娠中、授乳期の方は参加不可)
定員:先着100名
申込:事前予約制
   (2/20(木)9時~受付開始、定員に達し次第終了)
電話:044-922-2181
Web:https://ws.formzu.net/dist/S51157949/
*詳細はホームページでもご確認ください。

日本民家園
(神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-1)
日本民家園地図
<アクセス>
鉄道
・小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口から徒歩13分
・JR南武線「登戸駅」生田緑地口から徒歩25分
バス
・小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口バスターミナルより
 川崎市バス【溝19】おし沼経由「溝口駅南口」行き乗車
 ⇒「生田緑地入口」下車、徒歩3分
・南武線「武蔵溝ノ口駅」、東急田園都市線「溝ノ口駅」南口バスロータリーより
 川崎市バス【溝19】「生田緑地入口」経由「向丘遊園駅南口」行き乗車
 ⇒「生田緑地入口」下車、徒歩3分

2月9日(日)は初午です

2020年2月9日(日)は「初午(はつうま)」です。

「初午」とは2月に入って初めて迎える午(うま)の日のことを言い、
全国各地の稲荷神社で豊作、商売繁盛、開運、家内安全を祈願します。

お供えものとして一般的なのは
稲荷神のお使いといわれるキツネの好物の油揚げやそれを使ったいなり寿司ですが、
繭の形に作った「初午団子」や、栃木を中心に北関東では「しもつかれ」といった
地域独特の伝統食も見られます。

・初午団子 … 餅粉で繭の形に作った団子。初午で蚕の神様を祀る行事も行っていたことに由来する。
・しもつかれ … 鮭の頭と、鬼おろしですった大根やにんじん、油揚げ、大豆、酒粕と煮る煮つけ。

GATE SQUARE 小杉陣屋町の陣屋門プラザには
昨年国登録有形文化財に登録された原家の稲荷社があります。

毎年初午の日には油揚げ、米、塩、酒などをお供えしており、
伝統行事として大切に受け継がれています。

皆さまのお近くにも初午の行事が行われる神社があるかもしれませんので、
是非日本の伝統行事に触れてみてください。

陣屋門と稲荷社の文化財登録について

この度、原家の陣屋門と稲荷社が正式に国登録有形文化財に登録されたことに伴い、
文化庁発行の登録に関する書類を川崎市教育委員会様より受領しました。

*陣屋門、稲荷社とは・・・?
弊社原家の旧母屋が建築された明治期に建てられた総ケヤキ造りの建築物です。
旧母屋は平成3年(1991年)に川崎市立日本民家園に移築・復原されましたが、
陣屋門は中原街道沿いで、稲荷社はGATE SQUARE 小杉陣屋町の敷地内で、
変わらず原家と小杉の地を見守り、往時の姿を偲ばせています。

(GATE SQUARE 小杉陣屋町 HPより)

登録証のほか、文部科学大臣と川崎市教育委員会よりそれぞれ登録通知も頂きました。
今年度、川崎市内で登録に至ったのは陣屋門・稲荷社の1件とのこと。

書類の受領にあたり、文化財課のご担当者様からは
「建築物として遺しているだけでなく、
風致や景観など街づくりにも貢献している点が素晴らしい」
と大変嬉しいお言葉を頂きました。

改めて歴史的な価値を実感するとともに、
今後一層多くの皆さまに愛される史産となってくれればと思います。

(川崎市提供画像)

(2019年12月官報告示に関する記事は コチラ
(2019年7月答申に関する記事は コチラ

今後もメディア情報などを随時お知らせしてまいりますので、
どうぞお楽しみに!

多摩川凧揚げと雑煮大会 1月12日(日)

皆さま年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか。
特にお正月は季節の料理やイベントを楽しまれ方も多いかと思います。

多摩川で様々なイベントを企画・運営している「とどろき水辺の楽校」では、
1月12日(日)に凧揚げとお雑煮を楽しめるイベントを開催予定です。

オリジナルの和凧作りは勿論
広い河川敷で自作の凧を飛ばした後は
温かい具沢山お雑煮が待っています。

お正月らしさを感じられる楽しいイベントですので、
是非お気軽にご参加ください。

(昨年開催の様子)

多摩川凧揚げと雑煮大会
*事前申込みは不要です。
*小学生3年生以下は保護者同伴必須です。
日 時:2020年1月12日(日) 10:00~13:00
費 用:200円(保険代として)
持ち物:各自箸・椀・皿・敷物・飲み物、防寒具
服 装:長袖、長ズボン(暖かい格好で)
場 所:多摩川とどろき河川敷
とどろき水辺の楽校

年末年始休業のお知らせ

弊社の年末年始休業につきまして
ご案内いたします。

2019年12月28日(土)より2020年1月5日(日)まで
休業とさせていただきます。

休業中はご迷惑をお掛けすることもあるかと存じますが
何卒ご理解の程、お願い申し上げます。

GSクリスマス交流会を開催しました

さわやかな冬晴れとなった12月15日(日)、
GATE SQUARE 小杉陣屋町ではご入居の皆さまを対象とした
クリスマス交流会を開催いたしました。

GATE SQUAREは中庭を囲むように賃貸棟と分譲棟の2棟が配置しています。
普段は境界で区切られていますが、
合同開催のイベント等を通じ両棟が交流を深めることで、
一体感を持った充実したコミュニティづくりを目指しています。

今年は賃貸棟管理会社である弊社が主催となり、
2年振りの開催に向け心をこめて準備をさせていただきました。

IMG_1568
まず、弊社社長の原より主催者挨拶と、
乾杯の発声をさせていただきました。

ドリンクやお菓子、フードをお供に
楽しい歓談の時間を過ごされている姿があちこちで見られました。

また、当日はお天気にも恵まれ、水景前と中庭を開放しました。
美しい水景と豊かな植栽を楽しまれる方が多くいらっしゃり、
大変好評だったようです。

DSC09806
普段は閉まっている賃貸・分譲棟間の非常扉も
この日はクリスマス仕様に飾り付けて開放され、
両棟を自由に行き来できるようなっています。

分譲棟のガーデンサロンはお子様用のスペースを設け、
親子でまったり寛げるような空間も作らせていただきました。

アートラウンジにはサンタさんとトナカイさんが登場!
クリスマスプレゼントを受け取ったら笑顔で記念撮影です。
見ているこちらも心が癒されほっこりしますね♪

次は、いよいよお楽しみのプレゼント抽選会です!

今年は弊社がサポートカンパニーを務める川崎フロンターレのペア観戦チケット、
クリスマスディナーを彩るにはもってこいの骨付きハム、
今回フードをご提供頂いたハナカフェnappa69様(新丸子駅から徒歩3分)のディナーチケット等を
ご用意させていただきました。

IMG_1630
特賞は住まいと暮らしに役立つ「水回りお掃除セット」です。

抽選番号を読み上げるたびに歓声が上がり、
会場は大盛り上がりで熱気に包まれました。
当選された皆さま、おめでとうございます!

IMG_1635
最後は分譲棟管理組合の理事、理事長様にご挨拶を頂きました。
来年は分譲棟主催という形にはなりますが、
GS全体で楽しいイベントとなるよう協力していけたらと思います。

最後は社長原よりご参加の皆様へ
GSのロゴがプリントされたオリジナルの折り畳み傘を
ノベルティとしてお渡しさせていただきました。

歓談中や最後のご挨拶では
「(2年ぶりということで)久しぶりに開催されて嬉しかった」
「子どももとても楽しそうだった」等、
嬉しいお言葉を数多く頂きました。

クリスマスの雰囲気を感じるだけでなく、
普段はなかなか入ることができない賃貸・分譲それぞれの敷地内を楽しんだり、
垣根を越えた交流のお時間をお過ごしされている姿が印象的でした。

開催にあたりご協力いただいた皆さま、
そしてご参加いただいたご入居者の皆さま、
本当にありがとうございました!

今後もGS全体で交流を深められる機会、
笑顔溢れるイベントを創ってまいりますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

Merry Xmas

紅葉、落ち葉の季節を迎えて

今年も残すところあと僅か…。
日に日に寒さが厳しくなる中、
植栽豊かなGATE SQUARE 小杉陣屋町では
11月から12月にかけて美しい紅葉を楽しむことができました。

陣屋門プラザ

陣屋門プラザのイロハモミジは半月程ですっかり紅葉が進み、
見事な紅色に染まりました。
お天気の良い日は一層青空に映えて美しさが際立ちます。

KAHALAガーデン(中庭)

ヒマラヤ杉やシラカシを中心に色づき、
美しい緑との対比がまた目を惹きます。

ラウンジから水景越しに臨む紅葉も、
特に朝陽の指す時間帯が幻想的で美しかったです。

紅葉の季節が進むと落ち葉の量も大変多くなります。
定期的に植木屋さんによるメンテナンスのほか、
日々の清掃は管理員さんが丁寧に行ってくださっています。

特に落ち葉の量が多い日はほうきだけでは取り切れないため、
専用の送風器具(ブロワー)を使った清掃も適宜行っております。

こちらは今年新調したものですが、
排気で一か所に集め、吸気で袋に貯めることができるという
大変便利な機能がついており、大活躍でした!

植栽が豊富な分、落ち葉も多く大変ではありますが、
このような日々の地道な管理により、美しい中庭の景色を保てるよう努めています。

来年もまた綺麗な紅葉が楽しめるといいですね。

陣屋門と稲荷社が国登録有形文化財(建造物)に登録されたことが告示されました!

この度、弊社原家の陣屋門(表門)と稲荷社が、
新たに国登録有形文化財(建造物)へ正式に登録されたことが
12月5日(木)付の官報で告示されました!

令和元年12月5日官報号外第177号(P20, 22)

陣屋門と稲荷社はGATE SQUARE 小杉陣屋町の中で
一般にも開放されている「陣屋門プラザ」に位置しています。

母屋と同じく明治時代に建てられた当時の面影を今に伝えつつ、
地域や往来の方々の集い、憩いの場としての役割も果たしています。

7月に登録の答申を受けた際には、このような歴史的建造物としての価値だけでなく、
地域の風致、景観の面でも活用されている点が評価されたことをお伝えしておりました。
(答申に関する記事は コチラ

今回の官報告示によって正式に登録された形となり、
川崎市における国登録有形文化財(建造物)は4件目となるそうです。

今後もメディア情報等について随時更新してまいりますので、
どうぞお楽しみに!

クリスマス飾り、ふろん太くんを設置しました

気温の低い日が増え、冬の訪れを感じるようになりましたね。

本格的な冬を控え、原マネージメントの管理物件では
毎年恒例のクリスマス飾りを各物件に設置しました。

THE KAHALA 小杉陣屋町

THEクリスマスツリー
エントランスには恒例のクリスマスツリーを
飾らせていただきました。
夜になるとより一層雰囲気が感じられます。

THEモール
暖炉周りには赤いモールを飾りました。
暖炉の灯りとクリスマスらしい装飾が
入居者、来訪者を温かく迎えてくれます。

KAHALA2

K2クリスマスツリー
KAHALA2でもエントランスにはツリーを飾っております。
こちらには頂点に黄色いリボンをつけているのが特徴です。

早速入居者の方から「とても華やかで綺麗ですね」とお声を頂き、
ご家族で写真撮影をされている方もいらっしゃいました。

K2リース
エントランス後方のカウンターでは
リースもお出迎えしてくれます。

K2モール
プライベートラウンジ横の棚には
KAHALA2の雰囲気にマッチしたゴールドのモールをあしらいました。

KAHALA WEST1, EAST1, EAST2

新丸子駅近辺の3物件には
掲示板にミニリースを飾らせていただきました。
お出かけ、お帰りの際に目を留めて頂けたら嬉しいです♪

事務所ギャラリー

当社エントランス横のギャラリーにも
かわいらしいミニツリーとマツの緑が映えるモールを飾っております。

ご入居の皆さまだけでなく、地域の方々にも
季節の装飾をお楽しみいただければと思います。

 

ふろん太くん(単体)
また、この度ギャラリーに
新しい仲間が加わりましたのでご紹介します♪

今回お目見えしたのは地元川崎を代表するサッカーチーム
「川崎フロンターレ」のマスコットキャラクター「ふろん太くん」

弊社は川崎フロンターレのサポートカンパニーを務めており、
地元川崎、そしてフロンターレをますます応援したいという想いから
この度ふろん太くんの人形パネルを設置しました。

ふろん太くん(吹き出しパネル)
ふろん太くんと組み合わせる吹き出しもセットです。
どのような組み合わせが出るかはその時のお楽しみです♪

ふろん太くん(ギャラリー全体)
ふろん太くんが加わり、ギャラリーが一層賑やかになりました。
ギャラリー前の道は地域や散策の方だけでなく、
等々力スタジアムで試合がある日はサポーターの方もたくさん通るので、
多くの方にお楽しみいただければと思います。

夜の民家園~古民家ともみじのライトアップ~(日本民家園) 11月23日(土・祝)・24(日)

11月22日頃は二十四節気の「小雪(しょうせつ)」にあたり、
わずかながら雪が降り始める頃、
本格的な冬の到来がすぐそこに感じられる時季とされています。

関東も寒い日もが多くなり、
秋の深まりと冬の訪れを感じさせる季節になりました。

日本民家園ではこの時期恒例のライトアップ企画
「夜の民家園~古民家ともみじのライトアップ~」を開催予定です。

古民家と紅葉のライトアップ
秋の紅葉は春の桜とはまた異なる幻想的な姿を見せてくれます。
提灯の貸出しも行われますので、
より風情を感じながら園内を楽しむことができます。
(貸出しは16:30開始、先着100名、雨天中止)

