民家園のプロジェクションマッピングイベントに行ってきました

先日取り上げました日本民家園のプロジェクションマッピングイベント
<KAWASAKI × NAKED, INC. -ふるさと結び- in 川崎市立日本民家園>

今回はその模様をご紹介いたします。
(*イベントに関する記事はコチラ

到着した18時過ぎはちょうど良い宵の頃を迎えていました。
受付でしっかり消毒・検温をし、まずは「ディスタンス提灯」の貸出しです。
来場者同士の距離を保ちつつ、自らもアート作品の一部になれるという参加型コンテンツで、
地面に映し出された光の模様で足元を照らしながら進んでいきましょう。

 

<旅人達> 鈴木家住宅

福島県の馬宿であった鈴木家の屋内壁には、山を超え森の中で長い道を歩く旅人の様子を
影絵を彷彿させる映像で表現しています。
夜の静けさが、照らし出された映像の趣をより一層引き出してくれます。

 

<旅立ちの門> 佐地家の門・供待

ナイトウォークの始まりは、名古屋の武家屋敷の一部であった佐地家の門です。
白い漆喰仕上げが美しい壁と門一面にプロジェクションマッピングが施され、
稲穂の生長や花が舞うような映像、古民家のふるさとが次々に映し出されます。
映像と共に流れる和の音楽と相まって、荘厳な雰囲気すら感じました。

 

<彩(いろどり)の庭> 三澤家住宅

ライトアップされた庭

ライトアップされた庭

ARカメラをかざすと花吹雪や花畑が現れます

ARカメラをかざすと花吹雪や花畑が現れます

長野県伊那市がふるさとの三澤家住宅の庭では、幻想的なライトアップの美しさに加え、
スマートフォン専用アプリのARカメラをかざすと、
画面上で桜色の花びらが舞ったり、花畑が広がる不思議な体験ができます。

周辺はほのかに甘い花の香りが漂う演出もされており
五感を使って春の訪れを感じられるスポットとなっています。

※アプリを事前にダウンロードしてから行くとスムーズでオススメですよ♪

 

<名主の迎え> 佐々木家住宅

かつて長野県南佐久郡八千穂村で名主(村の政治の責任者)だった佐々木家住宅の壁面には
様々な色に変化していくライトがあてられ、正に「映える」スポットとなっています。
住宅に人々が集う賑やかさと歓迎を表現しているそうで、多くの方が楽しそうに写真を撮っていました。

 

<記憶の窓> 山下家住宅

山下家住宅
民家園で随一の大きさを誇る山下家住宅はかつて白川郷にあった合掌造の民家です。
その障子に日本各地の民家にまつわる思い出や、四季折々の美しい風景を
プロジェクションマッピングで投影します。

本イベントの1番の目玉スポットということもあり、
四季の移ろいやふるさとの魅力を伝える映像美は勿論のこと
映画のスクリーンで見ているかのような迫力に圧倒されました!

 

いかがでしたでしょうか。
豊かな緑に囲まれた昼間の雰囲気とは一味異なり、古民家の趣、ふるさとの懐かしさを感じながら、
新しい魅力を発見することのできるとても素敵なナイトウォークを楽しむことができました。

まだまだ夜は冷える日もありますので、防寒と感染対策に注意しながら
お楽しみいただければと思います。

 

KAWASAKI × NAKED, INC. -ふるさと結び- in 川崎市立日本民家園
※詳細はHP等でご確認ください。
場所:日本民家園(神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-1)
期間:2022年2月23日(水)~3月31日(木)
時間:17:30~21:30(最終入園21:00まで)
料金:火~木:大人1,000円、子ども500円、
金土日祝日:大人1,400円、子ども900円
販売窓口:前売り券 チケットぴあのプレイガイドで販売中
     (https://w.pia.jp/t/kawasaki-naked)