東海道川崎宿2023まつり(川崎区・稲毛公園) 4月4日(日)

五街道のうち、江戸徳川家が最も重視した東海道。
将軍のお膝元である江戸と天皇の御所がある京都を結び、
様々な人や物が行き交う重要な街道として
江戸時代目前の1601(慶長6)年に誕生しました。

その街道の宿場の一つ「川崎宿」は来る2023年に設立400年を迎え、
これを記念した「東海道川崎宿2023まつり」が4月4日に開催されます。

歌川広重『東海道五十三次』より「川崎宿」

歌川広重『東海道五十三次』より「川崎宿」

東海道は日本橋を起点とし、宿場の1番目が品川宿(東京都品川区)、
2番目に川崎宿(川崎市川崎区)、3番目に神奈川宿(横浜市神奈川区)
と続きます。

時代の移り変わり、また鉄道や地区の整理により宿場町としての姿は無くなりましたが、
現在も交通の要所「川崎駅」として存在感を放っています。

本イベントを主催する「東海道川崎宿2023まつり実行員会」は
東海道川崎宿の歴史や文化を活かしたまちづくりを進める市民団体で、
行政と協働で様々なイベント、プロジェクトを進めています。

「東海道川崎宿2023まつり」はその一環として、宿場町の歴史や文化、
江戸時代の暮らしに触れられる様々な催しが企画されています。

出店やフリーマーケット、ステージ企画、体験コーナー等、盛り沢山!
ご興味のある方は是非足をお運びください!

 

三角おむすびレシピコンテスト
◇三角おむすびコンテスト
三角おむすび発祥の地と言われる川崎宿にあやかり、
事前審査で選ばれた2作品を1パックで販売します。
・投票券付200パック限定
・当日プレゼントが当たる抽選券付
*おむすびレシピコンテストの詳細はコチラ

◇ミニ歴史ガイドツアー(事前申込制)
東海道川崎宿の歴史を辿るミニガイドツアーです。
・時間 10:30~
・定員 20名
・申込 3/16(火)~3/31(水)の間に川崎区役所まちづくり推進係へ申込み
*詳細はHP、チラシ等でご確認ください。
*定員に空きがある場合のみ当日受付有
◇体験
・麦わら細工絵はがき作成
・三角おむすびぬり絵
・ミニ版画  ・工作
ほか

◇ステージパフォーマンス
・太鼓(オープニング) ・南京玉すだれ  ・三角おむすび寸劇
・マジックショー    ・ガマの油売り  ・外郎売りの口上
・お江戸日本橋体操   ・おむすび音頭
ほか

◇出店
・甘酒  ・地酒  ・豚汁  ・和菓子 ・駄菓子
・フランクフルト ・手作り小物品
・市内産野菜   ・竹小僧の配布(数に限りあり)
ほか

東海道川崎宿2023まつり
日時:2021年4月4日(日)10:00~15:00
場所:稲毛公園(川崎市川崎区宮本町7-8)
<アクセス> JR川崎駅徒歩10分/京急川崎駅徒歩8分
稲毛公園地図
*雨天決行(昔遊びなど一部を除く)
*詳細はHP等でもご確認ください。
*新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、
来場の際はマスクの着用義務、検温・手指消毒の実施等があります。