古民家では火を焚いた囲炉裏を囲みながら寛ぐことができ、
夜なべ仕事の実演などの催し物もありますので、
秋の夜空に映える古民家と紅葉の姿を楽しみに足をお運びください。

夜なべ仕事(糸紡ぎ)
◇夜なべ仕事の実演
わら・竹細工の製作や糸紡ぎなど、
夜なべ仕事の実演をお楽しみいただけます。
日程:11月23日(土・祝)・24日(日)
時間:17:00~19:45
会場:旧江向家ほか

ライトアップ
◇廻り灯篭
日程:11月23日(土・祝)・24日(日)
時間:17:00~19:45
会場:旧井岡家

古民家カフェ
◇古民家カフェ(特別営業)
旧原家の座敷で薫り高いこだわりのコーヒーや紅茶、
手作りのお菓子などを楽しめます。
日程:11月23日(土・祝)・24日(日)
時間:15:00~19:30 (ラストオーダー 19:00)
会場:旧原家

夜の民家園~古民家ともみじのライトアップ~
日付:2019年11月23日(土・祝)・24(日)
時間:9:30~20:00
*ライトアップは日没頃より。最終入園19:45。
*詳細はホームページでもご確認ください。
*気候条件等によっては紅葉をお楽しみいただけない場合もあります。
*混雑が予想されるため、下記については終日利用できません
 三脚や一脚などの撮影機材、イーゼル、椅子、レジャーシートなど

日本民家園
(神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-1)
日本民家園地図
<アクセス>
鉄道
・小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口から徒歩13分
・JR南武線「登戸駅」生田緑地口から徒歩25分
バス
・小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口バスターミナルより
 川崎市バス【溝19】おし沼経由「溝口駅南口」行き乗車
 ⇒「生田緑地入口」下車、徒歩3分
・南武線「武蔵溝ノ口駅」、東急田園都市線「溝ノ口駅」南口バスロータリーより
 川崎市バス【溝19】「生田緑地入口」経由「向丘遊園駅南口」行き乗車
 ⇒「生田緑地入口」下車、徒歩3分

GATE SQUARE 小杉陣屋町が『マンションと暮せば by SUUMO』の取材を受けました

住宅情報サイト『SUUMO』が提供するウェブメディア
『マンションと暮せば by SUUMO』でGATE SQUARE 小杉陣屋町が特集され、
社長の原がインタビューを受けました。
(記事は コチラ

マンションと暮せば by SUUMO
『マンションと暮せば by SUUMO』
マンションに特化した住まい・暮らしに関するウェブメディアで、
住民、地域、作り手など、様々な人の想いやこだわりが詰まった
個性あふれるマンションの魅力を伝えています。

記事トップ画面
今回、GATE SQUARE 小杉陣屋町は
歴史背景、開発コンセプト、建築物としての造形の美しさ、賃貸と分譲の融合、
また、再開発が進む武蔵小杉地区において好対照をなしている等、
高価値を備えた集合住宅として注目され取材を受けることとなりました。

インタビュー部分(社長写真)
今回は建物だけでなく、GATE SQUARE 小杉陣屋町の開発を手掛けた
社長原のインタビュー記事も掲載されています。

原家の旧母屋の歴史、GATE SQUARE 小杉陣屋町のフィロソフィーやコンセプト、
そして地域や入居者の方がどのような生活を送り、
GATE SQUARE 小杉陣屋町がどのような存在となって欲しいか、
その想いを語っています。

物件内の写真も数多く掲載されていますので、
是非ご覧になってみてください。
(記事は コチラ

GATE SQUARE小杉陣屋町の水景ガラスを清掃しました

GATE SQUARE小杉陣屋町は
水と緑をテーマにした中庭「KAHALAガーデン」を設えています。

四季折々の植栽、原家敷地内にあった既存石を活かしたアート等が
豊かな自然や土地の歴史を感じさせてくれる癒しの空間となっており、
ご入居様がより快適に楽しんでいただけるよう
植栽整備やベンチの設置等、様々な工夫をしてまいりました。

(2019年6月造園作業についての記事は コチラ
(2019年7月ベンチ設置についての記事は コチラ

竣工当時の水景(2015年)

竣工当時の水景(2015年)

「水景」も中庭の大切なランドスケープ、また大きな魅力の一つ。
館内のラウンジからの視界に拡がる水とガラスのアートは潤いを与えてくれ、
お天気の良い日は特に爽やかで美しい景色が楽しめます。

管理員さんによる水景清掃

管理員さんによる水景清掃

弊社ではこの水景の維持管理のため日々清掃やメンテナンスを行っています。

今回、ガラス本来の美しさを取り戻し、また今後のメンテナンスにも活かすべく、
まず水質調査によって汚れの原因を調査し、
その結果を基に専門の清掃業者による一斉清掃を実施しました。

今回の清掃は、はめこまれたガラスを1枚ずつ外して磨くという手法をとっています。
地道ではありますが確実に汚れを落とし、
ガラス本来の輝きと美しさを取り戻すべく丁寧に進めていきます。

IMG_1295

綺麗になった水景ガラス

清掃は約3週間に渡って行われ、
水景のガラスは大変明るく綺麗になりました!

この後は一部補修を行い、試運転を経て
11月中旬頃水景の運転を再開させていただく予定です。

間もなく美しい水の景色を見られるようになりますので、
楽しみにお待ちください♪

民家園まつり(日本民家園) 11月3日(日・祝)

朝夕の気温も下がり、秋の深まりを感じる今日この頃です。

日本民家園では毎年恒例となりました、
文化の日の『民家園まつり』が開催されます。

旧船越の舞台で行われる歌舞伎公演を始め、
むかしあそび体験や伝統工芸の展示会等、
さまざまな催しが一度に楽しめ、1年で最も盛り上がります!

当日は入園料が無料!
ご家族、ご友人お誘いあわせの上、是非遊びに行ってみてください♪
(一部施設、体験は有料です)

忠臣蔵七段目
◇歌舞伎公演
演目:「仮名手本忠臣蔵 七段目 衹園一力茶屋の場」
   (かなでほんちゅうしんぐら ななだんめ ぎおんいちりきちゃやのば)
時間:13:30~14:30(開場13:00)
場所:旧船越の舞台
出演:秋川歌舞伎あきる野座
観覧券:当日11:00から民家園正門前にて先着順で販売
    着席券300枚、1人2枚まで
    一般1,000円、学生・こども500円
*仮名手本忠臣蔵の概要は下記もご参照ください。
 http://enmokudb.kabuki.ne.jp/repertoire/2071

むかしあそび
◇むかしあそび
民具着用体験、輪投げ、竹馬、竹ぼっくりなど。
時間:11:00~12:00、13:00~15:00
場所:わらのおもちゃ 旧作田家
   竹のおもちゃ  旧北村家

民技会作品展示会
◇民技会作品展示会
時間:開園中見学自由
場所:わら細工作品 旧太田家
   機織り作品  旧原家

民技会作品頒布会
◇民技会作品頒布会
時間:開園中見学自由
場所:わら・竹細工 旧太田家
   機織り    旧鈴木家

伝統技術実演
◇伝統技術実演
堂宮彫刻、陶芸の実演。一部体験(実費)もあります。
時間:10:30~15:00 *材料がなくなり次第終了。
料金:体験コーナーは有料

古民家カフェ
また、この期間は古民家カフェも特別営業します。
旧原家の座敷で、こだわりのコーヒーや紅茶、ケーキ、焼き菓子などを楽しめますので、
イベントと併せて是非チェックしてみてください。
(古民家カフェの詳細は コチラ

民家園まつり
日時:2019年11月3日(日・祝) 9:30~16:30
*雨天時縮小

日本民家園
(神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-1)
日本民家園地図
<アクセス>
鉄道
・小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口から徒歩13分
・JR南武線「登戸駅」生田緑地口から徒歩25分
バス
・小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口バスターミナルより
 川崎市バス【溝19】おし沼経由「溝口駅南口」行き乗車
 ⇒「生田緑地入口」下車、徒歩3分
・南武線「武蔵溝ノ口駅」、東急田園都市線「溝ノ口駅」南口バスロータリーより
 川崎市バス【溝19】「生田緑地入口」経由「向丘遊園駅南口」行き乗車
 ⇒「生田緑地入口」下車、徒歩3分

10/17テレビ朝日『あなたの駅前物語』で武蔵小杉駅が放送されます!

テレビ朝日の『あなたの駅前物語』という番組で
武蔵小杉駅が放送されます。

あなたの駅前物語

『あなたの駅前物語』はその名の通り、
駅前を舞台にそこに関わる人々や街の物語を辿り、
街のぬくもりと共に「ニッポンの良さ・味わい」への思いを呼び起こす番組です。

駅前とその周辺に集う人々、育んできた営み、刻んできた歴史。
番組ではそれらにスポットを当てています。

あなたの駅前物語武蔵小杉

明日10月17日放送回では武蔵小杉駅が放送されます。
再開発が進み目覚ましい発展を遂げている駅前だけでなく、
かつて小杉の中心地であった中原街道の景観等も紹介されます。
是非皆さまもご視聴ください!

◆番 組 名:テレビ朝日系『あなたの駅前物語』
◆放送日時:2019年10月17日(木)23:25~
      *BS朝日 同週土曜18:55~

コスギフェスタ2019(こすぎコアパーク) 10月19日(土)・20日(日)

武蔵小杉が一年で最も盛り上がるといっても過言ではない
「コスギフェスタ」の季節がやってきました。

コスギフェスタ2019

今年で9回目を迎えるコスギフェスタは
武蔵小杉地区の住民交流や地域活性化を目的に始まったイベントです。

武蔵小杉駅前の「こすぎコアパーク」をメイン会場とし、
住民、町会、企業など、正に地域全体が一体となって
様々なイベントを企画、開催します。

今回は数あるプログラムの中から
3つのイベントをご紹介します♪

◆ハロウィンイベント 10月19日(土)
コスギフェスタ2019ハロウィン
・トリックオアトリート スタンプラリー 10:00~
・ハロウィン仮装コンテスト 13:00~
・仮装パレート 13:45~

すっかりおなじみとなったハロウィンイベントは

スタンプラリーでは武蔵小杉駅周辺の各ラリーポイントを回ると
お菓子がもらえます。

また熱気に包まれる仮装コンテストは
年々クオリティが高まっていると評判で、
子どもから大人まで工夫と情熱のこもった仮装がお目見えします。

コンテストの後は、大西学園中等部・高等部の吹奏楽部を先頭に
仮装をした参加者が駅前をパレードします。
是非沿道からも声援を送ってあげてください。

◆Kosugi 3rd Avenue LABO PAINTING LABO 10月19日(土)
K3A LABO CAFE PAINTING LABO
日時:10月19日(土) 13:30~15:30
場所:Kosugi 3rd Avenue LABO(川崎市中原区小杉町3-600)

弊社社長の原が事業推進理事として携わっている
武蔵小杉駅前の再開発事業 ” Kosugi 3rd Avenue”

その再開発組合が企画・運営を行うKosugi 3rd Avenue LABO CAFÉは、
「生まれ変わる街のにぎわいを開業前から感じてほしい」という想いの下、
「地域のえんがわ活動」 の拠点として2018年7月にオープンしました。

これまで数々のワークショップ、イベントを開催し、
またカフェとして営業するなど、憩い、集いの場になっていましたが、
解体工事に伴いコスギフェスタ1日目の10/19 (土) をもって閉店することに。

今回は最終日を迎えるLABOから地域への感謝を込めて、
店舗の外壁を使ったペインティングイベント「PAINTING LABO」が開催されます!

テーマは子供たちが描く「夢の広場」

カフェ跡地は2020年夏に新しい駅前広場「South Park」に生まれ変わります。
完成する新しい駅前広場とその賑わいを想像しながら、
この日だけのアート体験を是非楽しみましょう♪

◆コスギカレーフェス/カレーEXPO 10月20日(日)
コスギフェスタ2019カレーフェス
・コスギカレーEXPO 10月20日(日) 11:00~19:00
・スタンプラリー 10月14日(月・祝)~31日(木)

コスギフェスタ2019と同時開催されるカレーの祭典「コスギカレーフェス2019」
今年も豪華賞品が当たるスタンプラリーは勿論、
コスギフェスタ2日目の10月20日(日)には
武蔵小杉エリアでカレーメニューを誇る選ばれし11店舗の屋台が一堂に会します!

毎年大人気の食べ比べセットを始め、
この日限定のスペシャルメニューの販売や
豪華ステージ企画も盛りだくさんです!

スタンプラリー制覇を目指し、色々なお店の味にチャレンジしながら
カレー漬けの毎日を送るのもよしです!

今回は注目のイベントにスポットを当ててみましたが、
その他様々な地域、企業、団体によるイベントが企画されています。
秋の楽しい思い出に是非足を運んでみてください!

コスギフェスタ2019
*詳細はHP、ガイドブック等でもご確認ください。
*一部イベントは事前申し込み制、または定員が設けられています。
参加希望の方はお早めにお申し込みください。
日程:10月19日(土)・20(日)
場所:こすぎコアパーク

会場マップ

会場マップ

スケジュール

スケジュール

ハロウィンの飾りつけをしました

10月に入り少しずつ涼しくなってきましたね。

街中ではハロウィンの飾りや商品をよく見かけるようになりましたが、
原マネージメントの管理物件でも
ハロウィンを感じるオブジェを飾っています。

THE KAHALA 小杉陣屋町のラウンジには
ジャック・オ・ランタンやゴーストをあしらったカボチャのオブジェと
「HALLOWEEN」のガーランドを設置しました。

KAHALA2では掲示板にはリース、
受付カウンターにジャック・オ・ランタンの置物が飾ってあり、
入居者、ご来客の皆さまをお迎えしてくれます。

2019.10ハロウィン W1(リース)
WEST1にもエントランスの掲示板にリースを飾りました。
双子のかぼちゃがかわいらしいですね。

ちなみに「ハロウィン」はどのようなイベントかご存知ですか?

