Kosugi 3rd Avenue グランドオープンDay(完成式典編)

弊社社長の原が事業推進理事として携わってきた
武蔵小杉駅前の再開発事業“Kosugi 3rd Avenue”(以下“K3A”)

12月10日(木)に遂にグランドオープンを迎え、各種イベントが執り行われました。
今回は当日実施された3つのイベント
「完成式典」「シンボルオブジェ除幕式」「スペシャルライブ&トークセッション」
をそれぞれレポートさせていただきます。

第1回目の本記事では「完成式典」の様子をご紹介します。

001_総合自治会館
会場はK3Aの4階にある川崎市総合自治会館です。


今回は新型コロナウイルス対策の一環として
会場は2か所に分散、座席間隔を充分にとった形で設営されていました。
サブ会場である第2会場では、メインである第1会場の様子をスクリーンで見ながらの参加です。

まず、再開発組合理事長 角川榮喜様よりご挨拶がございました。
003_再開発組合理事長挨拶

続いて、来賓の皆さまを代表し
川崎市副市長 藤倉茂起様よりご挨拶です。
004_来賓挨拶

また、下記関係者の皆さまよりご挨拶を頂きました。

・参加組合員挨拶
三井不動産レジデンシャル 執行役員・横浜支店長 小西英輔 様
東急不動産株式会社 取締役常務執行役員 古沢繁之 様

・事業コンサルタント挨拶
株式会社都市設計連合 代表取締役社長 波多野聡 様

・特定業務代行者挨拶
大成建設株式会社 副社長執行役員 金井克行 様

その他、建築、意匠、デザイン等様々な分野で携わっていただいた
関係者の皆さまのご紹介・ご挨拶もありました。

続いて、「Kosugi 3rd Avenue -20年の軌跡-」と題し
本再開発事業の始まりから今年の竣工に至るまでの約20年の歩みを振り返るVTRが流されました。

このプロジェクトには、武蔵小杉を愛し大切に思う地域の人を始め
幅広い分野で様々な人・組織が長きに亘り携わってきたこと。

先人たちの願い、街の賑わいを継承し
「アヴェニューが創る街と暮らし」というコンセプトの下
地権者が主体となり新しい街づくりに励んできたこと。

約20年に亘る本プロジェクトの歴史や施設の特徴がよく分かるだけでなく
関わってきた多くの人々の「想い」と「願い」を改めて実感することができました。

結びに、事業推進担当理事として再開発の陣頭指揮を執ってきた
社長の原よりご挨拶をさせていただきました。
010_再開発組合事業推進担当理事挨拶-2

K3Aはグランドオープンを迎えましたが
これが完成ではなく、新しい街づくりのスタートです。

この街に住まう人、集う人どうしが交流を深めながら
どのような賑わいが生まれ、どのような街になっていくか。

今後も是非ご注目ください!

次回、第2弾はシンボルオブジェ除幕式の様子をレポートいたします!