季節を彩る中庭の植栽たち

弊社が所有・管理するTHE KAHALA 小杉陣屋町は
四季折々の植栽・草花が住まう人、訪れる人の目を日々楽しませてくれます。

心地よい陽気に誘われ、季節を彩る植栽達が中庭で顔を覗かせています。

中庭に面した1F廊下の坪庭にはタケノコが生え始めており、
雨上がりのタイミングで発見したため「雨後のタケノコ」という諺が真っ先に頭に浮かびました。

地表に顔を出し始めてから10日も経つと、1日数十cm伸びることもあるのだとか。
どこまで大きくなるのか、その成長を見守りたいと思います。

中庭の北側縁石沿いの一帯では
サツキが鮮やかなピンク色のラインを描いていました。

例年5月に入ると陣屋門プラザでもサツキが開花し
ピンク色に囲まれた華やかな空間が見られますので
そちらも是非楽しみにお待ちください!

同じく中庭のガラスの水景近くでは「セイヨウジュウニヒトエ(西洋十二単)」の
可憐で青い花が見頃を迎えています。

すぐ近くにはタンポポの綿毛も風にそよいでおり、
一生懸命息を吹きかけて飛ばしていた幼い頃を思い出しました。

最近は過ごしやすい陽気の日も増え、
中庭で過ごされているご入居者を見かけることも多くなりました。

間もなく若草や新緑の瑞々しさが目に留まる季節を迎えますので
今後も是非美しい自然の景色と彩りを感じていただければと思います。