元々は「万聖節」というキリスト教の諸聖人に祈りを捧げる祝日の
前夜祭として行われるヨーロッパ発祥のお祭りです。

秋の収穫をお祝いし、先祖の霊をお迎えするとともに悪霊を追い払うお祭りで、
日本でいう「お盆」にあたる行事になります。

日本では10月31日がハロウィンとして定着していますが、
正確な期間は10月31日~11月2日だそう。
キリスト教では、この期間にこの世に戻ってくる死者の魂を慰める行事を行うそうです。

川崎ではハロウィンイベントの先駆けである“KAWASAKI Halloween”を始め、
各地で様々なイベントが企画されています。
皆さんも色んな場所でハロウィンをお楽しみください♪

川崎市制記念多摩川花火大会 10月5日(土)

今年も多摩川の花火大会の季節が近づいてまいりました。

過去001
川崎市制記念多摩川花火大会は川崎市制施行を記念し、
1929年に始まった歴史ある花火大会です。

毎年20万人近い観光客が訪れ、
対岸の世田谷区「たまがわ花火大会」との同時開催で
より一層華やかで賑わい溢れるイベントとなっています。

今年度は第78回を数え、昨年同様10月の開催となります。
約6,000発の花火が夜空を彩ります。

ちなみに、打上花火にも様々な種類があり、
会場のアナウンス等では「スターマイン」という言葉を耳にすることも多いですよね、

「スターマイン」とはいくつもの花火を組み合わせ、
連続的に打ち上げる「速射連発花火」のことです。

また中心から外へ広がる典型的な打ち上げ花火には、
「菊」(長い尾を引く)と「牡丹」(尾を引かず芯が入る)の大きく2種類があります。
正に「花火」ですね!

花火
秋の夜空に輝く花火を観に
是非ご家族、ご友人とご一緒にお出かけしてみてください♪

川崎市制記念多摩川花火大会
日時:10月5日(土)*荒天中止
開場16:00~、打上18:00~19:00
場所:多摩川河川敷
   (川崎会場/高津区)
    東急田園都市線「二子新地駅ら徒歩15分
    東急田園都市線「高津駅」徒歩25分
   (上野毛会場/世田谷区)
    東急大井町線「上野毛駅」徒歩8分
    東急田園都市線「二子玉川駅」徒歩9分
*当日は交通規制があります。
*詳細はHP等でもご確認ください。
地図

タウンニュース社の取材を受けました(2019年9月20日号)

この度、社長の原がタウンニュース社のインタビュー取材を受け、
中原区版(2019年9月20日号)に掲載されました。

★記事

今年7月に原家の表門(陣屋門)と稲荷社は
国の登録有形文化財の答申を受けました。

これに関し、建築物そのものだけでなく、
歴史を継承した空間、街づくりについて取材したいとのお話を頂き、
社長の原がインタビューを受けました。

当日はお天気にも恵まれ、実際に敷地内をご案内しながら
原家の旧母屋の歴史、GATE SQUARE小杉陣屋町のフィロソフィー、
そしてリニューアルしたギャラリーについても紹介させていただきました。
(ギャラリーの詳細は コチラ

中原区内の様々な施設にも配架されていますので、
是非ご覧ください。
*こちらの記事はWEB版でもご覧いただけます。(コチラ

ギャラリーの展示替えをしました

全体
当社エントランス横のギャラリーでは、
現在原家で所蔵していた昭和6年発行の古地図を用い、
小杉地区や原家の歴史に関する写真・資料の展示や
再開発地域に関する情報発信をしています。

この度、皆さまにより分かりやすく楽しくご覧いただけるよう、
一部展示替えをさせていただきました。
(*2019年6月リニューアル当初の展示については コチラ

古地図ボード

古地図ボード

原家で所蔵していた小杉地区の古地図を使ったボードでは
中原街道、鉄道、再開発エリアの建物などの
地図上の位置関係が分かるようになっています。

変貌する小杉の街を古地図に照らし合わせ、
昭和初期の風景に想いを馳せてみては如何でしょうか。

新設したパネル

新設したパネル

新設したパネルでは、原家と旧母屋についての歴史、
GATE SQUARE 小杉陣屋町に込めた想いを綴っています。
小杉の地の歴史や記憶を大切に継承し伝えていきたいという
フィロソフィーを感じていただければと思います。

解説パネル(家印)

解説パネル(屋号イシバシについて)

同じ名字が集まることが多かった当時の人々は
互いを屋号で呼び合う習慣がありました。

このパネルでは原家の屋号「イシバシ」、
そして家印である「〇イ」の由来について説明しています。

ちなみにこの瓦は、原家の旧母屋が昭和63年に民家園に移築された以降も
敷地に残った貴重な鬼瓦です。

コスモスのアレンジメント

コスモスのアレンジメント

現在は秋の訪れに合わせコスモスのアレジンメントを飾っております。
今後も四季折々の展示物を更新予定です。


中原街道沿いの史跡や巡りやウォーキングを楽しむ方々を始め、
9/15(日)には小杉神社例大祭の神酒所としてお神輿をお迎えした際に
休憩の傍らギャラリーを熱心に見学される方もいらっしゃいました。

このギャラリーが設置されている「陣屋門プラザ」は
GATE SQUARE 小杉陣屋町の数ある施設の中でも
入居者だけでなく地域の方々にも一般開放されているエリアです。

原家の旧母屋があった頃の表門であった陣屋門、
御祭神を祀った稲荷社、御神木を始めとした既存樹など、
原家の敷地にあった貴重な史産を残し、
歴史を大切に継承した街づくりへと活かしています。


今後も小杉の歴史に触れ、楽しく学べるコンテンツを
定期的に更新してまいりますのでどうぞお楽しみに!

小杉神社例大祭が開催されました 9月15日(日)

9月14日(土)、15日(日)は待ちに待った小杉神社例大祭でした!

GATE SQUARE 小杉陣屋町の陣屋門プラザでは今年も神酒所となり、
本宮にあたる9月15日(日)にお神輿と担ぎ手の皆さまをお迎えしました。

IMG_0902
昨年に引き続き、今年も「神酒所」ののぼりを立てました。
GATE SQUARE 小杉陣屋町のロゴをあしらったオリジナルののぼりです。

IMG_0905
原マネージメント社員、関係者の皆さまで記念の1枚。
さあ、準備は万端です!

中原街道のカギの道方面から、
まずは大きな太鼓が乗った台車がやってきました!
その後ろに「小杉神社」の旗を持った先導、
そして軽快なお囃子を奏でる車両が続きます。

IMG_0942
遂にお神輿です!
総重量約1トンもの大きなお神輿が
「オイサー、オイサー」の掛け声とともにやってきます。

陣屋門前の交差点で曲がってきたお神輿は
担ぎ手の方々の絶妙なバランス感覚により前後の方向転換をします。
側で見るとその大きさに圧倒されます!

恒例の梨 40 個、麦茶、缶ビール、子供の為のアイスキャンデー等、
炎天下の渡御でお疲れの皆さまにとって暫しの休憩に、
と社員総出で精一杯おもてなしをさせて頂きました。
お陰様で大人から子供まで、大きな賑わいの中ご盛況を頂きました!

IMG_0995
最後は社長の原が拍子木を打ち、出発の合図を送ります。

IMG_1005
渡御の立ち寄り時間を終え、
お神輿は次の神酒所へと向かいます。

陣屋門プラザの神酒所には
今年も地域の方や入居者など、多くの方にお集まりいただき、
大変賑やかで楽しい雰囲気でお神輿を迎えることができました。

暑い日差しも照る中ご参加いただいた皆さま、
本当にありがとうございました。

IMG_0968
また来年も楽しみにしております!

お月見デー「民家園と科学館で十五夜を楽しもう!」(日本民家園) 9 月 13 日(金)

猛暑も落ち着き、時折涼しい風も感じられる季節となりました。
今回は日本民家園で開催される「お月見デー」をご紹介します。

お月見

2019年の十五夜は9月13日(金)です。
日本民家園では開園時間を延長して
夜の民家園と中秋の名月を満喫できるイベントを開催します。

また、かわさき宙と緑の科学館とのコラボ企画として
十五夜飾りの解説や月の観察会等を開催予定です。
科学館内でも「十五夜特別プラネタリム(夜間投影)」が行われ、
お月見の歴史や伝統を学び、秋の夜空を存分に楽しめそうですね

十五夜の展示
◇十五夜トーク
民家園と科学館の職員がそれぞれの観点から、
十五夜にまつわるお話をします。
時間:17:00~(約20分)
場所:旧佐々木家
協力:かわさき宙(そら)と緑の科学館

月の観察
◇民家園で月観察
クレーターの凹凸が見えるほど高性能な望遠鏡で
中秋の名月を観察することができます。
時間:18:00~19:30
場所:旧江向家、旧山田家前
*雨天・曇天中止

◇昔の灯り体験
囲炉裏の火を頼りに生活していた、昔の夜の明るさを体験いただけます。
時間:17:30~19:15
場所:未定

◇年中行事展示「十五夜」
中秋の名月を祝い、お団子、里芋、柿などを、
各家で飾られていた方法で再現します。
時間:開園中見学自由
場所:旧原家、旧井岡家、旧三澤家、旧佐々木家

◇伊那のほおずき提灯展示
三澤家のふるさと伊那市の鉾持神社の例祭の宵祭りを再現し、
初めて赤い提灯が展示されます。
祭り囃子を聴きながら、宵祭りの雰囲気を楽しめます。
時間:開園中見学自由
場所:旧三澤家

プリント
ちなみに国立天文台によると、
十五夜当日は南東の方角に月が見える予想となっています。
良いお天気になるといいですね。

是非当日は風情ある秋の夜空を楽しみください。

お月見デー「民家園と科学館で十五夜を楽しもう!」
日時:2019年9月13日(金) 17:00~20:00
   (最終入園19:45まで)
*雨天時縮小

日本民家園
(神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-1)
日本民家園地図
<アクセス>
鉄道
・小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口から徒歩13分
・JR南武線「登戸駅」生田緑地口から徒歩25分
バス
・小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口バスターミナルより
 川崎市バス【溝19】おし沼経由「溝口駅南口」行き乗車
 ⇒「生田緑地入口」下車、徒歩3分
・南武線「武蔵溝ノ口駅」、東急田園都市線「溝ノ口駅」南口バスロータリーより
 川崎市バス【溝19】「生田緑地入口」経由「向丘遊園駅南口」行き乗車
 ⇒「生田緑地入口」下車、徒歩3分

小杉神社例大祭が開催されます! 9月14日(土)・15日(日)

今年も小杉神社例大祭の季節が近づいてまいりました!

★例大祭ポスター

小杉神社は等々力緑地の南側に隣接し、
天照大御神(あまてらすおおみかみ)と日本武尊(やまとたけるのみこと)を祀っている
歴史ある神社です。

例大祭は毎年9月の上旬、
小杉御殿町や小杉町等他の町内会との協力の下開催され、
お神輿は1日をかけて武蔵小杉の街を練り歩きます。

小杉陣屋町一丁目町会は神輿の「花棒(はなぼう)」を担当しますが、
これは神輿をメインに支えている台棒のうち真ん中の一番長い棒の前の部分を指し、
渡御列の中では一番目立つ注目の場所です。

GATE SQUARE 小杉陣屋町の陣屋門プラザでは
今年も神酒所となって神輿の担ぎ手の休憩場所としてご協力させていただき、
季節の果物やお酒、ジュースなどを準備しております。
(10:30~10:50予定)

地元のお祭りの熱気を感じられる楽しいイベントですので、
ご入居者様、ご近所の皆さまお誘いあわせの上
ぜひお集まりください。

◇昨年の様子

見事なお神輿が街を練り歩きます

見事なお神輿が街を練り歩きます

社長の原もお神輿を担がせていただきました

社長の原もお神輿を担がせていただきました

*2018年の様子は コチラ からもご覧いただけます。

◇小杉例大祭 ご案内
日 程:9月15日(日)
時 間:宮出し 午前8:00
    宮入り 午後5:00
場 所:GATE SQUARE 小杉陣屋町の陣屋門プラザ
    (中原区小杉陣屋町1-15-20)
    *順路図では「⑤原正人宅」となります。
    *10:30~10:50を予定しています。
小杉神社例大祭 神輿順路案内

◇神輿の担ぎ方講習
日 時:9月8日(日) 18:00~
場 所:陣屋一丁目町会会館
    (中原区小杉陣屋町1-14-11)

夏期休業のお知らせ

弊社の夏期休業につきまして
ご案内いたします。

8月10日(土)より8月18日(日)まで
休業とさせていただきます。

休業中はご迷惑をお掛けすることもあるかと存じますが
何卒ご理解の程、お願い申し上げます。

納涼民家園-水であそぼう!-(日本民家園) 8月18日(日)

長く続いた梅雨が明け、夏らしい日差しが日に日に強くなっていますね。
各地で猛暑が続いているようなので、熱中症には気を付けましょう!

今回は夏休みにぴったり、
緑豊かな生田緑地をまるごと楽しめる「生田サマーミュージアム」より、
日本民家園のイベント「納涼民家園-水であそぼう!-」をご紹介します。


生田緑地サマーミュージアム

生田緑地(川崎市麻生区)では8月18日(日)
生田緑地最大のイベント「サマーミュージアム」を開催します。

日本民家園、かわさき宙と緑の科学館、岡本太郎美術館が
ひとつの“ミュージアム”となって様々な体験イベントが催され、
周辺施設でもスタンプラリーや当日限定ショップの出店等、
様々なコラボ企画が目白押しです。
(各施設のイベント詳細はHP等でもご確認ください)

日本民家園では水を使った遊びや縁日等、
夏らしさと涼を感じられるイベントが企画されています。

夏休みの楽しい思い出に、
ぜひご家族、ご友人とお出かけしてみてください。

洗濯板で洗濯体験
◇水であそぼう!
打ち水、井戸からの水汲み、洗濯板で洗濯などの体験や、
水鉄砲、竹製の水車などを使った水遊びができます。
時間:13:00~16:30
場所:佐々木家周辺


◇蚊帳体験
虫を除け、夏の眠りに欠かせなかった蚊帳。
中に入ってごろ寝体験ができます。
時間:13:00~16:30
場所:佐々木家


◇日本各地の風鈴展示
素材、形、音色の異なる色々な風鈴が楽しめます。
時間:開園中見学自由
場所:各古民家軒下

◇こども縁日
懐かしい駄菓子や縁日らしい遊びを
射的、輪投げ、釣り堀などのゲームコーナーもあります。
参加費:100円
時間:11:00~16:30 *駄菓子、一部ゲームはなくなり次第終了
場所:旧原家前・本館横

◇「麦酒処 民家園」
民家園に縁のある場所から個性的な地ビールが集合します。
今年はお持ち帰りが可能になり、おつまみもご用意しています。
時間:11:00~18:00
場所:本館横
*数に限りがあるため早めにお越しください。

納涼民家園-水であそぼう!-
日時:2019年8月18日(日) 9:30~18:00
*浴衣、甚平着用の方は入場料が無料になります。

日本民家園
(神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-1)
日本民家園地図
<アクセス>
鉄道
・小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口から徒歩13分
・JR南武線「登戸駅」生田緑地口から徒歩25分
バス
・小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口バスターミナルより
 川崎市バス【溝19】おし沼経由「溝口駅南口」行き乗車
 ⇒「生田緑地入口」下車、徒歩3分
・南武線「武蔵溝ノ口駅」、東急田園都市線「溝ノ口駅」南口バスロータリーより
 川崎市バス【溝19】「生田緑地入口」経由「向丘遊園駅南口」行き乗車
 ⇒「生田緑地入口」下車、徒歩3分

陣屋門と稲荷社が国登録有形文化財(建造物)への登録の答申を受けました!

大変嬉しいニュースが入ってまいりました!

この度、弊社原家の陣屋門(表門)と稲荷社が、
7月19日(金)に開催された国の文化審議会において、
新たに国登録有形文化財(建造物)に登録するよう文部科学大臣に答申されました!

川崎市報道発表資料

川崎市報道発表資料

神奈川新聞記事 (2019年7月20日)

神奈川新聞記事
(2019年7月20日)

原家の陣屋門と稲荷社はかつてこの地にあった母屋と同じく明治時代に建てられました。
母屋は現在日本民家園に移築・復元されていますが、
門はGATE SQUARE 小杉陣屋町のシンボルとして、
また稲荷社も原家や地域を見守ってきた大切な存在として
この地に残っています。

今回2つの建造物は、歴史的建造物としての価値だけでなく、
地域の風致、景観の面でも活用されている点が評価されたものであるとのことです。
(川崎市発表の資料は コチラ

以前、専門家や文化財課の方が調査に訪れた際に、
解放された陣屋門を通行する方々や稲荷社に手を合わせに来る地域の方々を見て、
昔ながらの姿を残しながら人々に親しまれている様子から
「活きた建築物」と仰っていただいていたことが思い出されます。

官報の告示をもって正式な登録となるため、
現在はいわゆる「内定」の状態ではありますが、
正式な登録の時期を迎えましたら、改めてお知らせさせていただきます。

陣屋門、稲荷社の今後に乞うご期待です!

中庭、陣屋門プラザ、ドッグパークにベンチを設置しました

GATE SQUARE 小杉陣屋町には
ご入居者様や地域の方々の交流、憩いの場として楽しめるよう
様々な施設があります。

2015年の竣工当時より中庭とドッグパークにはベンチを設置していましたが、
皆さまにより長く安全にご利用いただけるよう
中庭とドッグパークは既存ベンチの入れ替えを、
また陣屋門プラザには新たにベンチを設置させていただきました。

★IMG_0372

中庭


お天気の良い日は中庭の植栽に囲まれながら
読書やお喋りを楽しむことができます。

陣屋門プラザ

陣屋門プラザ


お散歩途中の方の休憩場所、ご近所の方との交流の場として
大いに活躍してくれそうです。

ドッグパーク

ドッグパーク


当マンションはペットをお連れの方も快適に過ごせ、
ペットを介したご入居者様同士のコミュニティ形成を目指し、
入居者様専用のドッグパークを敷地内に擁しております。

こちらにも中庭、陣屋門プラザのベンチと同じ材質で
ピクニックベンチをリニューアルしました。

現在は季節柄生憎の空模様が続いていますが、
梅雨が明けて天気が良くなれば、
日陰で涼みながら飼い主さんどうしが楽しく過ごせる
素敵な憩いの場になってくれるでしょう。

今回設置した全てのベンチは廃プラスチックを利用した再生木材なので、
環境にも配慮したエコな材料でもあります。

新しく生まれ変わったベンチが多くのご入居者様、地域の方々に利用され
お楽しみいただければと思います。

小杉陣屋町一丁目盆踊り大会 7月19日(金)・20日(土)

小杉陣屋町一丁目町会では、今年も恒例の盆踊りが開催されます。

2019.07.19-20盆踊り大会チラシ

お馴染みのかき氷やわたあめ、ヨーヨーつり等、
楽しい露店がたくさん揃っています。

当日は盆踊りには欠かせないやぐらや提灯も設置されますので、
賑やかな地元のお祭りにぜひ参加してみてください。

盆踊りのやぐら(2017年)

盆踊りのやぐら(2017年)

◇陣屋一丁目盆踊り大会
日 程:2019年7月19日(金)・20(土) ※雨天時は土日に順延
時 間:18:00~ 露店チケット販売開始
    18:30~ 露店開店(20:30閉店)
    19:00~ 盆踊り開始
    21:00  閉会
場 所:小杉陣屋町公園(三角公園)
   (小杉陣屋町1-33-4)
*混雑緩和と事故防止のため歩いてお越しください。

尚、同じく7月19日(金)・20(土)は
武蔵小杉駅前のこすぎコアパークで「こすぎ盆踊り大会」も開催されますので、
両イベントをはしごしてみるのも楽しいかもしれません。
(*詳細はチラシ、HP等でもご確認ください)

世界遺産五箇山、七夕イベント(日本民家園) 7月6日(土)~7日(日)

梅雨に入り蒸し暑い日が続いていますが
皆さまいかがお過ごしでしょうか。

今回は七夕シーズンに日本民家園で開催される
「世界遺産五箇山がやってくる!」と
「民家園の七夕‐飾り作りと飾りつけ体験‐」について
ご紹介します。

世界遺産五箇山がやってくる! 7月6日(土)~7日(日)

民家園に移築されている合掌造り3棟のふるさと、
富山県南砺市五箇山の文化を紹介するイベントが2日間に渡って開催されます。
現地の方々によるお話し会、民謡披露、伝統工芸の実演、物産販売など、
魅力いっぱいのイベントです。

南砺の遺産物語
◇南砺の遺産物語(世界遺産、日本遺産、ユネスコ無形文化遺産)
南砺にある「3つの遺産」について、地元の方がお話しします。
料金:300円(お茶・お菓子付き、入園料別)
定員:各回先着30名
場所:旧野原家
物語:①12:00~12:30
   「ユネスコ無形文化遺産 城端曳山祭のお話」
   ②14:00~14:30
   「日本遺産井波 井波彫刻のお話」
   ③15:00~15:30
   「世界遺産五箇山 合掌造りのお話」

五箇山民謡「こきりこ」
◇五箇山民謡「こきりこ」披露
日本最古と言われる民謡「こきりこ」が鑑賞できます。
公演の最後はお客様と演者、全員で輪踊りを楽しみます。
時間:11:00~11:30、13:00~13:30、16:00~16:30
場所:旧佐々木家


◇井波彫刻の実演と体験
井波彫刻師による彫刻の実演と、簡単な彫刻体験です。
料金:木のぐい飲み 2,000円(税込、入園料別)
コースター 1,000円(税込、入園料別)
定員:各日20名
時間:10:00~16:00 *随時受付
場所:旧山田家

民家園の七夕‐飾り作りと飾りつけ体験‐ 7月7日(日)

民家園では恒例の七夕イベントが今年も開催!
短冊に願い事を書いたり、七夕飾りを作ったり、
そして完成したものは旧佐々木家の庭の大きな笹竹に飾ることができます。


◇飾り作りと飾りつけ体験、短冊書き
時間:11:00~14:00
会場:旧北村家


◇七夕のはた織り体験
時間:11:00~12:00、13:00~15:00
対象:小学3年生~中学生 先着50名
会場:旧原家

世界遺産五箇山を楽しみ、また七夕の風情を感じられる貴重な機会ですので、
ご家族ご友人皆さまで是非訪れてみてください。
*各イベントについての詳細はHP等でもご確認ください。
 世界遺産五箇山がやってくる!
 民家園の七夕‐飾り作りと飾りつけ体験‐

日本民家園
(神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-1)
日本民家園地図
<アクセス>
鉄道
・小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口から徒歩13分
・JR南武線「登戸駅」生田緑地口から徒歩25分
バス
・小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口バスターミナルより
 川崎市バス【溝19】おし沼経由「溝口駅南口」行き乗車
 ⇒「生田緑地入口」下車、徒歩3分
・南武線「武蔵溝ノ口駅」、東急田園都市線「溝ノ口駅」南口バスロータリーより
 川崎市バス【溝19】「生田緑地入口」経由「向丘遊園駅南口」行き乗車
 ⇒「生田緑地入口」下車、徒歩3分

GS消防訓練を実施しました 6月29日(土)

GATE SQUARE小杉陣屋町では
ご入居様を対象とした消防訓練を毎年実施しています。

賃貸棟・分譲棟が合同で実施することで、
ご入居者様どうしの交流と防災意識の向上を図っています。

今年は6月29日(土)に実施させていただき、
全体で30名の皆さまにご参加いただきました。

避難訓練

火事や地震の時は停電によるエレベーター停止を想定し、
2階以上の方は階段を利用して下ります。

今回は雨のため、集合後は弊社社員誘導の下、
分譲棟ガーデンサロンへ移動しました。

消火訓練

お天気が回復したので分譲棟エントランス前にて
水消火器を使った消火訓練を実施しました。

最初に消火活動の心得についての説明です。
火災を発見した時、消火活動も勿論大切ですが、
まず「火事だー!」と大きな声で叫んで周りに知らせることが重要です。

次に、消火活動を行います。
コーンを炎と想定して水消火器を当てますがポイントは当てる位置。
炎の上側ではなく、下側(火元)に狙いを定めるのがコツです。

お子様も保護者の方と一緒に一生懸命挑戦していました。

防災クイズ

最後は防災クイズです!
賃貸棟・分譲棟の入居者様混合で3チームに分かれ、
チーム対抗で防災に関するクイズに挑戦です。


各チームが一生懸命考え知恵を出し合っていました。
今回出されたクイズの中からいくつかご紹介します。

Q:子どもの火遊び火災で最も使用された道具は?
A:ライター
*第2位は「マッチ」だそうです。
 火の出る器具の取り扱い、保管場所には十分注意しましょう。

Q:災害が起こった時に必要な物資はマンション等の施設では備蓄されているので、
 自分たちで準備しなくてもよい。○か、×か?
A:×
*備蓄品は最低限準備されているものであり、
 災害の規模や家族・個人の状況によって必要な物資の種類も数も変わります。
 非常食や避難道具等、自分たちでもしっかり準備しましょう。

Q:建築基準法で定められている予備電源の最小稼働時間は何分?
A:30分

Q:東京消防庁のマスコットキャラクターの名前は?
A:キュータくん

キュータくん

胸のロゴマーク「119」がポイントです

一時はお天気が心配されましたが、
終始和やかに、また活発な雰囲気の中で行われました。

つい先日も山形県沖で震度6の地震が発生しましたが、
いつ起こるのが分からないのが災害です。

もしもの時に落ち着いて対応できるよう、
今後も防災の意識と知識を高めていきましょう。

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

ギャラリー展示をリニューアルしました(原家と小杉)

当社エントランス横のギャラリーは
ご入居者様や地域の皆さまへの情報発信を目的に、
地域の歴史や地元イベントのご紹介、季節の飾りの展示など、
様々な内容の展示を展開してまいりました。

先日までは川崎市民の母なる川「多摩川」の歴史を扱うパネルを展示していましたが、
この度「原家と小杉」と題し、小杉地区の変遷や地域と共に歩んできた原家の歴史を
地図と写真で辿る新しい展示へとリニューアルしました。

※「多摩川の記憶② こころを潤す母なる川」に関する記事は コチラ から。

メインのパネルは原家で所蔵していた小杉地区の古地図を活用し、
中原街道、多摩川、鉄道、そして現在再開発が進む駅周辺の地域など、
名物スポットや武蔵小杉の現況を地図上に表示しています。

地図の周りにはテーマを設けていくつかの解説パネルを展示しています。
リニューアル後初のテーマは「原家の歴史」
屋号「イシバシ」の由来、割烹料亭「陣屋荘」、銀行の創業について
写真と解説文で紹介しています。

今後この解説パネルのテーマと内容は定期的に更新される予定です。
どのような内容が出てくるかは・・・お楽しみに♪

当社社長 原が事業推進理事として携わっている小杉3丁目の再開発事業
通称”Kosugi 3rd Avenue”は「住居・商業・公共公益」が一体となった複合施設で、
東京五輪開催と同じ2020年に竣工予定です。
こちらのパネルも竣工、また竣工後のイベント等に合わせて更新予定です。

今回、今までにない展示物としてQRコード付の人形パネルを設置しました。
人形のデザインはKosugi 3rd Avenueの広告にも使われている人物イラストです。

左の人形は原マネージメント、右の人形は”Kosugi 3rd Avenue”のサイトに
それぞれアクセスできるようになっていますので、
ぜひお手持ちの携帯でQRコードを読み取ってみてください。

古地図パネルのスペースの下には、今の季節にぴったりのアジサイを添えました。
今後こちらには季節を感じられる植物や展示物を定期的に設置します。

羽田猛先生の書籍『中原街道と武蔵小杉~写真で綴る周辺の今昔~』も
引き続き展示しております。
当社にて販売も行っていますので、ご興味のある方は事務所までお声がけください。

★IMG_0261
新しくなったギャラリーには早速見学の方が訪れていました。
ご近所にお住まいの方からは「懐かしい」という声が聞かれ、
また散策で訪れた方は小杉の今昔に触れ熱心に解説を読まれる姿が見られました。

★IMG_0285
今後も解説パネルや季節の展示は定期的に更新予定です。
皆さまが小杉の地、歴史に楽しく触れられる内容を企画しておりますので、
お近くにお越しの際は是非ご覧になってみてください。

多摩川カヌー教室 8月4日(日)

神奈川県と東京都の県境を流れる多摩川
川崎市民にとっては河川敷でのスポーツ活動や花火大会鑑賞など
老若男女問わず親しまれているレジャースポットです。

そんな多摩川でカヌー体験ができることをご存知でしょうか。
今回はとどろき水辺の楽校が8月に開催予定の
多摩川カヌー教室についてご紹介します。

「とどろき水辺の楽校」は
水辺における子どもの遊び、学び、体験活動を企画運営するNPO法人で、
地域学校や行政、民間企業とも連携しながら毎年多様な活動を展開しています。

10月恒例の丸子の渡し体験やお正月を盛り上げる凧揚げ、
野鳥や昆虫の観察、清掃活動など、
多摩川により知り親しむイベントが数多く行われています。

中でも夏休み時期に開催されるカヌー教室はいつも大人気。
カヌーの技術習得はもちろん、
水上事故に備えた救急法に関する知識の習得を目的とした安全講習もあり、
多摩川の自然を身近に感じ、親しく関わっていくことを目的に開催されています。

(過去の様子)

ここでカヌーに関する豆知識・・・

「カヌー」に似た語で「カヤック」という語もあり区別がつきにくいかと思いますが、
そもそも「カヌー」は「カナディアンカヌー」と「カヤック」に大別されます。

これらは水をかくブレードがついたパドルによって種類分けされますが、
「カヌー」はパドルが片方に付く「シングルブレードパドル」のため、
パドルを左右に持ち替えて進行方向を調整することになります。
対して「カヤック」は両端に付く「ダブルブレードパドル」なので、
持ち替えをすることなく漕ぐことが可能です。

水上でバランスをとりながら漕ぐのは一見難しそうですが、
慣れてくれば方向転換や後進もできるようになるそうですよ。

近年日本人選手の活躍も目覚ましく注目のスポーツとなったカヌーですが、
地元の自然に触れながら珍しいスポーツも体験できる良い機会ですので、
夏休みの楽しい思い出作りに是非参加してみてください。

多摩川カヌー教室
*詳細は市政だより、HP等でもご確認ください。
主催:川崎市、特定非営利活動法人とどろき水辺
日時:2019年8月4日(日)
   午前の部 08:50~11:50
   午後の部 12:30~15:30
   *各部定員50名、申込多数の場合は抽選
   *荒天または増水の場合は中止。代替日はありません。
対象:市内在住・在勤・在学の小学5年生以上の方で水に顔をつけても平気な人
費用:1,000円/人(当日徴収)
申込:①往復ハガキ
    川崎市市民文化局市民スポーツ教室宛に郵送
   ②インターネット申込
    川崎市ホームページから応募フォームに必要事項を入力
   *応募締切 7月8日(月)
場所:多摩川丸子橋付近
   <アクセス>東急各線「新丸子駅」から徒歩15分

花と緑の風景~KAHALAガーデン(中庭)、陣屋門プラザ~

桜から緑の季節へと移り替わり早ふた月。
梅雨入りで生憎のお天気の日もありますが、
晴れた日は草花の芽吹き、美しさが映える季節となりました。

今回はGATE SQARE 小杉陣屋町を彩る
KAHALAガーデン(中庭)、陣屋門プラザの植栽についてご紹介します。

KAHALAガーデン

水と緑をテーマに、四季折々の植栽、
またガラスや石のアートで彩られたKAHALAガーデン。

弊社原家に元々あった木や石も使っており、
歴史や時間の流れを感じさせてくれるだけでなく、
緑溢れる空間が安らぎと癒しを与えてくれます。

陣屋門プラザ

中原街道沿いで長きに渡り多くの人々を迎え入れてきた
旧原家屋敷の表門「陣屋門」

そこから名付けられた陣屋門プラザには
入居者様は勿論、地域の方々にも開かれた場所となっています。

原家とこの土地を見守り続けてきたお社に参拝する方、
小杉の歴史を扱った事務所ギャラリーを興味深く見学する方、
ワンちゃんのお散歩コースとして楽しまれる方、等々
人々が歴史や繋がりを感じられる憩いの場となっています。

そのKAHALAガーデンと陣屋門プラザでは、
お天気に恵まれた4月の半ばに植栽整備と造園作業を実施しました。

四季折々の美しい草花や植栽を設え、
ご入居の皆さまは勿論、近隣にお住まいの方々にとっても
快適で豊かな空間の提供を目指し、グレードアップをしました。

KAHALAガーデン ガラス水景アートの上、石のアート部分は
土や石を掘り返して綺麗に整えた後、高さや色に変化をつけた草花をあしらいました。
お花の色がよりビビッドになり、鮮やかと華やかさが増しました。

ガラス水景アートのすぐ上の植え込みもリニューアル
現在はまだ葉が伸び途中ですが、
夏に向けてぐんぐん背が高くなるそうです。

東側奥のカツラの周りも葉の位置や量のバランスを考慮し、
植え替えを行いました。
天気が良い日は涼やかな木陰が現れ、
近くのベンチでゆったり過ごしたくなります。

陣屋門プラザにも四季の移ろいを感じられる草花を配植しました。
梅雨入りした現在は可憐な紫陽花が見頃を迎えています。

また、各所に散りばめられたサツキの花が見頃を迎えると
鮮やかなピンク色が陣屋門プラザを囲み、
自然と明るい気持ちにさせてくれます。

今回お世話になったのは、創立から50年以上を数える
稲治造園工務所(いなじぞうえんこうむしょ)さんです。

庭園のほか、公共施設や教育施設の緑化、
ゴルフ場や各種競技場の造成、メンテナンスなど、
幅広い分野で造園を提供しています。

職人さんたちの丁寧で心のこもった仕事により、
KAHALAガーデンと陣屋門プラザは更に快適で、自然豊かな美しい空間へと変わりました。

今後は陣屋門プラザに新たにベンチを設置する予定です。
季節折々の彩りを見せてくれる植栽を愛でるのは勿論、
ご家族やご友人との集い、憩いの場として是非お立ち寄りください。

今後も快適でより良い住まいと環境の創出に励んでまいります。

古民家カフェ『陣屋荘』に行ってきました♪

夏を彷彿とさせるような陽気が続いていますね。

今回、緑が美しく映える季節を迎えた民家園で営業中の
「古民家カフェ 陣屋荘」に訪れましたので、
その様子をレポートさせていただきます♪

弊社原家の歴史は約400年前の江戸時代に遡り、
肥料商に始まった様々な商い、不動産、銀行など、
地域に根差した事業を展開していました。

昭和20~30年代は当時の母屋で「陣屋荘」の名で割烹料亭を経営しており、
結婚式場として使われる等、人々の集いの場として賑わっていたそうです。

その母屋は、原家8代目当主 文次郎の時に建設が開始され、
明治24年の着工から22年もの歳月をかけて完成したものです。

長らく原家の住居として中原街道沿いにその姿が見られましたが、
平成3年に川崎市立日本民家園(川崎市多摩区)に移築・復原されています。

総ケヤキ造り2階建ての豪壮な民家は
当時の高度な木造建築技術が注ぎ込まれており、
川崎市重要歴史記念物に指定されました。(平成13年)

民家園に移築された現在は旧母屋の座敷を使ったカフェ「陣屋荘」が
春と秋の年2回期間限定で営業をしています。

★IMG_0136
民家園の入口・受付も古民家風の造りをしています。

原家母屋は入口を入ってすぐのところ
訪問した5月末は青々とした緑も見事な時期でした。

お座敷に上がると「商い中」と書かれた看板が、
奥には注文カウンターがあり、かわいいこけしがお出迎えです。

★IMG_0153
この日のメニューはこちら
コーヒーは勿論、ジュースや手作りのスイーツも好評なので
どれにしようか迷ってしまいますね。

★IMG_0158
メニューが出てくるのを待っている間にお座敷を紹介しましょう。
原家の1階は奥に進むにつれて天井が高くなっており、
これは格式の高さを表しているそうです。

訪問した時期は障子を簾戸に替えた「夏座敷」の仕様になっており、
風通しが良く涼しい雰囲気を醸し出すだけでなく、
合間から見える景色をより趣あるものとして見せてくれます。

ホットコーヒー(左)はお好みによって浅煎り、深淹りが選べます。
冷やしコーヒー(右)は、何と氷もコーヒーで作っており、
溶けても味が薄まらず最後まで美味しくいただけるそうです。

スイーツはお団子、レアチーズケーキ、チョコレートケーキを注文。
お皿も古民家の雰囲気に合ったものが使われておりおしゃれですね。
どれもやさしい甘さで癒されました♪

★IMG_0161
スイーツ用のフォークを入れていたのは鶴の形をした手作りの袋です
折り紙が得意な方が1枚1枚丁寧に折って作られたそうで、
繊細な手仕事が伝わってきます。

地域の方や歴史愛好家の方、地元小学生が体験学習で訪れるだけでなく、
近年は海外の観光客の方々も多くいらっしゃるそう。
訪問日も多くの方が出入りしており、
内装や座敷からの景色等を熱心に撮影されている方もいました。

★IMG_0138
今後も古民家カフェ陣屋荘は定期的に営業されますが、
2019春季は6月までの営業となります。

皆さまも是非伝統と温もりに包まれたお座敷で
素敵なコーヒータイムをお過ごしください。

古民家カフェ陣屋荘
*詳細はHP等でもご確認ください。
・期間:4月26日(金)~6月30日(日)
    *期間中の金曜日午後と土日祝日に営業。
・時間:金曜日 13:00~16:30
    土・日・祝日 11:00~16:30
    *ラストオーダー16:00

日本民家園
(神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-1)
日本民家園アクセス地図
<アクセス>
鉄道
・小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口から徒歩13分
・JR南武線「登戸駅」生田緑地口から徒歩25分
バス
・小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口バスターミナルより
 川崎市バス【溝19】おし沼経由「溝口駅南口」行き乗車
 ⇒「生田緑地入口」下車、徒歩3分
・南武線「武蔵溝ノ口駅」、東急田園都市線「溝ノ口駅」南口バスロータリーより
 川崎市バス【溝19】「生田緑地入口」経由「向丘遊園駅南口」行き乗車
 ⇒「生田緑地入口」下車、徒歩3分

KAHALA2で消防訓練を実施しました

早いもので2019年も6月となりました。
爽やかな晴天に恵まれた6月1日(土)、
KAHALA2ではご入居者様を対象とした消防訓練を行いました。

★IMG_0169
まずは1階駐輪場前に集合です。
停電等による閉じ込め回避のため、エレベーターは使わず階段を使って下ります。

★IMG_0172
次に、訓練用の水消火器を使い、
火に見立てた絵に向かって噴射します。
消火器は思いの外噴射の力が強いので、
落ち着いて狙いを定めて火元に向けるのがコツです。

★IMG_0175
消火器の使い方について積極的なご質問が出ていました。
火事の時は初期消火が何よりも重要ですが、
火の大きさや場所によっては自分だけで何とかしようとせず、
消防署へ速やかな連絡をすることも大切とのこと。

★IMG_0176
ホースの使い方についてもレクチャーいただきました。
写真は1人でも使用できるタイプのものです。

また、建物内のどこに消火器や消火栓があるか意外と知らない…
というお声もあり、設置している場所についてもお知らせさせていただきました。
(消火器も消火栓も共用廊下にありますので是非ご確認を!)

勿論何も起きないのが一番ではありますが、
災害はいつどこで発生するか分かりません。

避難経路や避難場所の確認、消火設備の確認等、
もしもの時に適切な行動ができるよう、防災意識を高めてまいりましょう。

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

尚、THE KAHALA 小杉陣屋町の消防訓練は
6月29日(土)10時からとなります。
多くの皆さまのご参加をお待ちしております。
(詳細はマンション掲示板のお知らせをご確認ください)

消防訓練のお知らせ 6月29日(土)

GATE SQUARE小杉陣屋町では
今年もご入居者様を対象とした消防訓練を実施いたします。

当日は避難訓練、消火訓練の体験、
また防災に関するクイズが行われます。

防災について楽しく学び、
入居者の皆さまとの交流の場ともなりますので、
多くの皆さまにご参加いただければと思います。
*詳細はマンション掲示板のお知らせをご確認ください。

◇消防訓練◇
日 程:2019年6月29日(土)10時開始
    *1時間程度を予定しております。
内 容:避難訓練、消火訓練
    防災に関するクイズ

◇昨年の様子◇

水消火器による消火訓練ではお子様も大活躍♪

水消火器による消火訓練ではお子様も大活躍♪


防災用品販売会を実施しました。

防災用品販売会を実施しました。


皆さまのご参加をお待ちしております!

コスギんピックが開催されます! 6月2日(日)

今年もコスギんピックの季節がやってきました!

2019.06.02コスギんピック冊子(表紙)

武蔵小杉駅周辺地域の交流や賑わい創出を目的とした
地域の運動会「コスギんピック」

今年も子どもの部、大人の部それぞれで恒例の玉入れと綱引きを、
そして最後は観客も含めた大玉送りが行われます。

優勝チームには豪華景品も!
既にチームの参加申込は締め切られていますが、
お友達やお知り合いが競技に参加される方や、
お近くにお住まいの方は是非応援でイベントを盛り上げましょう♪

競技スケジュール

CM等で話題の車椅子バスケやボッチャといった
パラスポーツの体験ブースも設置されるほか、
当日は地元スポーツチームの選手たちが応援に来てくれるかも!?

来年には東京オリンピック・パラリンピックも控え
スポーツイベントはますます盛り上がりますね。

地域の活気とスポーツの楽しさを感じられる素敵なイベントですので
ぜひご家族やご友人ご一緒に観戦、参加してみてください!

(過去のイベント風景)

コスギんピック2019
*詳細はHP等でもご確認ください。
・日時:2019年6月2日(日) 8:45~16:45
・場所:こすぎコアパーク
 (東急東横線・目黒線 武蔵小杉駅南口広場)
こすぎコアパーク地図

ホタル観賞会が開かれます 5月31日(金)~6月2日(日)

皆さんはホタルを見たことはありますか?

「ホタル」と聞くと、綺麗な水辺に住んでいて
都会ではなかなか見られないと思われがちですが、
実は中原区には毎年5月末頃にホタルを鑑賞できる恒例イベントがあるのです

2019.05.31-06.02ヒカリノモリへポスター

「ヒカリノモリへ」と題されたホタル鑑賞会は、
「中原区市民健康の森を育てる会」が主催で、
森の中の小川にホタルを放流し、その様子を鑑賞することができます。

夏の風物詩としてのイメージが強いホタルですが、
実は最も馴染みのあるゲンジボタルが成虫になるのは
5月下旬から6月下旬頃と夏の少し前。
今回放流されるのもゲンジボタルというわけです。

二十四節気を更に細かく分けた七十二候にも、6月中旬を表す
「腐草為蛍(くされたるくさ ほたるとなる)」という時期があります。
「草の中から蛍が舞い、光を放ち始める頃」という意味で、
暑さに蒸されて腐った草から蛍が生じると捉えていたのだろうと推測されます。

蛍
「ホタル」は優しい自然の光を放ちますが、
これは体内の発光組織で起きた化学反応が体外に出されたもので、
光を放ちはしますが熱は持ちません。

またホタルの光は敵への警告や仲間とのコミュニケーション、
とりわけオスがメスにアピールする、つまりラブコールの役目もあります。

中原区の自然を感じつつ、幻想的な光を眺められる素敵な機会ですので、
趣ある夜を楽しみたい方はぜひ足をお運びください。

ヒカリノモリへ
*詳細はHP等でもご確認ください。
主催:中原区市民健康の森を育てる会ほたる班『ヒカリノモリへ』
日時:2019年5月31日(金)~6月2日(日) 19:00~21:00
場所:中原区市民健康の森
   (神奈川県川崎市中原区井田2-32)
2019.05.31-06.02ヒカリノモリへ地図
<アクセス>
・東急各線「元住吉駅」から市バス「井田病院行き」(川66)
・JR南武線「武蔵新城駅」から市バス「井田病院行き」(川68)
・JR、東急各線「武蔵小杉駅」より市バス「井田病院行き」(杉01、02)
⇒いずれも「中原老人福祉センター入口」で下車

中身館フェスティバル 6月1日(土)

川崎市中部身体障害者福祉会館では
来る6月1日(土)に中身館フェスティバルを開催予定です。

2019.06.01中身館フェスティバルチラシ
「中身館(ちゅうしんかん)フェスティバル」は、地域で活動する福祉団体等と協力し、
会館や地域で活動する福祉団体等の活動の紹介、地域住民との交流、
会館の事業への理解と障害者福祉に関する啓発普及等を目的としたイベントです。

模擬店の焼きそば、豚汁、コーヒー等の飲食メニューを始め、
陶芸品などの自主製品等も販売されます。

また、ステージ発表では手話によるコーラスや太極拳の披露、
体験コーナーでは景品があたるスタンプラリーも開催されます。

多くの方で賑わうアットホームなイベントですので、
ご興味のある方は是非足をお運びください。

中身館フェスティバル
*詳細はチラシ等でもご確認ください。
問合:フェスティバル実行委員会(川崎市中部身体障害者福祉会館)
   TEL:044-733-9675
日時:2019年6月1日(土) 10:00~14:00
   *雨天決行
場所:川崎市中部身体障害者福祉会館
   (川崎市中原区小杉御殿町2-114-1)
中身館 地図
<アクセス>
JR南武線/東急線「武蔵小杉駅」から
・徒歩15分
・市営バスまたは東急バス
 ⇒「小杉十字路」または「小杉御殿町二丁目」下車、徒歩3分

中原区役所で親子の花植え体験開催 5月25日(土)

最近は気候も大変穏やかになり、
美しい花々や草木が楽しめる季節になってきました。

中原区役所では花壇をかわいいお花たちで彩る
「親子の花植え体験」を開催予定です。

親子の花植え体験ポスター

今回はお子さん・保護者の方を対象に
中原区役所正面の花壇に花植えができる体験となります。

ご家庭でガーデニングをされている方は勿論、そうでない方も
見るだけではなく、香りを感じたり土の感触を確かめたり、
自然の楽しさに触れることができる楽しい機会です。


身近な施設が色鮮やかな花々でいっぱいになっていると、
心が癒され嬉しい気持ちになりますね。

体験後はお花のプレゼントもあるとのことなので、
親子の楽しい想い出に、是非ご参加されてみてはいかがでしょうか。

親子の花植え体験
*詳細はHP等でもご確認ください。
日時:2019年5月25日(土) 10:00~11:00
対象:4歳以上のお子さんと保護者15組(先着順)
費用:無料
申込:中原区役所まちづくり推進部地域振興課 まちづくり推進係
   TEL:044-744-3324 / FAX:044-744-3346
   E-mail:65tisin@city.kawasaki.jp
   *5月15日(水)より受付開始、上記問合せ先にて受付
場所:中原区役所 正面花壇
   (川崎市中原区小杉町3-245)
中原区役所地図
<アクセス>
JR南武線/東急線「武蔵小杉駅」から徒歩5分

花と緑の市民フェア、川崎市畜産まつり 5月18日(土)・19日(日)

5月6日頃は二十四節気の「立夏」にあたり、
暦の上では早くも夏ですが、
温かい日差しと青々とした緑が心地よい季節でもあります。

この時季にぴったりの「花と緑の市民フェア」と
川崎の畜産を身近に感じられる「川崎市畜産まつり」が
等々力緑地の催し物広場で開催されます!

花と緑の市民フェア、川崎市畜産まつりポスター

◆花と緑の市民フェア(5/18-19)

「花と緑をくらしなかに」をテーマに毎年開催されているイベントで
今年で記念すべき第50回を迎えます!

園芸品の即売会や品評会、
またワークショップやステージイベントなど、
皆さんで楽しめるイベントが盛りだくさんです♪

◆川崎市畜産まつり(5/19のみ)
川崎市の畜産を知ってもらい、
また畜産に関する様々な体験ができるイベントです。

・バター作り(先着30名)
・乳しぼり体験(先着80名)
・羊の毛刈り体験(先着30名)
・市内産たまごのつかみ取り
*一部イベントは有料です。
*当日整理券が配布される予定です。

鶏卵品評会や県内牧場のアイスクリーム販売なども行われ、
美味しい畜産物を味わうこともできます。

緑あふれる等々力緑地で自然を楽しめるイベントですので
ぜひご家族、ご友人と足をお運びください。

花と緑の市民フェア、川崎市畜産まつり
*詳細はHP等でもご確認ください。
問合:川崎市経済労働局都市農業振興センター農業振興課
TEL:044-860-2462(平日のみ)
日時:2019年5月18日(土)・19日(日) 9:00~17:00
   *19日(日)は16:00まで
   *「川崎市畜産まつり」は19日(日)のみ開催
場所:等々力緑地 催し物広場
  (川崎市中原区等々力1-1)
等々力緑地 催し物広場
<アクセス>
JR南武線/東急線「武蔵小杉駅」から
・市営バス「溝03、04、05、杉40」系統(1番のりば)
 ⇒「市営等々力グランド入口」下車
・東急バス「溝02」系統(2番のりば)
 ⇒「市営等々力グランド前」下車

三浦展氏『娯楽する郊外』で武蔵小杉が取り上げられました

『下流社会』(2005)などの著書で知られる三浦展氏の新著『娯楽する郊外』で
武蔵小杉が取り上げられました。

表紙(カバー無)
三浦氏は社会デザイン研究の第一人者であり、
社会問題やマーケティングの他、郊外や町に関する書籍も多数執筆しています。

今回は「娯楽」をキーワードに様々な郊外地区に着目し、
三浦氏が実際に地域を歩いて得られた資料なども交えながら
隠れた歴史と変化を辿る内容になっています。

武蔵小杉もそのひとつとして、
徳川家の御殿として栄えていた歴史や中原街道の賑わい、
また新丸子周辺の歴史等についても紹介されています。

実は南武線はより中原街道に近い場所に敷かれる予定だった、
中原街道は「こやし街道」とも呼ばれていた、
小杉陣屋町・御殿町は都市景観形成地区の指定を受けており建築色彩の基準が設けられている、
等々、地元の人でもなかなか知らない情報も満載です。

『娯楽する郊外』p118-119
弊社原家も「中原街道沿いの名家」として言及されており、
かつての地図や写真等が掲載されています。

その他の地域と併せて郊外の知られざる歴史や変遷を楽しく学べますので、
是非ご覧になってみてください。

『娯楽する郊外』
著者:三浦 展 (みうら あつし)
発行所:柏書房株式会社
発行年:2019年5月10日

子どもが主役!こどもまつり(日本民家園) 5月3日(金)~6日(月)

いよいよゴールデンウィークが近づいてまいりました。
今年は5月1日の改元に伴い祝日が増え、
10連休という方も多いのではないでしょうか。

日本民家園ではこの時期恒例、子どもの日のお祭り
「こどもが主役!こどもまつり」が開催されます。

ポスター合体_page-0001

民具着用体験やむかし話などの暮らしと文化、
むかしあそびや草バッタづくりなどの遊びなど、
「昔」を体験できる催しが多数企画されています。

今回は久々に「ベーゴマ大会」も開催予定。
我こそは!という強者から、未体験だけれど興味のある方まで、
幅広い方が楽しめ、熱戦が繰り広げられます。

原家旧母屋
弊社原家の旧母屋の座敷を使った「古民家カフェ 陣屋荘」も
4月26日(金)よりオープンしています。
薫り高いコーヒーやこだわりのお菓子を頂けますので、
遊びを堪能した後の憩いの場として是非お立ち寄りください。

古民家カフェ陣屋荘
・期間:4月26日(金)~6月30日(日)
※期間中の金曜日午後と土日祝日に営業。
※5月1日・2日のみ休業です。
・時間:金曜日 13:00~16:30
    土・日・祝日 11:00~16:30
*ラストオーダー16:00

民具着用体験
◇民具着用体験
・日程:5月3日(金)~5日(日)
・時間:11:00~12:00、13:00~15:00
・場所:旧作田家

輪回し
◇むかしあそび
わらや竹をつかったおもちゃで遊んだり工作ができます。
・日程:5月3日(金)~5日(日)
・時間:11:00~12:00、13:00~15:00
・場所:わら製おもちゃ 旧作田家
    竹製おもちゃ  旧広瀬家

こども民家園検定
◇こども民家園検定-信越の村-
・日程:5月3日(金)~5(日)
・時間:10:30~14:30(受付終了)
・場所:旧佐々木家前
・対象:中学生以下
*認定証がなくなり次第終了となります。

万華鏡むかし話
◇万華鏡のむかし話
・日程:5月4日(土)
・時間:13:30~/14:30~(各回30分)
・場所:旧作田家

草バッタづくり
◇草バッタをつくろう-草玩具体験-
・日程:5月6日(月)
・時間:10:00~12:00、13:00~15:00
・旧佐々木家
*材料が無くなり次第終了となります。

ベーゴマ大会
◇ベーゴマ大会「第15回民家園杯」
子ども大人も自由に参加できます。
入賞者には賞品&賞状が贈呈されます。
・日時:5月6日(月)
・時間:13:30~14:15
・場所:宿場、信越の村エリアの古民家

「こどもが主役!こどもまつり」詳細
期間:5月3日(金)~6日(月)
*開催日時はイベントごとに異なります。
 詳細はホームページなどでご確認ください。

日本民家園
(神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-1)
日本民家園アクセス地図
<アクセス>
鉄道
・小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口から徒歩13分
・JR南武線「登戸駅」生田緑地口から徒歩25分
バス
・小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口バスターミナルより
 川崎市バス【溝19】おし沼経由「溝口駅南口」行き乗車
 ⇒「生田緑地入口」下車、徒歩3分
・南武線「武蔵溝ノ口駅」、東急田園都市線「溝ノ口駅」南口バスロータリーより
 川崎市バス【溝19】「生田緑地入口」経由「向丘遊園駅南口」行き乗車
 ⇒「生田緑地入口」下車、徒歩3分

GW休業のお知らせ

弊社のゴールデンウィーク休業につきまして
ご案内いたします。

4月27日(土)より5月6日(月)まで
休業とさせていただきます。

休業中はご迷惑をお掛けすることもあるかと存じますが
何卒ご理解の程、お願い申し上げます。

皆さま、どうぞ良い休暇をお過ごしください。

かわさきアジアンフェスタ&アジア交流音楽祭 4月13日(土)・14日(日)

4月を迎え、春の陽気が心地よい季節となりました。

川崎駅周辺の春の恒例イベント
「かわさきアジアンフェスタ」「アジア交流音楽祭」が
今年も同時開催予定です。

川崎は中国、韓国・朝鮮を中心に、アジア各国の文化が共生しています。
その特徴を活かし、地元の商店街や商業施設など、
川崎駅周辺の各地で様々なイベントが催されます。

◇かわさきアジアンフェスタ
アジアンフェスタ

豪華賞品が当たるスタンプラリーや、
アジアンテイストを味わえる屋台村の出店など、
楽しいイベントが盛りだくさん!

お子様向けの遊戯コーナーも設置されますので、
ご家族皆さんで楽しんでいただけます。

◇アジア交流音楽祭2019
アジア交流音楽祭

「日韓友情年2005」の記念事業の一つとして開催され、
以来毎年開催されている音楽イベントです。

アジア諸国の民族音楽・舞踊のほか、
日本の歌手や楽器もたくさん出てきますので、
「音楽」からアジアの世界に浸れそうですね。

(アジア交流音楽祭2019タイムテーブル)
アジア交流音楽祭2019.04.13タイムテーブル
アジア交流音楽祭2019.04.14タイムテーブル

いずれもアジア諸国の文化に楽しく触れられるイベントですので、
ぜひ足をお運びください。

「かわさきアジアンフェスタ」オフィシャルサイト
「アジア交流音楽祭2019」オフィシャルサイト
・日程:2019年4月13日(土)・14日(日)
・場所:川崎駅周辺
*詳細・スケジュール等はオフィシャルサイトでご確認ください。

東海道川崎宿2023まつり(川崎区・稲毛公園) 4月7日(日)

五街道のうち、江戸徳川家が最も重視した東海道。
その街道の宿場の一つ「川崎宿」は来る2023年に設立400年を迎えます。

これを記念して、川崎区の稲毛公園を会場に
「東海道川崎宿2023まつり」が開催されます。

東海道の始まりは江戸時代目前の1601(慶長6)年。
将軍のお膝元である江戸と天皇の御所がある京都を結び、
様々な人や物が行き交った重要な街道でした。

日本橋を起点とし、宿場の1番目が品川宿(東京都品川区)、
2番目に川崎宿(川崎市川崎区)、3番目に神奈川宿(横浜市神奈川区)
と続きます。

歌川広重『東海道五十三次』より「川崎宿」

歌川広重『東海道五十三次』より「川崎宿」

もともと品川宿と神奈川宿の間に宿場はなかったのですが、
両宿場間の距離が往復10里(約39km)と大変長く、
この伝馬負担を軽減するため1623(元和9)年に「川崎宿」が設置されました。

最初は新宿(しんしゅく)・砂子(いさご)の2町から始まり、
その後、久根崎(くねざき)・小土呂(ことろ)町を加え、
4つの村で構成されていました。

最盛期には72軒もの旅籠が立ち並び、特に名高い「万年屋(まんねんや)」には
幕末に米大使タウンゼント・ハリス、明治初期に和宮親子内親王が泊まるなど、
旅人のみならず要人の宿場としても活気を見せていました。

時代の移り変わりとともに伝馬・飛脚も廃止され、
鉄道や地区の整理を経て宿場町としての姿は消しましたが、
現在も交通の要所「川崎駅」として存在感を放っています。

本イベントを主催する「東海道川崎宿2023」は
東海道川崎宿の歴史や文化を活かしたまちづくりを進める市民団体で、
行政と協働で様々なイベント、プロジェクトを進めています。

今回はその一環として、宿場町の歴史や文化、
江戸時代の暮らしに触れられる「まつり」が開催されます!
出店やフリーマーケット、ステージ企画、体験コーナー等もあります。
ご興味のある方は是非足をお運びください!

三角おむすびレシピコンテスト
◇三角おむすびコンテスト
三角おむすび発祥の地と言われる川崎宿にあやかり、
事前審査で選ばれし2作品を1パックで販売します。
・投票券付200パック限定
・当日プレゼントが当たる抽選券付
*おむすびレシピコンテストの詳細はコチラ

◇ミニ歴史ガイドツアー(事前申込制)
東海道川崎宿の歴史を辿るミニガイドツアーです。
・時間 ①10:30~ ②14:00~
・定員 各回20名
・申込 3/1~3/18の間に川崎区役所まちづくり推進係へ連絡
*詳細はHP、チラシ等でご確認ください。
*定員に空きがある場合のみ当日受付有

◇体験
・麦わら細工絵はがき作成
・着物の着付け
・お抹茶体験 ・紙相撲
ほか

◇ステージパフォーマンス
・太鼓(オープニング) ・マジックショー
・おむすび音頭     ・大正琴
・お江戸日本橋体操
ほか

◇出店
・甘酒 ・豚汁 ・和菓子 ・綿菓子
・東海道BEER ・宿場納豆
・市内産野菜  ・竹小僧の配布(数に限りあり)
ほか

東海道川崎宿2023まつり
日時:2019年4月7日(日)10:00~15:00
場所:稲毛公園(川崎市川崎区宮本町7-8)
   <アクセス> JR川崎駅徒歩10分/京急川崎駅徒歩8分
稲毛公園(地図)
*雨天決行(フリーマーケットなど一部を除く)
*詳細はHP等でもご確認ください。

Kosugi 3rd Avenue BAKERY LIVINGイベントレポート♪

先日ニュースリリースでも紹介させていただきました
“Kosugi 3rd Avenue”の組合事務局が主催するイベント
「Kosugi 3rd Avenue BAKERY LIVING」

東急東横沿線の名だたるパン屋さんが武蔵小杉に集結し、
パンの販売やワークショップなどの楽しいイベントが2日間に渡って開催されました。
今回はイベントの様子をレポートしましたのでお知らせします♪

*“Kosugi 3rd Avenue”とは・・・?
当社社長 原が事業推進理事として携わっている小杉3丁目の再開発事業で、
「住居・商業・公共公益」が一体となった複合施設が2020年に竣工予定です。
(詳細は コチラ

少しお天気が心配された週末でしたが、
小杉3丁目通りを覗いてみると・・・

通りにはおいしいパンを求める方で溢れていました!
開始から早い時間帯で完売になったり、フル稼働で追加製造するなど、
熱気と人気に押されてパン屋さんたちも嬉しい悲鳴を上げていました。

どのお店に寄ろうか、どのパンを買おうか、迷ってしまいますね・・・。
甘い系からおかず系、パンと併せて食べると美味しいアイテムなど、
魅力的な商品が所狭しと並びます。

この長い行列は・・・!?
13時から販売開始の「ぱん工場 寛」さんの食パンを求め、
12時半頃には到着を心待ちにするお客さんの列が早くもできていました。

ちなみに、寛さんは2日間ともこのイベントの為に
お店のある都立大学から自転車を一生懸命漕いでパンを運んでいただいたそうです。
購入出来た方はとてもラッキーですね!

★K3A LABO CAFE
当日はLABO CAFÉに購入したパンの持ち込みが可能となり、
美味しいドリンクと併せて各店のパンを楽しむ方の姿が多く見られました。

イベントの目玉の1つであるミステリトートは
その日出店しているお店の一押しのパンセットが入っており、
先着50個が2日間とも開始1時間で完売するという人気ぶり!
トートバッグは単体でも販売されており、こちらも人気を集めていました。

トートバッグには裏表に「ぱん工場 寛」さんの店名ロゴと、
今回のイベント名Kosugi 3rd Avenueのロゴがあしらわれています。

気になる中身(2日目バージョン)は・・・
大行列になるほど人気だった「ぱん工場 寛」さんの食パンを始め、
クロワッサンや焼き菓子等、バラエティーに富んだラインナップです。
お品書きと、Kosugi 3rd Avenueのパンフレットも入っていました。

パンそのものだけでなく、パンに関するワークショップも行われ
お子様連れを中心にとても賑わっていました。
リビングスペースでは木を使った積み木で遊んだり、イスで寛いだり、
皆さんが楽しく時間を過ごしている様子が伝わってきます。

こちらには大人気のフォトスポットを発見!
パンのクッションや台詞ボードもあり、たくさんの人が記念撮影をしていました。
これはSNS映えしそうですね♪

イベントに併せて設置された標識とランプ、ゴミ箱は黒を基調としたシックなデザイン。
のぼりは小型ながらシンプルで、いずれもセンスが光るアイテムでした。

★K3A LIVING 看板
昨年10月の第1回目に引き続き、第2回目の今回も
Kosugi 3rd Avenue LIVINGのイベントは大盛況でした。

パンが好きな方が非常に多いことにも驚きましたが、
今回のイベントをきっかけにKosugi 3rd Avenueを知ったり、
武蔵小杉に訪れてみたという方も多くいらっしゃったようです。

これからも様々な機会を通して交流や憩いの場として活気づき、
魅力的で住む人に愛される街が創られていくのではないかと思います。

今後もどのようなイベントが企画・開催されるか注目です!

KAHALA2のラウンジがリニューアルしました♪

KAHALA2にはエントランスを入ってすぐのパブリックラウンジと
中原街道側に面したプライベートラウンジの2つのラウンジがあります。

この度、より快適で心地よい場へのグレードアップを図り
プライベートラウンジをリニューアルしました♪

KAHALA2のイメージに合ったディスプレイをオーナーが自らハワイで仕入れ、
アレンジを加えたり展示方法を工夫しながら設置しました。

設営の様子

壁に飾る額装は配色や位置を入念に確認してから取付作業を行います。
水平かつ均等に飾るため、レーザータイプの水平器を使用します。
職人さんの技術や道具に驚きです。

その他のオブジェも大きさ、見え方等を考慮し、
位置や組み合わせを細かく調整していきます。
こちらもプロならではのセンスが光ります。

リニューアル後

読書やパソコンを使ったお仕事等に最適なテーブルスペースの壁にはハワイアンキルトを、
中原街道沿いの壁の一部にはサーブボードのディスプレイを額装で飾りました。

天秤にはココナツの実と葉を置いていますが、
何と実の方はフェイクでなくドライ加工された本物です!

大きな鏡を飾っている棚のスペースは白サンゴ等、
ハワイを感じさせる植物のディスプレイを設置しました。

両隣の棚にはハワイの自然や風景、文化などを学べる書籍を新しく展示していますので、
是非お手に取ってご覧になってみてください。

※読書はラウンジスペースでのみ可能です。
 居室へのお持ち帰り、持ち出し等はご遠慮ください。

駐輪・駐車場へと続く風除室の壁にも
ラウンジより1周り大きいサイズの額装でキルトを飾りました。
お通りの際ぜひご覧になってみてください。

実は、テーブルスペース脇と鏡の棚の壁紙は
先月末一足先に白からヤシの葉柄に替わっていたのです。
お気付きでしたでしょうか?

今回新しく設置されたディスプレイと上手くマッチし
ラウンジを彩るのに一役買ってくれています。

新しくなったラウンジはよりハワイの雰囲気を感じられるようになり、
快適でオシャレなリゾートリビングに生まれ変わりました。

ご入居者様のくつろぎの場やゲストをお迎えする場としてぜひご活用ください。
今後も皆さまにとって快適で上質な空間の創出を目指してまいります。

夜の民家園~古民家とさくらのライトアップ~ 3月30日(土)・31(日)

美しい梅や桃を目にする機会の多い2月、3月でしたが、
いよいよ桜の季節が近づいてまいりました。
日本民家園では恒例となりました春のライトアップが今年も開催されます。


「夜の民家園~古民家と桜のライトアップ~」
・日程:2019年3月30日(土)・31日(日)
・時間:9:30~20:00(最終入園19:45) ※日没は18時頃
・場所:宿場・信越の村エリア
*提灯の貸出し17:00頃~20:00、先着100名、雨天中止
*桜の開花状況によっては夜桜をお楽しみいただけない場合もあります。
*当日は混雑が予想されるため、
 三脚などの撮影機材、イーゼル、椅子、レジャーシートなどは終日使用できません。

古民家と桜の幻想的な姿は勿論、
むかし話を聞いたり、夜なべ仕事の実演を見たり、
伝統文化を楽しめるイベントも企画されています。

更に今年は当社原家が会場の古民家カフェや、
廻り灯篭の公開、団子屋の延長営業など、
夜ならではの趣を味わえる催しも予定されています。

古民家カフェ(外装)
◇夜の古民家カフェ
日時:3月30日(土)・31日(日) 15:00~19:30
   *ラストオーダー 19:00
場所:旧原家

◇桜の壺花撮影スポット
日時:3月30日(土) 17:00~
   3月31日(日) 終日
場所:信越の村エリア(予定)

万華鏡むかし話
◇万華鏡のむかし話
日時:3月30日(土) 18:00~18:30
場所:旧佐々木家
*先着50名

夜なべ仕事(糸紡ぎ)
◇夜なべ仕事の実演
わら・竹細工の製作実演や、糸紡ぎの実演を行います。
日時:3月30日(土)・31(日) 17:00~19:45
場所:旧江向家ほか

◇床上公開
ボランティアが囲炉裏に火を入れている古民家は、
床上に上がって室内の見学が可能です。
日時:3月30日(土)・31(日) 15:30~19:45頃
場所:宿場、信越の村エリアの古民家

日本民家園
(神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-1)
日本民家園アクセス地図
<アクセス>
鉄道
・小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口から徒歩13分
・JR南武線「登戸駅」生田緑地口から徒歩25分
バス
・小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口バスターミナルより
 川崎市バス【溝19】おし沼経由「溝口駅南口」行き乗車
 ⇒「生田緑地入口」下車、徒歩3分
・南武線「武蔵溝ノ口駅」、東急田園都市線「溝ノ口駅」南口バスロータリーより
 川崎市バス【溝19】「生田緑地入口」経由「向丘遊園駅南口」行き乗車
 ⇒「生田緑地入口」下車、徒歩3分

『Pen』にKosugi 3rd Avenueに関する記事が掲載されました

『Pen』は毎号異なるテーマを取り上げるカルチャー・ライフスタイル誌で、
デザイン、アート、ファッション、食、旅、建築など多岐に渡ります。

2015年9月号には当時竣工を迎えていた
弊社の管理物件「GATE SQUARE 小杉陣屋町」が掲載されたこともあります。
(掲載情報は コチラ

この度、『Pen』4月号に
当社社長 原が事業推進理事として携わっている“Kosugi 3rd Avenue”に関する記事が
原と音楽評論家・ラジオDJ ピーター・バラカン氏の対談の様子と併せて掲載されました。

掲載ページ
対談は“Kosugi 3rd Avenue”の組合事務局が運営する
Kosugi 3rd Avenue LABO CAFÉで行われました。

プロジェクトの概要、コンセプト、込めた想いなど、
今後注目のプロジェクトについて紹介されていますので、
是非お手に取ってご覧になってみてください。

表紙
『Pen』2019年4月1日号(3月15日発売)
(掲載ページp156-157)


THE KAHALA 小杉陣屋町のライブラリーにも収蔵していますので、
是非ご一読ください。

武蔵小杉が住みたい街ランキングトップ10入り、中原区は人口増(読売新聞)

先日は春一番が吹き、温かい日も増えて
ますます春の訪れを強く感じられるようになりました。

春は異動、就職、進学等で人の移動が多くなる時期ですが、
多くの方が通勤・通学の便、周辺環境など、
様々な要素を考えてどこに住むかを決めると思います。

この度、「武蔵小杉」は
リクルート住まいカンパニーが毎年発表している
「住みたい街ランキング2019 関東版」において
見事第9位になりました!
(住みたい街ランキング2019詳細は コチラ からご覧いただけます)

住みたい街ランキング2019関東版

読売新聞 2019年3月1日朝刊

武蔵小杉は2014年に9位になって以来、6年連続トップ10入りを続けています。
街のトレンドも日々変化していく中で人気を維持しているということは、
交通や生活など様々な面で充実していることが伺えます。

川崎市人口自然増

読売新聞 2019年3月1日朝刊(川崎版より)

その人気を表すかのように、
神奈川県が2月28日に発表した昨年1年間の人工統計調査の結果によると、
自然増(出生数が死亡数を上回ること)だった市町村は川崎市のみ。
人口増加数が最も多かったのは川崎市中原区で、4128人の増加を記録したそうです。

中原区の人口増について、記事では
  県統計センターの担当者は「再開発でマンションが増え、
  若い世代が多く入ってきたことで、出生数の増加につながっている」とみている。
と言及されています。

人口減少が叫ばれる現代においてこの動きは大変珍しく、
魅力的な街に人が移り住んでいることが分かります。

特に武蔵小杉では、当社社長 原が事業推進理事を務めるKosugi 3rd Avenueを始め、
今後も駅周辺の再開発・整備が進められる予定です。

武蔵小杉、中原区がどのように発展していくのか、
今後も楽しみですね。

Kosugi 3rd Avenue BAKERY LIVING 3月30日(土)・31日(日)

当社社長 原が事業推進理事として携わっている
小杉3丁目の再開発事業 “Kosugi 3rd Avenue”

その組合事務局では、 建設地に隣接する“Kosugi 3rd Avenue LABO”で
定期的にワークショップや工作体験等のイベントを開催したり、
普段はカフェで美味しいコーヒーやスイーツを提供する等、
小杉を訪れる人々の交流、憩い、出会いの場となっています。

今回、武蔵小杉周辺を始めとする東急線沿いの人気パン屋が
このLABO周辺に一堂に会するイベント
「Kosugi 3rd Avenue BAKERY LIVING」が開催されます!

K3A BAKERY LIVING

そもそも「Kosugi 3rd Avenue LIVING」とは・・・
「Smileでいこう」をテーマに、世代を超えてごきげんになれる
「地域のえんがわ活動」を志し開催されている地域活性化プロジェクトです。

昨年の秋に第1回目を開催。
小杉の一大イベントコスギフェスタと同日に実施された催しは大盛況でした。
(第1回目の詳細はコチラ

第2回目の今回はますます人気を博しているパン業界に注目!
渋谷~横浜の東横線沿線で話題のパン屋さんが武蔵小杉に集い、
店舗オリジナルのパンやイベント限定のパンも出品されます。

パンが大好きな方は勿論ですが、
気になってはいたけどなかなか行く機会がなかった、
行ったことはあるけどまた行ってみたいと思っていた、
という方にも是非オススメです♪

30日(土)出店

30日(土)出店

31日(日)出店

31日(日)出店

また、当日は美味しいパンが味わえるだけでなく、
パンのある生活をより楽しめるグッツ販売やワークショップも開催予定です。

K3A BAKERY LIVING トート
◇オリジナルトート
出店者イチオシのパンセットをオリジナルトートに入れて販売します。
「ぱん工房 寛」の看板文字でデザインされたのが特徴です。
価格:3,500円
*各日先着50名

◇木のスプーン/バターナイフづくり
優しい木の素材を活かし、
スプーンやバターナイフを作るワークショップです。
3/30(土)
①11:00〜12:00/木のスプーンづくり
②14:00〜15:00/木のバターナイフづくり
3/31(日)
①11:00〜12:00/木のバターナイフづくり
②14:00〜15:00/木のスプーンづくり
参加費:1,000円

◇子どものパン屋さん体験
お子様がパン屋さんになれる体験プログラムです。
両日 ①10:00〜12:00 ②13:00〜15:00
参加費;無料
定員:各日8組

「Kosugi 3rd Avenue LIVING」は
「リビング」のようなくつろぎの空間を創る
「ストリートリビング」というコンセプトに基づいています。

このような「道」を活かしたイベントは
欧米などでも注目され盛んに行われているそうです。

来年の竣工に向けてますます盛り上がりを見せるKosugi 3rd Aveune
楽しい春の思い出作りに是非お出かけしてみてください♪

Kosugi 3rd Avenue BAKERY LIVING
主催:小杉町3丁目東地区市街地再開発組合(HPはコチラ
日時:2019年3月30日(土)~31日(日)
10:00~16:00 *商品がなくなり次第終了
場所:小杉3丁目通り
(川崎市中原区小杉町3丁目600番)
K3A BAKERY LIVING 地図
*雨天決行予定
*詳細はHP等でもご確認ください。

なかはら歴史と緑の散策マップ(歴史の道探訪 中原街道コース)

「なかはら歴史と緑の散策マップ」は
中原区と市民の協働による「なかはら20年構想委員会」が作成したもので、
中原区内の散策ルートを紹介しています。

初版が作成されたのは2006年。
また、二ヶ領用水竣工400年となる2010年度には4年ぶりの新版が発行され、
中原区内の各駅に地図や案内が掲示されています。

今回は武蔵小杉や新丸子、等々力地区を中心とした
「歴史の道探訪 中原街道コース」を実際に辿ってみましたので、
主なスポットの写真と併せてご紹介します。
(詳細なマップは コチラ もご参照ください)

新丸子駅の改札を出て左、東口のローソン前の柱に大きな地図があります。
これが「なかはら歴史と緑の散策マップ」です。

東急新丸子駅をスタート地点とし、多摩川方面の丸子の渡しを経由してから
JR武蔵中原駅に辿り着くまでの、計4,160mの道のりです。

中原街道沿いには多くの散策スポットが並んでいますが、
原家陣屋門もその1つとして紹介されています。

それでは新丸子駅から出発です!

丸子の渡し
昭和初期に丸子橋が造られるまでは
川を渡る唯一の交通機関として渡し船が使われていました。

松原・青木根集落跡
丸子の渡し場付近にあった集落の跡地です。
現在は整備が進み、特に週末はサッカーやゴルフなど
老若男女問わず屋外スポーツを楽しむ人で溢れています。

原家陣屋門
弊社原家の旧母屋が造られた時からあるこの表門は当時の面影を今に残しており、
その名の通り「陣屋門(じんやもん)」の呼び名で親しまれています。
総ケヤキ造りの悠然とした佇まいはGATE SQUARE小杉陣屋町のシンボルであり、
入居者や近所にお住まいの方が門を通って行き来をする姿がよく見られます。

昨年は川崎市より国登録有形文化財のお話を頂き、
専門家の視察が来るなど歴史的価値も注目されています。
(大野教授調査の様子は コチラ/文化庁・川崎市の視察の様子は コチラ

名主家長屋門
安藤家は小田原北条氏に仕えた旧家で、江戸時代より代々この地で名主を務めてきました。
長屋門は平屋建てのケヤキ造りで、19世紀中期~後期の建築と推定されています。
豪華で力強い意匠や豊富な飾り金具などが高い評価を受け、
2012年(平成24年)に川崎市の重要歴史記念物に指定されました。

御主殿稲荷、陣屋稲荷、御蔵稲荷
徳川二代将軍秀忠は、父家康が平塚の中原に御殿を建てたことに倣い、
ここ小杉の地に将軍家の送迎や鷹狩の際の休憩、宿泊に使う御殿を建てました。
後に東海道が主街道になると御殿は廃止されましたが、当時の面影を残すように
今でも住宅街にひっそりと稲荷社が佇んでいます。

西明寺
徳川家が鷹狩の休憩所として寄ったこともあるというお寺で、
緑豊かな参道と荘厳な本堂が見所です。
川崎七福神の一つでもあります。

カギの道
将軍をはじめとする幕府要人が小杉御殿に宿泊することから、
敵の侵入を防ぐ曲がりくねったカギ状の道が造られました。
西明寺の参道前で左に直角に曲がり、その先で右に直角に曲がる形状となっています。

つけぎ屋の供養塔
鈴木家という旧家のお店「附木屋(つけぎや)」の近くにある供養塔です。
土台には「東江戸、西中原」と刻まれています。

油屋の庚申塔
この呼び名は古くから「油屋」の屋号を持つ小林家の角にあったことに由来します。
「東江戸道 西大山道 南大師道」と刻字された「庚申様」が祀られています。

小杉十字路
明治30年以降に中原街道と府中街道と交差する場所となり、
付近には料理屋、旅館、劇場、床屋、医院などが集まって活気を見せていました。
一時期は乗り合馬車(後に乗り合自動車)の停留所があり、
現在も同名のバス停があることから交通の要所であったことが伺えます。

泉澤寺
もとも世田谷・烏山にあった領主吉良氏の菩提寺が消失した後、
現在の地に再建されたのがこの泉澤寺です。
本堂、四天立像、阿弥陀如来立像、泉澤寺文書が市重要文化財に指定されており、
歴史的、建築的に高い評価を受けています。

旧中原村役場跡
橘樹郡の6ヶ村(上丸子・小杉・宮内・上小田中・下小田中・新城)が
1889年に合併して「中原村」が誕生、その村役場があった場所です。
村の名前は勿論「中原街道」から取られたものです。

石像群
武蔵中原駅近くになると、神地の石塔(写真左)のほか
いくつかの石像が街道沿いに建てられています。
現在でも献花や供物が絶えないところを見ると、
昔からの民衆信仰が受け継がれているのを感じます。

 

この後、遂にゴールのJR中原駅に到着しました!
今回は各所の写真を撮ったりゆっくり見学しながら散策をしたので、
目安の所要時間が52分のところ、2時間近くかかりました…。

先日NHKの番組『ブラタモリ』にて「武蔵小杉」が特集されていましたが、
番組内で訪れていた「カギの道」や「つけぎ屋の供養塔」などもコース上にあり、
歴史や当時の人々の営みを知れる興味深い場所ばかりでした。

なかはら歴史と緑の散策マップには、今回辿った以外にも
多摩川沿いや緑道などテーマに合わせたコースが紹介されています。

春の暖かさが近づきお出かけ日和も増えてきましたので、
中原区の歴史や自然に触れながら是非散策を楽しんでみてください♪

◆歴史の道探訪 中原街道コース MAP
歴史の道探訪 中原街道コース

◆散策中の風景写真

~伝え続けたいもの~ふるさとからの贈り物(日本民家園) 3月23日(土)・24日(日)

川崎市日本民家園には数多くの古民家が展示されていますが、
その古民家のふるさとに伝わる文化を楽しめるイベントが
3月に開催される予定です。

今回は川崎市、甲州市(山梨県)、紫波町(岩手県)を取り上げ、
各地域の民族芸能・工芸を披露したり、物産販売が行われるなど、
楽しい企画が目白押し!

昨年も大好評だったという甲州ワインの「ワイン講座」も開催予定です。
弊社原家の旧母屋が会場となりますので、
趣のある古民家で美味しいワインとお料理を味わえる
とても貴重な機会をお楽しみいただけるでしょう。

各企画は空きがあれば当日参加も可能ですが、
全て事前申込制なので早めのお申し込みがオススメ